ハンガリーのFidesz党は調査中にヨーロッパの当局者を買収しました

ハンガリー国会議事堂

Hungary’s Fidesz Party Paid European Official During Investigation

Source by OCCRP(Organized Crime and Corruption Reporting Project)

転載開始….

The official foundation of Fidesz, the Hungarian ruling party, paid more than 150,000 euros for “public law research” of dubious value to a private company managed by former Belgian senator Stef Goris.

The payments occurred as Hungary’s commitment to democracy was being investigated by the Parliamentary Assembly of the Council of Europe (PACE) between 2013 and 2015. Goris was a former member of PACE, and at the time remained an honorary member with access to the assembly’s meetings and facilities.

Goris was among 13 European politicians PACE banned in 2018 for accepting gifts and bribes from the Azerbaijani government. A report published by the organization identified Goris as a “key or pivotal figure” in Azerbaijani lobbying, which aimed to boost the country’s image among PACE members.

ハンガリーのFidesz党は調査中にヨーロッパの当局者を買収しました

対訳(案):開始
The official foundation of Fidesz, the Hungarian ruling party, paid more than 150,000 euros for “public law research” of dubious value to a private company managed by former Belgian senator Stef Goris.
ハンガリーの与党であるFideszの公式財団は、元ベルギーの上院議員Stef Goris(ゴリス)によって管理されている民間企業に「一般法律調査」のために疑わしい価格の15万ユーロ以上を支払いました。
 
The payments occurred as Hungary’s commitment to democracy was being investigated by the Parliamentary Assembly of the Council of Europe (PACE)between 2013 and 2015. 
2013年から2015年の間にハンガリーの民主主義への公約が欧州評議会議員会議(PACE)によって調査されていたため、支払いが行われました。
 
Goris was a former member of PACE, and at the time remained an honorary member with access to the assembly’s meetings and facilities.
ゴリスはPACEの元メンバーであり、当時は会議のミーティングや設備へのアクセス権を持つ名誉会員のままでした。
 
Goris was among 13 European politicians PACE banned in 2018 for accepting gifts and bribes from the Azerbaijani government. 
ゴリスはアゼルバイジャン政府からの贈り物や賄賂を受け取ることを2018年に禁じた13人の欧州の政治家PACE(欧州評議会議員会議)のうちの一人でした。
 
report published by the organization identified Goris as a “key or pivotal figure” in Azerbaijani lobbying, which aimed to boost the country’s image among PACE members.
この団体が発表した報告書によれば、アゼルバイジャンのロビー活動におけるゴリス氏は、「主要または重要人物」であり、これはPACEメンバーの間で同国のイメージを高めることを目的としていた。
 
PACE has an oversight role at the Council of Europe, which is tasked with upholding human rights, democracy and the rule of law among its 47 member countries. 
PACEは欧州評議会で監督する役割を担っています。それは、47の加盟国の中で人権、民主主義および法の支配を支持することを任務としています。
 
That includes Hungary, which PACE placed under a “special examination” over concern that democratic checks and balances were eroding under the country’s new constitutional framework.
それにはハンガリーが含まれ、それはPACEが、民主的なチェックアンドバランスを国の新しい憲法の枠組みの下で侵害している懸念に対して、「特別な検査」の下に置いた。
 
As a member of the Belgian Parliament, Goris was a PACE delegate from 1999 to 2007. 
Gorisは、ベルギー議会の一員として、1999年から2007年までPACEの代表者でした。
 
Afterward, he became an honorary member who could attend PACE meetings and access its headquarters in Strasbourg, France.
その後、彼はPACE会議に参加し、フランスのストラスブールにある本部にアクセスできる名誉会員になりました。
 
 PACE said Goris used his honorary badge to enter its buildings 86 times between 2015 and 2017 and was most often seen at events concerning Azerbaijan.
PACEによると、Gorisは2015年から2017年の間に自分の名誉バッジを使用して建物に86回入室し、アゼルバイジャンに関するイベントで頻繁に見られました。
 
In addition to his political career, Goris was active in multiple non-governmental organizations and private companies registered in Belgium, according to company records obtained by OCCRP. 
OCCRPが取得した会社の記録によると、彼の政治的経歴に加えて、Gorisは、ベルギーで登録された複数の非政府組織および民間会社で活動していました。
 
Among other interests, he was identified as the manager of S.C. Services BVBA, a limited liability company registered in Wemmel.
他の興味ある中で、Wemmelに登録された有限責任会社であるS.C. Services BVBAのマネージャーとして彼は識別されました。
 
In response to a Freedom of Information request, the foundation released two contracts between the parties, as well as the two “public law research” studies S.C. Services produced.
情報の自由の要請に応えて、財団はS.C.サービスが生み出した2つの「一般法律調査」研究と同様に当事者間の2つの契約を発表しました。
 
 Legal experts asked to review the documents found them to be of little value.
法務専門家は文書を見直すよう依頼したが、それらはほとんど価値がないと判断した。

What the Money Bought

お金が買ったもの

Gábor Polyák, a lawyer at Mérték Média Monitor, a Budapest-based media policy think-tank, said his review of the study on the media law found a collection of citations from international organizations and little intellectual rigor.
ブダペストを拠点とするメディア政策シンクタンク、MértékMédiaMonitorの弁護士、GáborPolyák氏は、彼のメディア法に関する研究のレビューは、国際機関からの引用の収集と知的な厳しさはほとんどないことがわかった、と述べました。
 
“The comments do not contain any arguments what were not repeated again and again by the Hungarian government during the debate,” Polyák said. 
「コメントは、討論の間ハンガリー政府によって何度も繰り返されなかったものの議論を含みません」とPolyákは言いました。
 
“There are no professional references, no elaborated argumentation. Obviously, it cannot be stated that it is an original intellectual performance.”
「専門的な言及も、詳細な議論もありません。明らかに、それがオリジナルの知的パフォーマンスであると述べられることはできません。」
 
Both contracts were signed by the foundation’s board chairman Zoltán Balog and by Goris as general manager of S.C. Services. 
両契約は、財団の理事長であるZoltánBalog氏と、Goris氏がS.C. Servicesのゼネラルマネージャーとして署名したものです。
 
Both identified the principal authority for the studies as Gergely Gulyás, then the executive director of Fidesz’s foundation and now the Minister of the Hungarian Prime Minister’s Office.
両者とも、研究の主たる権威をGergelyGulyás、当時はFidesz財団の事務局長、そして今はハンガリー首相官邸の大臣であると同定した。
 
The first contract, signed in June 2013, requested research based on Hungarian constitutional regulations, as compared to European Union contracts, and on “constitutional regulation of other states and on the practice of the Council of Europe.” 
2013年6月に調印された最初の契約は、欧州連合の契約と比較したハンガリーの憲法上の規制、および「他の州の憲法上の規制および欧州評議会の実施」に基づいた調査を要求した。
 
The second contract, signed in July 2015, sought public law research regarding the new Hungarian media law and Hungary’s implementation of certain EU laws.
2015年7月に調印された2番目の契約は、ハンガリーの新しいメディア法およびハンガリーの特定のEU法の施行に関する一般法律調査を求めた。
 
The first study authored by S.C. Services, titled “The New Hungarian Constitution and its legal environment — reflections and comments on international criticism,” ran 107 pages and cost 90,750 euros.
「新ハンガリー憲法とその法的環境 – 国際的な批判に対する考察と意見」と題された、S.C. Servicesによって書かれた最初の研究は107ページで、費用は90,750ユーロでした。
 
The second, “Legal analysis of the international context of the Hungarian Media Law and on the Hungarian implementation of certain pieces of the EU Law,” ran 25 pages and cost 60,500 euros.
第二に、「ハンガリーのメディア法の国際的な文脈とEU法の特定の部分のハンガリーの実施に関する法的分析」は25ページで、60,500ユーロの費用がかかりました。
 
Documents released in response to Atlatszo’s Freedom of Information request also revealed that the Fidesz party foundation had another deal involving Goris. 
Atlatszoの情報の自由の要請に応えて発表された文書も、Fidesz党財団がGorisを含む別の取り引きを持っていたことを明らかにしました。
 
In 2017, it issued a grant to European Heritage IVZW, a international nonprofit association registered in Belgium that the former senator co-founded and chaired. 
2017年には、元上院議員が共同設立し、議長を務めた、ベルギーで登録された国際非営利団体、European Heritage IVZWに助成金を交付しました。
 
The organization received a 25,000 euro payment to cover “operation, organization and managing costs” for 2017. 
この組織は、2017年の「運用、組織および管理コスト」を補うために25,000ユーロの支払いを受けました。
 
However, the foundation said the grant went unused and was repaid in full in November 2018.
しかし財団は、助成金は未使用になり、2018年11月に全額返済されたと述べました。
 
Neither Gulyás nor the prime minister’s office responded to multiple emails and phone calls seeking comment on the contracts.
Gulyásも首相官邸も、契約について意見を求める複数の電子メールや電話には応じなかった。
 
 Goris told Atlatszo, “These contracts are confidential. I cannot give any information,” and ended the call.
GorisはAtlatszoにこう語った。 「これらの契約は機密です。私は何も情報を与えることができない」と電話をかけた。
 
Sources speaking on condition of anonymity told OCCRP that Goris’ S.C. Services received an additional 255,000 euros from the Prime Minister’s Office of Hungary in eight payments between 2013-2015, though little is known about those payments. 
匿名性を理由にしている情報筋はOCCRPに対し、ゴリスのS.C.サービスは2013年から2015年の間に8つの支払いでハンガリー首相官邸からさらに25万5000ユーロを受け取ったと述べたが、これらの支払いについてはほとんど知られていない。
 
The office rejected a Freedom of Information request for details of the expenditure, saying it did not have “publicly available” data on the requested matter.
事務局は、支出の詳細についての情報の自由の要請を拒否し、要求された事項に関する「公に利用可能な」データはないと述べた。
 
The prime minister’s press office didn’t respond to a request that it confirm or deny the 255,000 euros in payments to S.C. Services BVBA between 2013-2015.
首相の記者会見では、2013年から2015年の間にS.C. Services BVBAに支払われた255,000ユーロの支払いを承認または否認する要求には応じなかった。
対訳終了

組織犯罪および汚職報告プロジェクト(OCCRP Official Site)

OCCRP(Organized Crime and Corruption Reporting Project)

European Elections: Exit polls show victory for Orban’s Fidesz party in Hungary

関連動画

Hungary’s Fidesz party faces expulsion from European People’s Party

Could rejecting Hungary’s Fidesz party create problems for EU? | GME

Hungarian PM Viktor Orban calls EPP critics ‘useful idiots’ | DW News

関連ブログ

つづく

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください