地球空洞説、両極の開口部、南極のピラミッド、ハイジャンプ作戦、アガルタ

Spread the love

ビデオチャンネル

アルシオン・プレヤデス ∙ CETIユニバースInfo

地球空洞説、両極の開口部、南極のピラミッド、ハイジャンプ作戦、アガルタ

地球が空洞で、北極や南極からそこに入ることができ、秘密の文明がその内部で花開いているという説は、はるか昔から多くの民族の考えの一部であった。
また歴史を通じて、複数の遠征が存在しており、たとえば米国のリチャード・バード少将やその他の大胆な探検家達が、北極や南極を訪れ、異例のへき地、ほぼ亜熱帯の気温で、ぬるい水の流れる川、広大な森林、その他多くの自然現象を見出そうとしてきた。彼らは皆、空洞の地球について語っていた。さらには、「ハイジャンプ」作戦が行われたが、これは南極への科学的な遠征であった。だがこの秘密作戦の真の動機は何であったのか?また、オイラーやエドモンド・ハレーといった科学者のように、多くの偉大な天文学者や数学者も、地球空洞説を支持していた。さらには多くの作家や研究者らが、この地底の世界について語ってきた。同じくレイ・パーマーのようなUFO学者やその他の者達も、地球は空洞であり、UFOは、人跡未踏のその内部に隠された高等な存在の文明からやって来て、そこに戻っていくと考えた。
両極には、何が秘められているのか?また北極地域の写真で観測された巨大な穴には、何があるのか?この極地における村全体の謎めいた失踪については?王国アガルタとして知られる、未知の生命体が住む地下の王国が存在しているのか?いかにしてそこに入るのか?
原作:アルシオン・プレヤデス(ビデオ制作)

あなたはトランプが戦ってきたもの、そして今戦っているものを知っているか

ニュースピックス

スポンサーAds

おすすめ関連動画

バード少将、勲章を受け、歓呼され、その後忘れ去られた地底への旅:アルシオン・プレヤデス特別版14

私達の惑星地球の内部に、進んだ人々の住む世界が存在するという証拠が存在する。これらの不思議な存在は、何者なのか?いかにして地球の内部に住まうに至ったのか?またその地底都市への入り口は、どこにあるのか?

おすすめ映画

アインソフ談】

米国トランプ大統領はディープステート(ニューコート帝国)と戦っている。

おすすめ映画の『They Live』・『DARK CITY』をご視聴ください!

参考:BITCHUTE”アルシオン-プレヤデス” / Twitter”il Donaldo Trumpo” , “mint” / Web& Blog”Total News World

スポンサーAds

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください