新たな貧困-飢え、マスク-疎遠、再発、畜産業の閉鎖、人種差別

ビデオチャンネル

アルシオン・プレヤデス ∙ CETIユニバースInfo

新たな貧困-飢え、マスク-疎遠、再発、畜産業の閉鎖、人種差別

第一部

新たな貧困-飢え・貧困者の流行病、静かな独裁、さらなる波と再発、新たな億万長者、悪魔崇拝・支配力の強化・怯え・人々の隔離とうつ病自殺の増加

第二部

マスク、ソーシャル・ディスタンス、食料不足、牛豚鳥の畜産業の閉鎖、日用品の供給不足

Keyview

増幅するイギリス帝国の圧力

スポンサーAds

この動画もご視聴ください

上記の動画を鑑賞した人はこちらの動画も視聴しています

keyview5

:警察活動の伝統、警察は制服を着た市民

keyview6:日光浴の禁止、孤独のパンデミック、供給停止、栄養失調

keyview7:食糧危機と社会的暴動、栄養失調と飢え

keyview8:エリートの大虐殺の目的、捨てられる傀儡者たち

keyview9:策略、闇の手下、罪の償い、苦痛のない独裁、自由の消滅、ロボット化、魂よ目覚めよ!

ending:信仰と祈り、瞑想

おすすめ映画

メインタイトルオーバービュー

新たな貧困-飢え、マスク-疎遠、再発、畜産業の閉鎖、人種差別

****音声入り新フォーマット****
***このドキュメンタリーは、内容が二つの部分に分かれています***

Sars-Cov2と呼ばれる、見えない敵とされるものに直面し、世界中がどうにか生き延びようと怯えており、そのロックダウンゆえに、わずか数か月のうちに、1929年の大恐慌をしのぐ世界的な景気の後退へと向かっている。その破綻は、世界の多くの国における何百万人というホームレスや確実な死へと向かっている貧困層にとってのみならず、また少し前までは仕事を持ち、人並みに暮らせていた中産階級にも及んでいる。大衆の強迫観念によるその偽の脅威の多くの証拠が存在するものの、同じく一日2ドル足らずで何とか生活する25億の人々にとって、新たな感染症ウイルスの衝撃は、災いとなり得る。
この新たなドキュメンタリーでは、未曽有の健康危機の背後にある事実や欺瞞について、またいかにして恐れを通して、私達から基本的な自由を放棄させ、健康や世界経済を脅かしつつあるのかを明るみにしている、世界中の政治家や各国の首脳、弁護士、科学者、医師、免疫学者、研究者の証言を分析している。
では実際、隔離や私達に課されるソーシャル・ディスタンスといった措置は、効果があるのか?それは孤独感や孤立、日光浴の禁止を伴う。だが日光浴は免疫システムや動作の制御、私達の自由の喪失にとって必要不可欠である。
あるいは、その目的は人類の90%削減することであり、同時に人工知能の埋め込みやキャッシュレスシステム、ついには世界政府を介して独裁的な支配を容易にすることなのか?なぜなら、見られているように、供給停止や食糧の運搬、精肉工場の閉鎖、生産ラインの崩壊が、世界中の家庭全体に空前の食糧危機や栄養失調、飢餓を生みつつあるからだ。

アルシオン・プレアデスから転載

アインソフ談】

新型コロナウイルスの背後にうごめく光と闇の攻防がサジェストされている。

スポンサーAds

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください