抗議・暴動、新常態、破綻、ローン・救済、未払い・債務

ビデオチャンネル

アルシオン・プレヤデス ∙ CETIユニバースInfo

今世界で起きていること・ネットから真相を探る

アルシオン・プレヤデス93:抗議・暴動、新常態、破綻、ローン・救済、未払い・債務

メインタイトルオーバービュー

****音声入り新フォーマット ****
***このドキュメンタリーは、二部構成になっています***

世界が私達の周囲で変化しつつあることは、疑いない。そこでは世界経済の行方がますます余談を許さない状態になっており、また止めどなく増大する混乱した事実が存在する。それは、状況に対処できなかった、あるいは対処したがらなかった政治家階級や堕落した医師達、および経済危機に対する 不満を表明する抗議や暴動であり、世界中に拡大する蛮行や略奪を伴う、市民や警察のさらなる暴力が存在する。

だが日増しに制御を失うこれらの暴力的な抗議の背後に潜んでいるのは、何者なのか?それらは許しを乞うべく人々を強制的にひざまずかせており、それが世界中で支持されている。もしかして、社会の混乱を引き起こし、そうしてアメリカの現大統領の再選を妨げるための陽動作戦の一端なのか?
実のところ、名高いウイルスは世界経済を停滞、破綻させ、より深い社会構造を生む口実となっており、加えて新世界秩序(ないしは新常態)に向かわせ、同じく世界を大量失業やビジネスの閉鎖、債務の滞り、世界的破綻、ローンの未払い、飢え、極端で絶望的な貧困化のスパイラルに陥れるべく用いられてきた。そして第二次世界大戦以降、最悪の人道的危機において私達を完全な崩壊へと導いている。

そして日増しに増大する大量の紙幣を刷ると言われる。だが、架空のお金である。実際これらの提供は後に、支配やコントロールへと債務国を従わせる負債の罠なのだ。これより、私達は現代史上最大の山場を迎えていると理解できる。一方で、諸銀行やIMFが、世界銀行や連邦準備と共に、多くの国々を救済するべく莫大な量の資金を提供しようとしている。はたしてごく僅かしか知られていない背後にあるものとは何か?その狡猾な計画や世界経済や結果として全世界を麻痺させ得る後ろ暗い意図は何だろうか?
提供:アルシオン・プレヤデス

第1部

聖書の記述のような飢餓、中国の億万長者、富二代(Fuerdai)、雇用および事業の壊滅

第2部

未払い、ローン、家賃、民営化、連邦準備、経済の停滞、金融バブルの膨張

エンディング

光と内面の変化表現の自由の道を選べ!

動画再生

スポンサーAds

この動画もご視聴ください

上記の動画を鑑賞した人はこちらの動画も視聴しています

第一部 聖書の記述のような飢餓、中国の億万長者、富二代(Fuerdai)、雇用及び事業の壊滅

政治家に対する抗議と経済危機

オレンジベスト

現在の意図的崩壊

第二部 ディテール

1.
想定外の経済不況

2.
金本位制及びドルとの結びつき

3.
ブラック・スワン的な世界的な金融破綻

4.
規模の知れない大きな経済危機

5.
失業と止まらない飢餓
人類の最後の数ヶ月
ポストヒューマニズム
狡猾な計画
世界的な麻痺
ドキュメンタリーNo.92
完全に人道的な活動
心理的なテロ
自動人形のアンドロイド・ロボット
絶え間ない洗脳
ごまかしの詭弁
真面目で現実的な根拠のある知識
ナンシー・ペロシとその他の民衆党主義者米国
人工ニューロインテリジェンスとナノテクノロジー
腐敗したシステムに身売りした政治家

麻痺した意識を目覚めさせる
私たちのできることは、その麻痺した意識を目覚めさせることだけである

経済破綻のブラック・スワン

光と内面の変化表現の自由の道か?
あるいは魂、倫理や道徳、精神的美徳も持たないロボット化人工頭脳の道か?

各自が選ぶ自由を持つ、なぜなら星の存在は選択の自由を尊重するからでそれぞれが判断力と勇気を持って自分により適している方を選ぶことができ、それが私たちの行く末であり各自が選ぶその前途は尊重されるべきだ!
あなた方の決断を徹底的に瞑想してゆくよう心から願う。
ワクチン及び量子タトゥーもマイクロチップを摂取しなければならない時に己の決断を疑わなくて済むように、とゆうのもそれが私たちの未来となるためだ!

想定外の経済不況

銀行家による陰謀

ブラック・スワン的な世界的な金融破綻

規模の知れない大きな経済危機、経済の意図的な崩壊

動画再生

準備中

動画再生

準備中

おすすめ映画

アインソフ談】 

エピローグ

「マスコミによるこの医療危機の誇張により、実際の経済危機がカムフラージュされるか、あるいは銀行の権力をさらに強化し、『ベイルイン』あるいは類似のものに出資するプロセスにおいて、貯蓄者からの強奪を伴って、実体経済を破綻及び全般的な『リセット』へと駆り立てるだろう。金融の少数支配者らは、その支配を拡大するためには何でもし得る。一つ、確実なことがある。ロックダウンは、ウイルス自体よりも経済や人間への代償が大きいだろう。二つのレベルを区別しなければならない。パンデミックそれ自体と、それを止めるために採られる政治的決断だ。事実何らかの種類の破綻を引き起こし得るのは、パンデミックそれ自体と、それを止めるために採られる政治的決断だ。事実、何らかの種類の破綻を引き起こし得るのは、パンデミックそれ自体ではない。このシステム及び経済の破綻を引き起こし得るのは、ウイルスと闘うという口実による健康な住民のロックダウンである。健康な住民のロックダウンを伴わないパンデミックは、経済にそれほど影響をもたらし得ない。なぜなら住民の大半が働き、生産し続け得るからだ。その一方で、専門からの報告が山積みとなり矛盾が見られる。18ヶ月かそれ以上のロックダウン期間について述べるものもいれば、2022年までのロックダウンについて述べるものもいる。それには、2,3ヶ月にひと月の断続的なロックダウンが含まれる。これは、それを発行する国々に、戦争と同等のインパクトをもたらすだろう。言い換えるなら、治療が病気よりもひどいことになる。パンデミックそれ自体は、一国全体を屈服させはしない。だが長引く健康な住民の抑制は、確実にこれを行うことになる。短期のロックダウンの過程では、いずれにしても実体経済の多くの分野が疲弊し、多くの業者が破産するだろう。加えて政府は、3月19日の上院での可決を介して、ここ数年の社会的成果を凍結した。これは一時的なものとされているが、おそらくはそうではない。他方、上昇しており、危機から利益を得ている一定数の株式価値が存在する。情報産業及びワクチンに関する全て、ビル・ゲイツという人物に融合されている二つの分野の活動だ。産業・金融の大いなる資本主義は、常に危機より利益を得ており、さらにはしばしば危機を誘発さえする。経済には、それにたかる寄生虫やハイエナが存在している。他方、多くの中小企業にとって、ロックダウンは少なくとも景気後退を引き起こす。うつ病や神経衰弱、自殺、暴力的な清算、離婚、家庭内暴力を伴う企業の破産のパンデミックが起こるだろう。この全ては、ウイルスではなく、健全な住民のロックダウンによるものだ。それが、私たちの専門家が知っているはずの専門用語を用いるなら、心理社会的な途方もないリスクを全住民にもたらしている。活動の欠如もまた、健康問題や心血管障害、筋骨格障害、睡眠障害もかなり増大させるだろう。最終的に、ロックダウンは直接的、間接的にウイルス自体よりも多くの人の命を奪うだろう。」
リュシアン・スリーズ
フランスの研究者、作家

参考:アルシオン・プレアデス”YouTubeチャンネル” , “Official Site”/ Grove Save”YouTubeチャンネル

スポンサーAds

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください