Vladimir Putin attended the plenary session of 5th International Arctic Forum The Arctic: Territory of Dialogue.

Plenary session of the International Arctic Forum

Vladimir Putin attended the plenary session of 5th International Arctic Forum The Arctic: Territory of Dialogue.
April 9, 2019 16:50 St Petersburg

国際北極圏フォーラムの総会

ウラジミールプーチンは、第5回国際北極圏フォーラム北極圏:対話の領土の総会に出席しました。
2019年4月9日16時50分サンクトペテルブルク
 
The theme of the sessionis The Arctic: An Ocean of Opportunity. President of the Republic of Finland Sauli Niinistö, President of the Republic of Iceland Guðni Thorlacius Jóhannesson, Prime Minister of the Kingdom of Norway Erna Solberg and Prime Minister of the Kingdom of Sweden Stefan Löfven are taking part in the discussion.
The discussion is focused on the comprehensive development of Arctic territories, including the rational use of natural resources, environmental security, transport, protection of northern indigenous peoples’ interests and other aspects of sustainable growth in the Arctic region.
* * *
Speech and answers to questions at the plenary session of 5th International Arctic Forum
President of Russia Vladimir Putin: Mr Niinistö, Mr Jóhannesson, Ms Solberg, Mr Löfven, ladies and gentlemen, friends,
I am happy to welcome you to St Petersburg, the northern capital of Russia whose history is closely connected with legendary Arctic expeditions, industrial exploration of this unique region and preservation of its nature and unique culture.
 
<以下和訳はGoogle翻訳から>
 
セッションのテーマは「北極圏:チャンスの海」です。フィンランドのSauliNiinistö大統領、アイスランド共和国の大統領GuðniThorlaciusJóhannesson、ノルウェー王国のエルナソルベルク首相、スウェーデン王国のStefanLöfven首相が議論に参加しています。
 
議論は、天然資源の合理的利用、環境保全、輸送、北部先住民の利益の保護、および北極地方における持続可能な成長のその他の側面を含む、北極地方の包括的な開発に焦点を当てています。
 
* * *
 
第5回国際北極圏フォーラム総会でのスピーチと質疑応答
 
ロシア大統領ウラジミール・プーチン:ニニニスト氏、ヨハネソン氏、ソルベルグ氏、レーベン氏、紳士淑女、友人、
 
ロシア北部の首都、サンクトペテルブルクの歴史を伝説の北極探検隊、このユニークな地域の産業探査、そしてその自然とユニークな文化の保存に密接に関係していることを嬉しく思います。
 
This is the fifth time that International Arctic Forum The Arctic: Territory of Dialogue becomes a platform for an open discussion of the Arctic agenda. We thank our foreign guests and representatives of the Arctic Council countries for their readiness to team up and their understanding of our shared responsibility for the future of the Arctic and its stable and sustainable development.
In 2021, Russia will assume presidency of the Arctic Council. We invite all participants of the Council and other states to cooperate in the Arctic. The priorities of our presidency are vital for the Arctic development: promotion of sustainable technologies in all areas, including industry, transport and energy.
Today we are carrying out our projects in the Arctic, including global ones, based on the latest environmental standards. It is enough to mention the Yamal LNG project and the development of the Bovanenkovskoye and Kharasaveyskoye gas fields. Today, the Arctic accounts for over 10 percent of all investment in the Russian Federation. I am convinced that the importance of the Arctic factor in the Russian economy will only grow further. 
This year we are going to draft and adopt a new strategy for the development of the Russian Arctic up to 2035. It is to combine measures stipulated in our national projects and state programmes, the investment plans of infrastructure companies and programmes for developing Arctic regions and cities.
国際北極圏フォーラム「北極圏:対話の領土」が北極圏のアジェンダについての公開討論を行うプラットフォームとなるのは今回が5回目です。私たちは、チームを組む準備ができていること、および北極圏の将来とその安定的かつ持続可能な開発のための私たちの共通の責任についての理解に感謝します。
 
2021年に、ロシアは北極評議会の議長国に就任する。私たちは、評議会および他の州のすべての参加者に北極圏で協力するよう呼びかけます。私たちの大統領の優先順位は、北極圏の開発、すなわち産業、運輸、エネルギーを含むあらゆる分野での持続可能な技術の促進に不可欠です。
 
今日、私たちは最新の環境基準に基づいて、地球規模のものも含めて北極圏でプロジェクトを遂行しています。 Yamal LNGプロジェクトとBovanenkovskoyeおよびKharasaveyskoyeガス田の開発について言及するだけで十分です。今日、北極圏はロシア連邦への投資全体の10%以上を占めています。ロシア経済における北極圏要因の重要性はさらに増すばかりであると私は確信しています。
 
今年は、2035年までのロシア北極圏開発のための新しい戦略を立案し、採択する予定です。これは、国内プロジェクトと州プログラム、インフラ企業の投資計画と北極圏地域開発のためのプログラムで定められた措置を組み合わせることです。都市です。
 
All Arctic regions should be brought to the level of at least the national average in key socioeconomic indicators and living standards. I would like to emphasise that this task should not only be clearly defined in the new strategy of Arctic development but should also serve as a guide for the work of all federal departments and regional authorities of Russia. It is absolutely necessary to take into account the specific nature of the problems facing the indigenous minorities of the North. 
Special attention should be paid to the development of transport and other support infrastructure. We are well aware that this is a necessary foundation for future investment and business initiatives. The construction of theNorthern Latitudinal Railway is a key infrastructure project. This railway will make it possible to start effective development of the natural riches of the Polar Urals and Yamal, and in the long-term, the north of Krasnoyarsk Territory of the Russian Federation. And we will certainly continue developing the global transport corridor that includes the Northern Sea Route and which will be functioning without fail year round.
Our goal to significantly boost the freight traffic and bring it up to 80 million tonnes by 2025 on the Northern Sea Route alone was outlined in the 2018 Address to the Federal Assembly. Just 10 to 15 years ago, this figure looked absolutely out of reach, whereas today it is a realistic, carefully calculated and concrete goal. As of last year, the volume of traffic on the Northern Sea Route already reached 20 million tonnes. This is three times – I reiterate – three times more than the Soviet record set in 1987, when the Soviet Union transported 6.5 million tonnes using this route. Now, it is 20 million tonnes.
すべての北極地方は、主要な社会経済的指標および生活水準において、少なくとも全国平均のレベルまで引き上げられるべきです。この課題は、北極圏開発の新しい戦略の中で明確に定義されているだけでなく、すべての連邦省やロシアの地域当局の活動の指針としても役立つべきであることを強調したいと思います。北の先住民族の少数民族が直面する問題の特定の性質を考慮に入れることが絶対に必要です。
 
輸送やその他の支援インフラの整備には特別な注意を払うべきである。これは将来の投資や事業の取り組みに必要な基盤であることをよく認識しています。北緯度鉄道の建設は重要なインフラプロジェクトです。この鉄道は、北極ウラル山脈とヤマル山脈、そして長期的にはロシア連邦のクラスノヤルスク地方北部の自然の富を効果的に開発することを可能にするでしょう。そして、私たちは、北海航路を含む、一年中確実に機能する世界規模の輸送回廊の開発を確実に続けます。
 
北海航路のみで貨物輸送量を大幅に増やし、2025年までに最大8,000万トンにするという私たちの目標は、2018年連邦議会演説で概説されています。たった10〜15年前、この数字は絶対に手の届かないところに見えましたが、今日では現実的で慎重に計算された具体的な目標です。昨年の時点で、北海航路の交通量はすでに2000万トンに達しています。これは3倍です – 私が繰り返しますが、ソ連がこのルートを使って650万トンを輸送した1987年に設定されたソビエトの記録の3倍です。今、それは2000万トンです。
 
In order for this global transport corridor to operate at full capacity, we will develop the communication and coastal infrastructure, including port facilities, navigation, and meteorological aids, and ensure safe commercial navigation.
We encourage our foreign partners to join us in our efforts to create hub ports at the end points of the route. I mean the Murmansk transport hub and port infrastructure in Petropavlovsk-Kamchatsky. In addition, we plan to upgrade the Arctic coast harbours, including the river-sea traffic capabilities.
We will continue to update our icebreaker fleet and to increase the production of ice-class vessels. Three new nuclear-powered icebreakers, namely, the Arktika, the Sibir and the Ural, are being built here in St Petersburg, where we are now. By 2035, Russia’s Arctic fleet will operate at least 13 heavy-duty linear icebreakers, including nine nuclear icebreakers.
To reiterate, our goal is to make the Northern Sea Route safe and lucrative for shippers, and appealing both in terms of the quality of services and price. In particular, the icebreaker escort fee must be competitive and reasonable. The state invests in this operation in order to minimise the tariff burden on carriers and other businesses.
Friends, we intend to use all of our investment support tools, including those that we have used successfully under programmes for the development of Russia’s Far Eastern regions, to launch new projects. These will include lower profit tax rates, reduced severance tax coefficients for mineral extraction, a notifying procedure for VAT refunds and a simplified procedure for providing land plots and invariable terms for implementing investment projects.
この世界規模の輸送回廊がフル稼働するためには、港湾施設、航海、気象支援などの通信および沿岸インフラを開発し、安全な商用航行を確保します。
 
私達は私達の外国のパートナーが私達のルートの終点でハブ港を作成する私達の努力に加わるように励ます。私はペトロパブロフスク – カムチャツキーのムルマンスク輸送ハブと港湾インフラを意味します。加えて、我々は河川 – 海上交通能力を含む北極沿岸港を改良することを計画している。
 
私達は私達の砕氷船の艦隊を更新し、氷クラスの船の生産量を増やし続けるでしょう。 3つの新しい原子力砕氷船、すなわちArktika、Sibir、そしてUralがここにあるサンクトペテルブルクに建設されています。 2035年までに、ロシアの北極艦隊は9隻の原子力砕氷船を含む少なくとも13隻の大型リニア砕氷船を操縦するでしょう。
 
繰り返しになりますが、私たちの目標は、北海航路を荷主にとって安全で有利なものにすること、そしてサービスの質と価格の両面で魅力的なことです。特に、砕氷船の護衛料は競争力があり合理的でなければなりません。州はこの運航に投資して、運送業者やその他の事業に対する関税負担を最小限に抑えています。
 
友よ、私たちはロシアの極東地域の開発プログラムで成功裏に使用されたものを含め、すべての投資支援ツールを使用して新しいプロジェクトを立ち上げるつもりです。これらには、より低い所得税率、鉱物採掘のための退職税係数の減少、VAT還付のための通知手続き、土地区画を提供するための簡素化された手続き、および投資プロジェクトを実施するための不変条件が含まれます。
 
At the same time, with due consideration for the Arctic’s peculiarities, investors should and will receive more advanced and more stable preferences here.
I would now like to address our colleagues. The Government of Russia, as well as experts and the business community, have been instructed to draft a federal law on a special system of preferences for the Arctic zone’s investors. And I am asking you to do this quickly so Russia’s State Duma can pass the law during its fall session. 
I would like to draw your attention to one more point. As you may know, the powers of the Ministry for the Development of Russia’s Far East have been expanded; now, the Arctic is also within its authority and is part of its responsibility. In this connection, it is logical to expand the work of Far Eastern development institutions to the Arctic as well. If necessary, we will expand the capitalisation of the Far East Development Fund for selective financing of Arctic projects.
Furthermore, we need a powerful research, HR and technological foundation for the region’s comprehensive development and for accomplishing unique and unconventional tasks in the high latitudes. We have begun establishing science and education centres in various Russian regions; they integrate the capabilities of universities, research institutes, the business community and the real economy. One of our Arctic regions will certainly receive such a centre that will ensure the development of fundamental research and will help address the applied and practical tasks of developing the Arctic.
We believe that the future belongs to active academic and university exchanges, international research teams and alliances of high-tech companies. We invite all our colleagues to take part in joint projects in shipbuilding, navigation safety, environmental protection, minerals production and bioresources harvesting.
The Arctic offers us immense challenges. And we can only respond effectively if we do it together. One such challenge, as I have told you, is to maintain balance between economic development and preservation of the Arctic environment, conservation of its unique and fragile ecosystems, and, of course, clean-up of the environmental damage accumulated through the economic activity in the past decades, which was extensive from time to time. We have been conducting a major clean-up of Arctic areas for a number of years. Starting in 2012, we have removed and utilised over 80,000 metric tonnes of waste.
同時に、北極圏の特性を十分に考慮して、投資家はここでより高度で安定した選好を受けるべきであり、また受けるであろう。
 
私は今私達の同僚に演説したいと思います。ロシア政府、ならびに専門家や経済界は、北極圏の投資家のための特別な選好システムに関する連邦法を起草するよう指示されています。そして、ロシアの下院議員がその秋の会期中に法律を可決できるように、私はこれを早くするようにお願いしています。
 
もう一点注意を向けたいと思います。ご存じのとおり、ロシア極東開発省の権限は拡大されています。今、北極もその権威の範囲内であり、その責任の一部です。これに関連して、極東開発機関の活動を北極圏にも拡大することは論理的です。必要に応じて、北極圏プロジェクトの選択的資金調達のために極東開発基金の資本化を拡大します。
 
さらに、この地域の包括的な発展のために、そして高緯度で独特で独創的でない仕事を成し遂げるために、我々は強力な研究、人事および技術的基盤を必要としています。私たちはロシアの様々な地域に科学教育センターを設立し始めました。それらは大学、研究機関、ビジネス界および実体経済の能力を統合しています。私たちの北極地方の一つは確かに基礎研究の発展を確実にし、北極圏を発展させるのに応用されたそして実用的な課題に取り組むのを助けるようなセンターを受け取るでしょう。
 
私達は未来が活発な学術および大学交換、国際的な研究チームおよびハイテク企業の同盟に属することを信じる。私たちは、造船、航行安全、環境保護、鉱物生産、およびバイオリソースの収穫に関する共同プロジェクトに参加するよう同僚全員に呼びかけます。
 
北極圏は私たちに大きな挑戦を提供します。そして私たちはそれを一緒にしなければ効果的に対応できません。私があなたに言ったように、そのような挑戦の一つは、北極圏環境の保全、その独特で壊れやすい生態系の保全、そしてもちろん、経済活動を通して蓄積された環境被害の浄化のバランスを保つことです。過去数十年、それは時々広範囲でした。私達は何年もの間北極地方の大規模な浄化を行ってきました。 2012年から、私たちは8万トンを超える廃棄物を除去し、利用してきました。
 
In the coming years we will liquidate six major environmental damage sites in Arkhangelsk and Murmansk regions, in the Nenets Autonomous Area, Karelia and Yakutia as part of the Clean Country federal project. We are also to clean up over 200 square kilometres in the Kola Bay area.
We will also develop a system of specially protected natural territories and reserves. Above all, I mean the Russian Arctic national park. It is important to take additional measures to develop civilised ecotourism and build the required infrastructure there.
To conclude, I would like to thank all the participants and guests of our forum. I am certain that our constructive dialogue will help strengthen neighbourly relations and trust in the Arctic region, which means the peaceful and sustainable development of the Arctic.
Thank you.
<…>
今後数年間で、我々は、クリーンカントリー連邦プロジェクトの一環として、アルハンゲリスク地域およびムルマンスク地域、ネネツ自治区、カレリア、ヤクートの6つの主要な環境被害サイトを清算する予定です。 コラベイ地域では、200平方キロメートルを超える地域を清掃する予定です。
 
また、特別に保護された自然界と保護区のシステムを開発します。 とりわけロシア北極圏の国立公園という意味です。 文明化されたエコツーリズムを発展させ、そこで必要なインフラを構築するために追加の対策を講じることが重要です。
 
最後に、私たちのフォーラムのすべての参加者とゲストに感謝します。 私たちの建設的な対話が、北極圏地域における近隣関係の強化と信頼の強化に役立つと確信しています。それは、北極圏の平和で持続可能な発展を意味します。
 
ありがとうございました。
 
<…>
 
John Fraher: So now I am delighted to open up the panel discussion, where we will touch on many of the issues that we’ve talked about in the opening speeches. 
I would like to start with energy in the Arctic. And President Putin, you talked a lot about Russia expanding its energy infrastructure in the Arctic. Indeed, exploiting the Arctic reserves has been one of your grandest ambitions as president. And yet when you look at the global energy market and trends in the global energy market, we see that the world is moving towards renewable energy. The world is awash with US shale, and, as Rosneft has discovered, sanctions are making it much harder for Russia to do big offshore projects. I think it has been five years now since Rosneft struck oil in the Arctic. 
So my question to you is, is there a risk that Russia has missed its chance here? That somehow this Arctic dream that you’ve had will end in disappointment?
Vladimir Putin: I would like to ask the moderator to give me two minutes for some comments on the speeches of my colleagues. Do you mind? Thank you very much.
First of all, we have discrepancies with Sauli [Niinistö] on data relating to warming in the Arctic. According to our data, the Arctic is warming four times faster than the rest of the world, and Russia is warming 2.5 times faster than the rest of the world. These may be different calculations, but both of these are really disturbing trends.
As for soot, I know this is a serious question, Sauli and I also discussed it. We also have different calculations concerning these emissions in different countries, including in Russia, the differences are dozens of times. But I gave him an example, told him that in the ancient sediments of ice, we can observe large inclusions of soot. It was in the Middle Ages, perhaps even earlier, when there were no industrial emissions. The fact is that a volcano may produce more emissions than humanity, whose emissions are associated with road transport. Nevertheless, this question is very important, and our experts are also working on it.
But what is extremely important, in my opinion, and here I fully agree with Sauli, is that if ships switch to more environmentally friendly types of fuel, and I mean primarily gas fuel, especially ships that navigate in the northern seas, in the Arctic zone, this is of course extremely important. It is absolutely obvious. And it would be necessary to encourage shipbuilding companies and carriers to use such types of transport and such fuel.
Now let us move on to your question: “Does Russia, as the region’s largest economy, do enough to ensure environmental security in the Arctic?” Sorry, but I must also correct you. Russia is not the largest economy in the Arctic region. According to the IMF, China ranks first in terms of purchasing power parity and economy. It significantly overtook the United States, 25 trillion already, if I am not mistaken. 
John Fraher:それでは、パネルディスカッションを開くことができて嬉しく思います。そこで、冒頭のスピーチで話し合った多くの問題に触れます。
 
北極圏のエネルギーから始めたいと思います。プーチン大統領、あなたはロシアが北極圏のエネルギーインフラを拡大することについて多くのことを話しました。確かに、北極圏の埋蔵量を利用することは、大統領としてのあなたの最も壮大な野心の1つです。それでも、世界のエネルギー市場と世界のエネルギー市場の動向を見ると、世界は再生可能エネルギーに向かって進んでいます。 Rosneftが発見したように、世界は米国の頁岩であふれています、そして制裁はロシアが大きな沖合いのプロジェクトをすることをはるかに難しくしています。ロスネフチが北極圏で石油を撃ってから5年が経ったと思います。
 
それで、あなたへの私の質問は、ロシアがここでそのチャンスを逃したという危険がありますか?あなたが持っていたこの北極圏の夢がどういうわけか失望に終わるのでしょうか?
 
ウラジミール・プーチン大統領:同僚のスピーチについていくつかコメントをお願いします。あなたは気にしますか?どうもありがとうございました。
 
まず第一に、北極圏の温暖化に関するデータについては、Sauli [Niinistö]と矛盾があります。我々のデータによると、北極圏は世界の他の地域より4倍も早く温暖化しており、ロシアは世界の他の地域より2.5倍も早く温暖化している。これらは異なる計算になるかもしれませんが、これらの両方とも本当に厄介な傾向です。
 
煤に関しては、私はこれが深刻な問題であることを知っています、Sauliと私はそれについても話しました。ロシアを含め、各国でこれらの排出量に関する計算も異なります。違いは数十回です。しかし私は彼に例を挙げました、古代の氷の堆積物の中に、私たちはすすの大きな混在物を観察できると彼に言いました。産業排出量がなかったのは、おそらくそれよりも早く、中世でした。実際のところ、火山は人類よりも多くの排出量を生み出す可能性があり、その排出量は道路輸送に関連しています。それにもかかわらず、この質問は非常に重要であり、私たちの専門家もそれに取り組んでいます。
 
しかし私の意見では非常に重要なことは、ここで私は完全にSauliに同意します、もし船がより環境に優しいタイプの燃料に変わるなら、私は北極圏で主にガス燃料、特に北の海を航行する船を意味するということですゾーン、これはもちろん非常に重要です。それは絶対に明白です。そして、造船会社や運送業者がそのような種類の輸送やそのような燃料を使うことを奨励することが必要でしょう。
 
「地域最大の経済国であるロシアは、北極圏の環境安全を確保するのに十分なことをしていますか。」申し訳ありませんが、私も訂正しなければなりません。ロシアは北極地方で最大の経済ではありません。 IMFによると、購買力平価と経済の面で中国は第1位です。私が間違っていなければ、それはすでに25兆ドルを大幅に上回った。
 
John Fraher: But Mr President, is China an Arctic country? By your definition.
Vladimir Putin: I was patient, while you were saying all this, you too please bear with me.
The United States of America ranks second. And the United States of America, on a par with Canada, is a country in the Arctic zone. But unlike the United States, we signed and executed the Tokyo Agreement, and signed the Paris Agreement and are going to implement it. Moreover, Russia undertook to reduce emissions by 25–30 percent from the level of 1990. This is a large load. And as the President of Finland said, we are now planning the ratification; of course, we will do this after a comprehensive analysis of the consequences of the implementation of these decisions, but nevertheless we are moving in this direction.
Although I have already mentioned this, the causes of the warming are still unknown. We are not sure whether it is related to emissions or some other more global causes. This is the question. However, we cannot go wrong by reducing anthropogenic emissions, and Russia has undertaken such commitments. However, Russia is not the world’s largest economy. We rank sixth in terms of the volume of our economy and purchasing power parity. We come sixth after China, the United States, India, Japan and Germany. We will do our best to move up, of course.
John Fraher:しかし大統領、中国は北極圏の国ですか?あなたの定義によって。
 
ウラジミール・プーチン大統領:私は辛抱しました、あなたがこれらすべてを言っている間、あなたも私と一緒に耐えてください。
 
アメリカ合衆国は2番目にランクされています。そして、カナダと同程度のアメリカ合衆国は、北極圏の国です。しかし、米国とは異なり、私たちは東京協定に署名して執行し、パリ協定に署名し、それを実行する予定です。さらに、ロシアは1990年の水準から25〜30%の排出削減を約束した。これは大きな負荷である。そして、フィンランド大統領が言ったように、私たちは今批准を計画しています。もちろん、私たちはこれらの決定の実行の結果の包括的な分析の後にこれをします、それにもかかわらず我々はこの方向に動いています。
 
これについてはすでに述べましたが、温暖化の原因はまだわかっていません。それが排出量に関連しているのか、それとも他の地球規模の原因に関連しているのかはわかりません。これが問題です。しかし、人為起源の排出量を減らすことによって私たちが悪くなることはあり得ず、ロシアはそのような約束を引き受けました。しかし、ロシアは世界最大の経済ではありません。経済の規模と購買力平価の面で6位にランクされています。私たちは中国、アメリカ、インド、日本そしてドイツに続いて6位になります。私達はもちろん上がるために最善を尽くします。
 
Now, regarding “from here we will face a Swede, here the city will be laid, in spite of the arrogant neighbour” (A quote from Alexander Pushkin’s poem The Bronze Horseman, which the Prime Minister of Sweden Stefan Lofven quoted during his forum speech), I would like to mention another poem, Poltava. It has the following lines about the Battle of Poltava “Hurrah! The Swedes are broken…“ These lines come to mind when we watch the game between the Russian national football team and Tre Kronor. Unfortunately for our fans, we are unable to cite these lines too often now, because the brilliant Swedish hockey team is playing so well and thrills not only its own fans but ours as well and by the way everyone is united: sports unites our countries in a cultural sense. It would be nice, Mr Prime Minister, if a club of yours participated in the Continental Hockey League games. However, this is beside the point of our meeting today.
Now, regarding your question about whether Russia will miss something, or not, in terms of developing these resources. Of course, not.
First, the resources are truly enormous; they are of a global scale. According to preliminary estimates, we have about 13 billion tonnes of oil and 95 trillion cubic metres of natural gas. They represent colossal planetary reserves. We have already begun to develop them. Mr Mikhelson who is sitting across from me is in charge of the Yamal LNG project. This is an international project.
You mentioned restrictions. Yes, they do exist and they are harmful, of course, as well as sanctions, and everything else, but they cannot stop the process of Arctic development. To reiterate, no matter how the sanction tools work, the first shipment from Yamal LNG went to the United States. Funny, but true. And, I believe, trade continues uninterrupted as well. Because whenever our US partners and friends can benefit from something, they make whatever it is happen. If they find it is not lucrative, then they tend to tighten the screws. But only if they do not find it lucrative for themselves. They have not been paying much attention to the interests of other countries lately. Well, so, we will implement other projects, and we will expand this one as well.
さて、「ここから我々はスウェーデン人に直面するでしょう、ここで傲慢な隣人にもかかわらずここで都市は築かれるでしょう」(スウェーデンのStefan Lofven首相が彼のフォーラムスピーチの間に引用したAlexander Pushkinの詩The Bronze Horsemanからの引用、ポルタバという別の詩について述べたいと思います。それはポルタバの戦いについて次のような行を持っています。スウェーデン人は壊れています…“ロシアのナショナルフットボールチームとTre Kronorとの試合を観戦するとき、これらの線が頭に浮かびます。私たちのファンにとっては残念なことですが、スウェーデンの素晴らしいホッケーチームは自分たちのファンだけでなく、私たちのチームもみんなが団結する方法でスリル満点だからです。文化的な意味です。あなたのクラブがコンチネンタルホッケーリーグの試合に参加したなら、首相、それは素晴らしいことです。しかし、これは今日の私たちの会議の要点ではありません。
 
さて、ロシアがこれらの資源を開発するという観点から何かを見逃すかどうかについてのあなたの質問に関して。もちろん違います。
 
まず、リソースは本当に膨大です。それらは世界規模のものです。予備的な見積もりによると、私たちは約130億トンの石油と95兆立方メートルの天然ガスを持っています。それらは巨大な惑星埋蔵量を表しています。我々はすでにそれらを開発し始めています。私の真向かいにいるMikhelson氏がYamal LNGプロジェクトを担当しています。これは国際的なプロジェクトです。
 
あなたは制限を述べました。はい、それらは存在しており、もちろん制裁と同様に有害でもありますが、それらは北極開発のプロセスを止めることはできません。繰り返しになりますが、制裁ツールがどのように機能するかにかかわらず、Yamal LNGからの最初の出荷は米国に行われました。面白い、でも本当です。そして、私は、貿易も同様に途切れることなく続いていると思います。私たちの米国のパートナーや友人が何かから恩恵を受けることができるときはいつでも、彼らはそれが起こるものは何でも作ります。彼らはそれが有利ではないと判断した場合、彼らはネジを締める傾向があります。しかし彼らがそれが自分にとって有利であるとは思わない場合に限ります。彼らは最近他国の利益にあまり注意を払っていません。そう、そう、私達は他のプロジェクトを実行し、私達はまたこれを拡大する。
 
How fast the humankind is moving towards replacing hydrocarbons with alternative sources is a different question. According to expert data, global energy consumption will increase in the coming decades, and the ratio between hydrocarbons and renewable sources, such as nuclear power and hydropower, will remain about the same.
Today (whether it is good or bad, but this is the case) this relationship between different sources remains unchanged. The total volume is up. Let us not forget that Russia is a vast country with hydropower capabilities, and we are expanding and will continue to expand nuclear energy. Nuclear power accounts for only 16 percent of energy generation. In France, it is already more than 90 percent, and we have only 16. We have to get to at least 25. Our neighbours, Finland, are going to build as well. And so on. So, we have not missed anything.
Now, with regard to whether the pressure of sanctions is getting in our way or not. Partly it is, but not in a critical way. To a certain extent, this even encourages us to actively develop our own technology.
Last year, we invested 600 billion rubles in import replacement (that is, to produce ourselves what we used to buy from abroad). (Addressing Maxim Oreshkin) How much was invested in import replacement last year? The Minister of Economic Development does not remember. About a billion rubles. This will continue, and we will continue to build up these efforts. Frankly, it has a positive effect. Of course, it would be better to do without any restrictions that distort the market and global trade and lead to a slowdown in the global economy. But the implementation of Russia’s plans to develop mineral resources will not get in the way of development, in general.
人類がどれだけ速く炭化水素を代替資源に置き換える方向に向かっているかは別の問題です。専門家のデータによると、今後数十年で世界のエネルギー消費量は増加し、炭化水素と原子力や水力などの再生可能エネルギーの比率はほぼ同じになります。
 
今日(それが良いものであるか悪いものであるかにかかわらず、これは事実です)、異なる情報源間のこの関係は変わりません。総音量は上がっています。ロシアが水力発電能力を持つ広大な国であることを忘れないでください。私たちは拡大しており、今後も原子力を拡大していきます。原子力発電はエネルギー発電のわずか16%を占めています。フランスでは、それはすでに90パーセント以上であり、そして私たちは16しか持っていません。私たちは少なくとも25に到達しなければなりません。私たちの隣人、フィンランドも同様に建てようとしています。等々。だから、私たちは何も見逃していません。
 
今、制裁の圧力が私たちの邪魔をしているかどうかに関して。部分的にはそうですが、重要な意味ではありません。ある程度までは、これは私達が私達自身の技術を積極的に開発することを私達にさえ促進する。
 
昨年、私たちは輸入代替品に6,000億ルーブルを投資しました(つまり、海外から購入したものを自分で生産するため)。 (Maxim Oreshkinへの取り組み)昨年の輸入代替品への投資はいくらですか?経済開発大臣は覚えていません。約10億ルーブル。これは継続し、私たちはこれらの努力を積み重ね続けます。率直に言って、それは良い効果をもたらします。もちろん、市場と世界貿易をゆがめ、世界経済の減速につながるような制限を何もしないでやるのがよいでしょう。しかし、一般的にロシアの鉱物資源開発計画の実施が開発の邪魔になることはないでしょう。
 
John Fraher: But do you not worry? Yes, you are right, the Yamal LNG story has been very successful to date, and no one doubts the fact that there are lots of deep oil and gas reserves in the Arctic, but getting them out of the sea is extremely expensive. Yes, it’s there, but do you think it is going to be economically viable for Russia to do this given the head… that we have talked about: sanctions, energy transition, etc.?
Vladimir Putin: I have told you that we do not see the transition. What we see is the man’s efforts to develop alternative energy sources, but so far there is no critical transition from hydrocarbons to renewable sources – critical from the standpoint of those who produce oil, gas and coal. This is not even about oil, gas or residual oil. Currently, thermal power stations are using coal, not even residual oil, oil or gas. And gas, by the way, is the most eco-friendly type of fuel of all the hydrocarbon sources.
Coal is the most common fuel the world is burning today, and this is what we have to think about. And the volume of this remains the same. Some countries are reducing it, but overall it is not changing worldwide. This is the issue to consider. Basically, I do not see any threats here. By the way, here in Russia we are working to develop alternative energy sources as well; we are making an active effort and will continue to do so. But I do not see any threat here, there isn’t any. 
Speaking of high costs, you mentioned oil production in, say, the United States. But we know how oil is extracted there – by hydraulic fracturing, the most environmentally hazardous method of extracting hydrocarbons. In certain US states, where oil is extracted using this method, people have dark sludge instead of clean tap water – you probably know this better than me. Efforts are probably made to rectify this, but it is a difficult task. The profitability of oil extracted using this method is much higher than extracting oil and gas in Russia in the most remote regions. That is why we feel confident in this regard.
What’s more, if oil falls below $40, oil production profitability and extraction growth will be questioned. Of course, technology is advancing, and the cost of such production will drop and fall below $40 a barrel; maybe it will be at $35–40 – but oil production costs are lower in Russia anyway, let alone gas; I won’t even cite figures so that I don’t scare anyone. It is much lower than in the United States or Europe, and even in certain oil-producing countries in the Middle East.
John Fraher:でも心配いりませんか。そう、Yamal LNGの話はこれまで非常に成功してきました。北極圏には大量の石油と天然ガスの埋蔵量があることを疑う人はいませんが、海から持ち出すのは非常に費用がかかります。はい、それはありますが、私たちが語った制裁、エネルギー転換などを考えれば、ロシアがこれを行うことが経済的に実行可能になると思いますか?
 
ウラジミール・プーチン大統領:私たちは移行を見ていないとあなたに言った。私たちが見ているのは代替エネルギー源を開発しようとする人の努力ですが、これまでのところ、炭化水素から再生可能資源への重大な移行はありません。これは石油、ガスあるいは残油についてさえもありません。現在、火力発電所では石炭を使用していますが、石油、石油、ガスの残量でさえありません。ところで、ガスはすべての炭化水素源の中で最も環境に優しい燃料です。
 
石炭は今日世界が燃やしている最も一般的な燃料です、そしてこれは我々が考えなければならないことです。そしてこれの量は変わりません。いくつかの国はそれを減らしています、しかし全体的にそれは世界的に変わっていません。これは考慮すべき問題です。基本的に、私はここで脅威を見ません。ところで、ここロシアでは、代替エネルギー源の開発にも取り組んでいます。私たちは積極的に努力しており、これからも続けていきます。しかし、ここでは何の脅威も見ていません。
 
高コストと言えば、アメリカでの石油生産について言及しました。しかし、石油がそこでどのように抽出されるかを知っています – 水圧破砕、炭化水素を抽出する最も環境的に危険な方法によって。この方法で石油が抽出される米国の州では、きれいな水道水ではなく暗いスラッジがある人もいます – おそらく私よりも知っているでしょう。おそらくこれを修正するための努力がなされていますが、それは困難な作業です。この方法を使用して抽出された石油の収益性は、最も遠隔地にあるロシアで石油およびガスを抽出するよりもはるかに高いです。だからこそ私たちはこの点に自信を持っています。
 
さらに、石油が40ドルを下回ると、石油生産の収益性と採掘量の増加が問題になります。もちろん、技術は進歩しており、そのような生産のコストは1バレル当たり40ドルを下回って下がるでしょう。多分それは35  –  40ドルになるでしょう – しかし、石油生産コストはとにかくロシアでより低いです、ガスはもちろん。誰かを怖がらないように、私は数字さえ引用しません。それはアメリカやヨーロッパ、そして中東の特定の産油国でさえもはるかに低いです。
 
John Fraher: And one final question for you on the Arctic energy. Given that it is still quite expensive to get oil and gas out of the Arctic, and given these problems we have talked about, are there any tax breaks for Russian companies to make it all worthwhile? Can we expect more of them?
Vladimir Putin: I have already said that we are planning to create, are creating and will keep creating an environment that is beneficial for the companies working in the harsh Arctic conditions. This is not just about underdeveloped infrastructure, but about the need to invest in technology that would 100 percent ensure the conservation of nature. It is so fragile in the Arctic region; we all know that, every colleague of mine sitting here knows all about it. That is the first thing.
Second, when organising work like this, we have to think about the interests of the indigenous peoples of the North. Their interests are an additional burden on the companies, and the state must take on that burden to a large extent as well.
<…>
John Fraher:それから北極エネルギーについてのあなたへの最後の質問です。北極圏から石油やガスを排出するのは依然としてかなりの費用がかかることを考えると、これらの問題について私たちが話してきたことを考えれば、ロシア企業がそれをすべて価値あるものにするための減税はありますか。もっと期待できるでしょうか。
 
ウラジミール・プーチン:私たちは、過酷な北極圏の状況で働いている企業にとって有益な環境を創造し、創造し、そしてこれからも創造し続けることを計画しているとすでに言った。これはインフラの整備が遅れているだけではなく、自然保護を100%保証するための技術への投資の必要性についてです。北極地方ではとても壊れやすいです。ここに座っている私の同僚は誰もがそれについてすべて知っています。それが最初のことです。
 
第二に、このような仕事を組織するとき、私たちは北の先住民族の利益について考えなければなりません。彼らの利益は企業にとっての付加的な負担であり、州もその負担を大いに負わなければなりません。
 
<…>
 
John Fraher: President Putin, do you want to get in on that? [John Fraher’s discussion with Norwegian Prime Minister, President of Iceland, Swedish Prime Minister and President of Finland].
Vladimir Putin: Yes, I do; actually, I am eager to.
Once again we return to sanctions, to Crimea and so forth. If I am not mistaken, Crimea is not part of the Arctic region, but I would like to say a few words nevertheless. We all came here to discuss issues related to the Artic region. We would not like to see the Arctic turn into something akin to Crimea and Crimea turn into a desert as a result of certain measures not being taken in time (and a crime, as is well known to lawyers, can either be an act of commission or an act of omission), as a result of our criminal omission. That is what all of us must think about today. That is what all of us are discussing today, too.
These are not just empty words, by the way; if you take a look at the sediments discovered in the Arctic, you will find the remains of tropical plants, tropical animals. This means, this happened before, some time in history. We must understand what is going on with the planet, and act together accordingly.
I will make another historical digression. A lot of time has passed since our reformer Peter the Great and romantic King Charles XII of Sweden fought against each other and divided the territories. Now there are problems that we are discussing today that can only be resolved through concerted effort. This is the reason we’re meeting here today. I think our meeting will be useful. 
As for the EU and the exchange of sanction strikes, you are certainly aware of things. Bloomberg cannot fail to know this. Based on European Commission estimates, I think in 2015 or 2016 the European Union lost about 50 billion euros, while Russia lost about 25–26 billion euros. It is clear that the EU is losing more than us. 
The German numbers, in the estimate of analysts from Germany, missed gains run as much as 56 billion, whereas ours are three times less. But we are not happy about losing less. No, I am saying that there are common losses and this means real damage. 
Now, regarding the very character of the sanctions.
John Fraher:プーチン大統領、あなたはそれに参加したいですか? [John Fraherのアイスランド大統領、スウェーデン首相、フィンランド大統領とのノルウェー首相の話し合い]
 
プーチン大統領:はい、そうです。実際に、私は熱心です。
 
もう一度私たちは制裁、クリミアなどに戻ります。私が間違っていなければ、クリミア半島は北極地方の一部ではありませんが、それでもいくつかの単語を言いたいのです。私達はみんなArtic地域に関連する問題を議論するためにここに来ました。北極圏がクリミア半島に似たものになり、クリミア半島が砂漠になるのは間に合わないとは思わない(弁護士にはよく知られているように、犯罪も委員会の行為となり得る)。または私たちの刑法上の省略の結果としての省略行為)それが私たち全員が今日考えなければならないことです。それが私たち全員が今日議論していることです。
 
ちなみに、これらは単なる空の単語ではありません。北極圏で発見された堆積物を見ると、熱帯植物、熱帯動物の遺跡が見つかります。これは、過去のある時期に起こったことを意味します。私たちは地球で何が起こっているのかを理解し、それに応じて一緒に行動しなければなりません。
 
もう一つ歴史的な話をします。私たちの改革者ピーター大帝とスウェーデンのチャールズXII王が互いに闘って領域を分けたので、多くの時間が経過しました。今、私たちが今日議論している問題があり、それは協調した努力によってのみ解決することができます。これが私たちが今日ここで会う理由です。私たちの会議は役に立つと思います。
 
EUと制裁措置の交換に関しては、あなたは確かに物事を認識しています。ブルームバーグはこれを見逃すことはできません。欧州委員会の推定によると、2015年または2016年に、欧州連合は約500億ユーロを失い、ロシアは約250〜260億ユーロを失ったと思います。 EUが私たちより多くを失っていることは明らかです。
 
ドイツのアナリストの推定では、ドイツの数字は560億ドルもの見込みのない逃走でしたが、私たちの数字は3倍少なくなっています。しかし、私たちは負けを減らすことに満足していません。いいえ、私は一般的な損失があると言っています、これは本当の被害を意味します。
 
今、制裁のまさしくその性格に関して。
 
First, for any sanction to be legal it needs to be authorized by the UN Security Council. But this is not happening, so they are illegal. This is the first point.
And now the second point that I consider the most important one. For some reason nobody imposes sanctions for interfering in the domestic affairs of other countries, for disrupting internal political life or for shattering entire states. Nobody imposes sanctions against those who reduce countries to a position where they are compelled to take certain measures to protect their interests.
Let’s just return to the observance of the basic rules of international law and the UN Charter. Probably, in this case there will be no need to think about the aftermath of bombing Yugoslavia or other things linked to such flagrant violations of international law and their consequences. 
Let’s simply return to normal political life and realise that the world is interdependent and that we should work together to achieve a common result.
John Fraher: Mr President, you are known everywhere as a realist, as a pragmatist; you might not feel like sanctions are fair, but a lot of European powers still feel strongly that they need to stay in place. What is your feeling on how long these sanctions are going to last? Are they going to last ten more years? Is this Russia’s future as far as the eye can see?
Vladimir Putin: Russia’s future does not depend on sanctions. Russia’s future only depends on how effectively we will be able to transform our political system, how democratic it will be, how well it will bring to the surface the healthiest forces in society and the creative energy of our citizens. On how effectively we will be able to harness it, how well we will be able to utilise the internal resources of the Russian economy.
I said that we invested over 600 billion last year (637, I think) in import replacement. And it has been effective. We have great science and education. We must keep it all in proper shape and move forward. And I am confident that we can do so, including when implementing the national projects.
第一に、いかなる制裁も合法であるためには、国連安全保障理事会によって承認される必要があります。しかし、これは起こっていないので、彼らは違法です。これが最初のポイントです。
 
そして今、私が最も重要なことを考えているという2番目のポイント。何らかの理由で、他の国の内政を妨害したり、国内の政治生活を妨害したり、国家全体を粉砕したりすることに対して制裁を科す者は誰もいません。自国の利益を保護するために特定の措置を講じることを余儀なくされている立場に国を縮小した人々に対して制裁を課す者は誰もいません。
 
国際法の基本規則と国連憲章の遵守に戻りましょう。恐らく、この場合、ユーゴスラビアの爆撃の余波や、そのような国際法のそのような過激な違反に関連する事柄について考える必要はないでしょう。
 
単純に通常の政治生活に戻り、世界は相互依存的であり、共通の結果を達成するために私たちは共に取り組むべきであることを認識しましょう。
 
John Fraher:大統領、あなたはいたるところで現実主義者として、実用主義者として知られています。制裁が公正であるとは思わないかもしれませんが、欧州の大国の多くは、依然として制裁を維持する必要があると強く感じています。これらの制裁がどのくらい続くのかについて、あなたの気持ちは何ですか?彼らはもう10年続くのだろうか?このロシアの未来は目に見える限りですか?
 
プーチン大統領:ロシアの将来は制裁に依存していない。ロシアの将来は、私たちがどれだけ効果的に私たちの政治体制を変えることができるか、それがどれほど民主的になるか、社会の中で最も健康的な力と市民の創造的エネルギーを表面にもたらすかにかかっています。それをいかに効果的に利用することができるか、ロシア経済の内部資源をどれだけうまく利用することができるかについて。
 
私は昨年、輸入代替品に6,000億ドル(637、私は思う)を投資したと述べました。そしてそれは効果的です。私たちは素晴らしい科学と教育を受けています。私たちはそれをすべて正しい形に保ち、前進しなければなりません。そして私は、国家プロジェクトを実施する時も含めて、私達がそうすることができると確信しています。
 
Sanctions (if we want them to work) are a tool which must be in the sole possession of the United Nations Security Council. All other matters should be resolved through dialogue rather than imposing one’s own agenda on other countries. That is all there is to it. 
Today, sanctions are being used not as a tool of geopolitical struggle but simply as an element of competition. Take Nord Stream 2, for example. Our US friends are fighting it. But it is definitely profitable for our European partners. “No, do not build it!” It is hard to work with the European Union as there are many countries there and nearly everything is decided by consensus.
We have already worked with Turkey to build TurkStream along the Black Sea bed. TurkStream will launch later this year. Yet we still cannot come to terms with the Europeans. Our US partners opposed, in exactly the same way, the “pipes for gas” project in the 1960s that we pursued with the Federal Republic of Germany. It was exactly the same.
It was the same with Nord Stream 1. What would global energy look like now if there were no Nord Stream 1? I can give you the answer. Prices would be even higher than they are now, simple as that. Do you want to buy mineral resources at higher prices? No.
I do not know what else should be done to pressure the European countries. Only to make up the difference between our natural gas and US LNG from their national budgets because it is impossible under market conditions to make customers buy 30 percent more expensive goods. It is impossible, they will just refuse to buy. Households will not simply pay up. 
So what must be done to break even? To cover the difference with funds from the budget. But this is the height of cynicism. I think if things keep going like this, it will happen. But it is not our choice, it is our European partners’ choice.
How about demands to increase defence spending? What do you think this is connected with? Do you think it is connected with the overall deterioration of the international situation? No, it is just a pretext. The main motive is to fill up the US military-industrial complex with additional European money. This is where the main answers lie.
And for this not to happen, let us go back to abiding by the elementary norms of international law. We have spoken about that many times.
<…>
制裁は(私たちがそれらを機能させたいのであれば)国連安全保障理事会の唯一の所持でなければならないツールです。他のすべての問題は、自分の議題を他の国に課すのではなく、対話を通して解決されるべきです。それだけです。
 
今日、制裁は地政学的闘争の道具としてではなく、単に競争の要素として使われています。例えばNord Stream 2を取ります。私たちのアメリカの友達はそれを戦っています。しかし、それはヨーロッパのパートナーにとって間違いなく有益です。 「いいえ、それを構築しないでください!」そこに多くの国があり、ほとんどすべてがコンセンサスによって決定されるように欧州連合と働くことは困難です。
 
私たちはすでにトルコと協力して、黒海のベッドに沿ってTurkStreamを構築しました。 TurkStreamは今年後半に発売される予定です。それでも私たちはまだヨーロッパ人と契約を結ぶことができません。私たちのアメリカのパートナーは、私たちがドイツ連邦共和国と共に追求した1960年代の「ガス用パイプ」プロジェクトに全く同じ方法で反対しました。まったく同じでした。
 
Nord Stream 1と同じでした。NordStream 1がなければ、グローバルエネルギーは今どのようになるでしょうか。私はあなたに答えをあげることができます。価格は現在よりもさらに高くなるでしょう。あなたはより高い価格で鉱物資源を買いたいですか?いいえ
 
私はヨーロッパ諸国を圧迫するために他に何をすべきかわからない。市場の状況下では、顧客に30%以上の高価な商品を購入させることは不可能であるため、私たちの天然ガスと米国のLNGの差を国の予算から補うためだけです。それは不可能です、彼らはただ買うのを拒否します。世帯は単に支払いをしません。
 
それでは、破るためになにをしなければなりませんか予算からの資金との違いをカバーするために。しかし、これは皮肉の高さです。物事がこのように進行し続けるならば、それは起こるだろうと思います。しかしそれは私たちの選択ではなく、ヨーロッパのパートナーの選択です。
 
防衛費を増やす要求はどうですか。これは何に関連していると思いますか?あなたはそれが国際情勢の全体的な悪化と関連していると思いますか?いいえ、それは単なる口実です。主な動機は、追加のヨーロッパのお金でアメリカの軍事産業複合体を埋めることです。これが主な答えがあるところです。
 
そしてこれが起こらないようにするために、国際法の基本規範を遵守することに戻りましょう。私たちはそれについて何度も話しました。
 
<…>
 
John Fraher: President Putin, with apologies to the rest of the panel, there are a few international topics that I’d just like to focus on for a moment. I know that the last time that we met in Moscow, a year and a half ago, you scolded me for monopolising too much of your time at the expense of your guests, but I promise I will get back to the Arctic, I will not monopolise you too much. But the first thing I would like to talk to you about is actually relevant to the conversation we’ve had here. You talked earlier about energy prices, and Russia is keeping the world guessing in terms of what it is going to do about production cuts. We have an OPEC meeting coming up in June. Can I first ask you, do you agree with your Energy Minister that oil prices, as they stand now, are broadly acceptable for Russia?
Vladimir Putin: I think the Russian Ministry of Energy should agree with my opinion. I would prioritise our work appropriately. And I must tell you that common practice in the Russian Government is to always keep in touch, always discuss these issues collectively, keeping in mind the interests of the Russian economy and its various sectors.
We do not advocate the uncontrolled growth of prices, because even though we aim to diversify the Russian economy, even now, it is not entirely dependent on oil and gas, but also on industrial production. But domestic industrial production is also affected by exorbitant price increases.
Therefore, we are balanced on the development of the global energy market. We are quite satisfied with today’s prices, and we see production volumes in the United States growing. Yes, the United States consumes significantly more than we do. We produce 11.5 million barrels per day, but in the US, output is even higher now.
This situation suits us as it is today, but we closely watch the market of course, together with our partners, primarily the major oil producers like Saudi Arabia and the Gulf states. We agreed that if cooperation is required, we will meet and discuss it in the second half of the year.
In any case, we are ready to cooperate further with OPEC to work out common solutions. I would be that careful with wording. We will be ready to continue cooperating. As to whether that cooperation implies another decrease, or keeping production flat as it is now, I cannot say yet.
John Fraher:プーチン大統領、パネルの残りの部分をお詫び申し上げます、私がしばらくの間焦点を当てたいと思ういくつかの国際的なトピックがあります。私たちが1年半前にモスクワで最後に会った時、あなたはあなたのゲストを犠牲にしてあなたの時間の大部分を独占したと叱ったことを知っています、しかし私は北極に戻ることを約束します。あなたを独占し過ぎます。しかし、最初にお話ししたいのは、実際にここで行った会話に関連しています。あなたは以前にエネルギー価格について話しました、そしてロシアはそれが生産削減に関して何をするつもりであるかという点で世界を推測し続けています。 6月にOPEC会議が開催されます。私は最初にあなたに尋ねることができますか、あなたはあなたのエネルギー相に、現在の通り、石油価格はロシアにとって広く受け入れられるものであるということに同意しますか?
 
ウラジミール・プーチン大統領:ロシアのエネルギー省は私の意見に賛成すべきだと思う。私は自分の仕事に適切な優先順位を付けます。そして私は、ロシア政府とその様々な部門の利益を念頭に置いて、常に連絡を取り合い、常にこれらの問題を討議することが、ロシア政府における一般的なやり方であることを伝えなければなりません。
 
ロシア経済の多様化を目指しているにもかかわらず、それが石油とガスだけでなく工業生産にも完全に依存しているわけではないため、私たちは価格の無制限な成長を主張していません。しかし、国内の鉱工業生産も法外な価格上昇の影響を受けています。
 
したがって、私たちは世界のエネルギー市場の発展のバランスを取っています。今日の価格には非常に満足しており、米国での生産量が増加しています。はい、アメリカは私たちよりもかなり多くを消費します。私たちは1日あたり1150万バレルを生産しています、しかし米国では、生産高は現在さらに高まっています。
 
この状況は今日のように私たちには合っていますが、私たちはパートナーと一緒に、もちろんサウジアラビアや湾岸諸国のような主要な石油生産者と共に、もちろん市場を注意深く見ています。我々は、協力が必要であるならば、我々は年の後半にそれに会い、議論することに同意した。
 
いずれにせよ、我々は共通の解決策を考え出すためにOPECとさらに協力する準備ができている。私は言葉遣いには慎重になるでしょう。我々は協力を続ける準備ができているでしょう。その協力がもう一つの減少を意味するのか、それとも生産を今のように横ばいに保つのかについては、まだ言えません。
 
We have plans for our companies to develop new deposits, and we also approach this carefully. We understand that production should not stop, investment should flow into the industry, otherwise it can also create problems for us and for the global energy industry. So, we will find balanced solutions. But we will continue to cooperate with OPEC.
And I would still like to return to your previous question about these tensions. In reality, I do not see any particular military tensions here in the Arctic. They do not exist. The only thing is that NATO held the region’s largest exercises. This is true. We do not conduct such exercises in the region. We held large-scale exercises but very far from NATO’s zone of responsibility. It was in the East. This is the first point. 
Second, I would like everyone to know that we invite foreign observers to all of our exercises without exception. Always. We have certain agreements. We have always had them.
Now about aircraft. Our combat aircraft do not fly over Norwegian territory. They have not and, I hope, will not fly there. Yes, they fly in the neutral air space. The aircraft of the country near which our aircraft routes pass, accompany them. Madame Prime Minister is right. We also accompany NATO aircraft if they fly near our borders or ships. So I do not see any major threats here. These activities should simply be kept under control.
As a representative of a neutral country, the President of Finland suggested some time ago that war planes should fly with switched on transponders, that is, devices that identify aircraft. We agreed and instantly submitted this proposal in the framework of our relations with NATO. NATO’s reply was negative. Go and ask them why they do not agree.
I think this is an absolutely sound proposal. Technically, this is not a simple solution but I gave relevant instructions to the General Staff and the Defence Ministry and they are ready to implement them. Let NATO do the same. In this case it will be clear what aircraft, military aircraft, is flying and where it is located at any given moment. We are an order of magnitude less active in the Baltic and the Arctic than NATO. It is necessary to know this.
私達は私達の会社が新しい預金を開発することを計画しています、そしてまた我々はこれに慎重に取り組みます。我々は、生産が止まるべきではなく、投資が業界に流れ込むべきであることを理解しています。だから、私たちはバランスの取れた解決策を見つけるでしょう。しかし、我々は今後もOPECと協力していきます。
 
そして、私はまだこれらの緊張についてのあなたの前の質問に戻りたいと思います。現実には、ここ北極圏では軍事的な緊張は見られません。それらは存在しません。唯一のことは、NATOがこの地域で最大の演習を行ったことです。これは本当です。私たちはこのような演習を地域では行っていません。私たちは大規模な演習を行いましたが、NATOの責任範囲からは程遠いものでした。東にありました。これが最初のポイントです。
 
第二に、私たちは例外なく私たちのすべての演習に外国人のオブザーバーを招待することを皆さんに知ってもらいたいです。常に。我々は一定の協定を結んでいます。私たちはいつもそれらを持っていました。
 
今航空機について。私たちの戦闘機はノルウェー領土の上空を飛行しません。彼らは持っていませんし、飛ばないでしょう。はい、彼らは中立的な空中を飛んでいます。私たちの航空機のルートが通過する国の航空機は、それらを同行します。マダム首相は正しいです。 NATOの航空機が私たちの国境や船の近くを飛んでいる場合も同行します。それで、私はここで大きな脅威を見ません。これらの活動は単に管理下に置かれるべきです。
 
中立国の代表として、フィンランド大統領はしばらく前に、戦闘機がトランスポンダー、すなわち航空機を識別する装置のスイッチを入れて飛ぶべきであると提案しました。私たちはNATOとの関係の枠組みの中でこの提案に同意し、即座に提出しました。 NATOの返事は否定的だった。彼らが同意しない理由を尋ねて尋ねなさい。
 
これは絶対に正しい提案だと思います。技術的には、これは簡単な解決策ではありませんが、私は一般職員と国防省に適切な指示を与え、それらを実行する準備が整いました。 NATOも同じようにしましょう。この場合、どの航空機(軍用機)が飛行していて、それがどの瞬間にどこにいるのかが明らかになります。私たちはバルト海と北極圏ではNATOよりも桁違いに活動的です。これを知っておく必要があります。
 
John Fraher: Can I just bring you back one last time to OPEC and then we can move on. It sounds like you still stay much in wait-and-see mode when it comes to production cuts, but do you think that the crises that we are seeing in Venezuela, in Iran and now in Libya mean that cuts are no longer needed to support prices? Did they make it less likely that we will need cuts to support prices?
Vladimir Putin: Yes, of course, we are thinking about it. Indeed, the crisis in Venezuela and Iran, but actually, there is no crisis in Iran – only the sanctions that restrict the country’s access to world markets. In some African countries, including Libya, yes, we see all this and take it into account. And this is what I had in mind when I said that we would closely monitor the market. We also keep in mind that the global consumption of hydrocarbons, including oil, increases in the summer. We will see.
But at this time the world’s reserves do not require any special action. Our companies have plans, as I said, to develop new deposits, so we must also consider this and assist our companies. We can provide different kinds of assistance. They can start drilling now, or we can ensure them a break-even or profitable operation using various state support tools. We have our own opinions on this. We will closely monitor the market, and will make decisions based on the situation. But cooperation with OPEC will continue.
John Fraher: So, I will give this question one last attempt. So the big question is, will Russia agree to extend production cuts to the end of September? Is that more likely or less likely?
Vladimir Putin: We haven’t actually reduced it, just refrained from increasing it. But if the market situation develops in such a way that reserves increase dramatically, for example, if the United States were to seize Venezuelan oil and quickly increase availability in world markets, load their own refineries to capacity, and channel their oil to the world market.
Or these may be some other positive developments, let’s say in Libya, from the political point of view, suppose the country stabilises overall, and enters world markets. Or suddenly, someone decides it’s time to let up on Iran, but to try and create conditions for Iran and Israel to agree somehow, and the situation normalises, and Iran sends additional crude to the markets. Then we would need to consider the changes and make an appropriate decision. You are trying to squeeze a more specific answer from me – but you are not getting it. We will cooperate with OPEC and make a decision depending on the market.
John Fraher:最後にもう一度あなたをOPECに連れ戻してもらえれば、先に進むことができます。生産削減に関しては、まだまだ待ち合わせモードにとどまっているように思えますが、ベネズエラ、イラン、そして今やリビアで見られている危機は、サポートが必要でなくなったことを意味すると思いますか価格は?彼らは、価格を下支えするために値下げが必要になる可能性を低くしましたか。
 
ウラジミール・プーチン大統領:はい、もちろん、私たちはそれについて考えています。確かに、ベネズエラとイランの危機は、実際には、イランには危機はありません – 国の世界市場へのアクセスを制限する制裁のみ。リビアを含むいくつかのアフリカ諸国では、はい、私たちはこれらすべてを見て、それを考慮に入れています。そしてこれは私達が私達が市場を注意深く監視するであろうと言ったとき私が頭にいたものでした。また、夏には石油を含む炭化水素の世界的な消費量が増加することにも留意してください。様子を見よう。
 
しかし現時点では世界の埋蔵量は特別な行動を必要としません。私が言ったように、私達の会社は新しい預金を開発する計画があるので、私達はこれを考慮しそして私達の会社を援助しなければなりません。私たちはさまざまな種類の援助を提供することができます。彼らは今掘削を開始することができます、または私たちは彼らに損益分岐点または収益性の高い操作をさまざまな状態支援ツールを使って確実にすることができます。これについては私たち自身の意見があります。私たちは市場を注意深く監視し、状況に基づいて決定を下します。しかし、OPECとの協力は継続するでしょう。
 
John Fraher:それで、私はこの質問にもう1つの試みをします。それで、大きな問題は、ロシアが生産削減を9月末まで延長することに同意するのでしょうか?それは可能性が高いですか、それほどありませんか?
 
ウラジミール・プーチン大統領:実際にはそれを減らしたわけではなく、増やすのをやめただけだ。しかし、米国がベネズエラの石油を掌握して世界市場での供給を急増させようとした場合など、市場状況が埋蔵量が劇的に増加するように発展した場合。
 
あるいは、政治的観点から、リビアで、国全体が安定し、世界市場に参入したとしましょう。あるいは突然、誰かがイランをあきらめて、イランとイスラエルが何らかの形で合意する条件を整えようと試みる時が来たことを決定し、イランは追加の原油を市場に送ります。それから私達は変更を考慮し、適切な決定をする必要があるでしょう。あなたは私からより具体的な答えを絞り込もうとしています – しかしあなたはそれを得ていません。私達はOPECと協力し、市場に応じて決定を下します。
 
John Fraher: I am a journalist; I have to do my best. So I have one final question for you on international affairs before we bring it back to the Arctic.
Vladimir Putin: I beg the pardon of my colleagues, but I have nothing to do with it.
John Fraher: You can blame me, it’s all my fault, but we will get back to it.
Before this panel, we reached out to users of Bloomberg social media platform. It is called TicToc and it attracts an audience of younger news consumers around the world. A lot of the questions that we have from them were about environmental matters that we have talked about, but unsurprisingly, and I think you know what is coming here, the question of Russia’s relations with the US also came up. So I wanted to spend just a couple of minutes on that and then we will move on. 
At the Helsinki summit, Trump invited you to Washington. Now that the Mueller report is out of the way, do you think that Trump would be better able to deliver on his promise of good relations with Russia? And are you expecting an invitation to the White House this year?
Vladimir Putin: You know, we have a good book called The Twelve Chairs and there is a line in it: “Come visit us, my old mother will be very happy. But he did not leave his address.” 
The time must be ripe. We said from the very start that this notorious commission of Mr Mueller will not find anything because nobody knows this better than us. Russia has not interfered in any elections in the United States. This is the first point.
Second, there was no collusion between Trump and Russia, which is what Mr Mueller was looking for. I was not acquainted with Mr Trump. Yes, he came to Moscow but as a businessman and, frankly speaking, this was not a big event for us. This is sheer nonsense designed exclusively for domestic consumption and used in the internal politics of the US. 
So we knew a mountain was being made out of a molehill, so to speak, because we knew how it would end beforehand. I was telling you this the whole time. Now it has come to pass, but it did not make the domestic political situation in the US any easier. Now new excuses are being sought to attack President Trump.
It seems to me (excuse the digression) that this points to something of a crisis in the US political system itself. Look at what is happening. The groups that are attacking the duly elected President do not agree with the choice made by the American people. They are nullifying the result.
This amounts to a crisis of the political system. We have never seen anything like this in US history before. Yes, there may be a fierce campaign but once a nominee wins, everyone accept it. This was always the case and all people united around the head of state to meet common national challenges. We are not seeing anything of the kind in the US now. On the contrary, the rift is deepening.
Do you understand what happened? They put their group or party interests above the national interest. This is what happened.
I am not at all defending President Trump. Our positions differ on lots of issues. Numerous sanctions have been introduced against Russia under his administration. Naturally, we do not and will never agree with this and consider it counterproductive. But if full-scale, equitable dialogue between the US and Russia is restored, including the discussion of disarmament issues that are of interest both to us and all humankind, we will only be too happy. We are ready for this.
John Fraher:私はジャーナリストです。私は最善を尽くす必要があります。それで私たちがそれを北極圏に持ち帰る前に、私はあなたに国際問題についての最後の質問を1つ持ちます。
 
ウラジミール・プーチン大統領:私は同僚の恩赦を懇願するが、私はそれとは何の関係もない。
 
John Fraher:あなたは私を責めることができます。それはすべて私のせいですが、私たちはそれに戻ります。
 
このパネルの前に、私たちはブルームバーグのソーシャルメディアプラットフォームのユーザーに手を差し伸べました。それはTicTocと呼ばれ、世界中の若いニュース消費者の観客を魅了しています。私達が持っている多くの質問は私達が話してきた環境問題に関するものでした、しかし驚くことではありません、そしてあなたがここに来ていることを知っていると思います、ロシアとアメリカの関係の問題も出ました。それで私はそれにわずか数分を費やしたかった、そしてそれから我々は先へ進む。
 
ヘルシンキサミットで、トランプはワシントンにあなたを招待しました。ミュラー報告が邪魔になっている今、あなたはトランプがロシアとの良好な関係の彼の約束を成し遂げることができるだろうと思いますか?そして、あなたは今年ホワイトハウスへの招待を期待していますか?
 
ウラジミール・プーチン大統領:私たちには「十二のいす」という本があり、その中には次のような行があります。しかし、彼は住所を残しませんでした。」
 
時間は熟している必要があります。私達は最初から、ミューラー氏のこの悪名高い委員会は何も見つけることができないと言った。ロシアは米国のいかなる選挙にも干渉していない。これが最初のポイントです。
 
第二に、トランプとロシアの間に共謀はなかった、それはミューラー氏が捜していたものです。私はトランプ氏と知り合いではありませんでした。はい、彼はモスクワに来ました、しかしビジネスマンとして、そして率直に言って、これは私達にとって大きな出来事ではありませんでした。これは国内消費専用に設計され、米国の国内政治で使用される全くナンセンスです。
 
それで、私たちは山が荒野から作られているのを知っていました。ずっとこれを言っていました。今やそれは過ぎ去りました、しかしそれは米国の国内政治情勢を少しも容易にしませんでした。現在、トランプ大統領を攻撃するための新たな言い訳が求められています。
 
これは、米国の政治体制自体が危機に瀕していることを示しているように思われます(余談を言い訳)。何が起こっているのか見てください。正当に選ばれた大統領を攻撃しているグループはアメリカの人々によってなされた選択に同意しません。彼らは結果を無効にしています。
 
これは政治体制の危機に相当する。私達はこれまでにアメリカの歴史でこのようなことを見たことがありません。はい、激しいキャンペーンがあるかもしれませんが、候補者が勝ったら、誰もがそれを受け入れます。これは常に当てはまり、すべての人々が国家の頭の周りで団結して共通の国家的課題に対処しました。私たちは今アメリカでこの種のものを見ていません。それどころか、亀裂は深まっています。
 
あなたは何が起こったのか理解していますか?彼らは彼らのグループまたは党の利益を国益よりも上に置きます。これが起こったことです。
 
私はトランプ大統領をまったく擁護していません。私たちの立場は多くの問題で異なります。彼の政権下でロシアに対して多数の制裁が導入されている。当然、私たちはこれに賛成しないし、また決して賛成できず、それを逆効果と見なします。しかし、私たちとすべての人間にとって関心のある軍縮問題の議論を含め、米国とロシアの間の本格的で公平な対話が回復したならば、私たちはあまりにも幸せになるでしょう。これで準備は整いました。
 
John Fraher: President Trump says he feels vindicated by the Mueller report. President Putin, on a personal level, after everything that has happened – President Trump calls it a witch hunt – after everything that has happened, do you feel happy for him on a personal level? On the outcome of the Mueller report?
Vladimir Putin: President Trump knows best. We know from US history what a witch hunt is. It is a dark chapter in US history. We would rather it never repeats.
John Fraher: I have one final question on this. At the famous Helsinki press conference… One more, last one, I promise. You said that you hoped Trump would win the 2016 election because he promised to make relations with Russia better. Right now, do you want him to win again in 2020?
Vladimir Putin: You know, I have already said that we disagree on many international issues, on problems related to the resolution of some crises. But we also have some elements of cooperation. However different the approaches we take to settling the Syrian crisis, there is still cooperation there, we work together.
We have common problems in the Arctic, and we have gathered here, by the way, to solve and discuss them. The United States has many interests of its own in the Arctic zone. We face many problems related to climate change in general. We know that the US did not sign the Paris Agreement, and the US Administration has its own reasons and logic. I am not among those who feel the current Administration should be attacked for this, we just need to engage in dialogue.
And in that case I think we will be able to try to find a common solution. Because it is hard to expect effective work from the international community without US participation in the process, or China’s or India’s participation, for example. The US is a big emitter. It is obvious, and we must acknowledge it. This is why a solution must be found, the US should be brought on board and invited to engage in dialogue. On the whole, as I see it, Mr Trump does not refuse. That is number one, and even number two.
Third, I feel that many bilateral matters are currently perceived under the pressure of the domestic political situation. We hope when the situation gets back to normal, prospects will open for cooperation, including bilateral, on the issues I mentioned. And they include terrorism, epidemics and the environment. Actually, there are many issues, including arms control.
I think we are all interested in that but we will start working when the conditions in the US are right. It does not depend on whether we want it or not. What does that even mean, to want it or not? This is not an area where such categories can be applied. We respect the choice of the American people. We are ready to work with their president whoever it might be.
John Fraher:トランプ大統領は、彼がミュラーの報告書に立証されていると感じていると言います。個人的にはプーチン大統領は、起こったことすべての後に – トランプ大統領はそれを魔女狩りと呼んでいます – 起こったことがすべての後に、あなたは個人的なレベルで彼に幸せを感じますか?ミュラー報告の結果について
 
プーチン大統領:トランプ大統領は最もよく知っている。私たちはアメリカの歴史から魔女狩りとは何かを知っています。それはアメリカの歴史の中で暗い章です。二度と繰り返さないようにしたいのです。
 
John Fraher:これについて最後の質問があります。有名なヘルシンキ記者会見で…もう1つ、最後の1つ、私は約束します。あなたはトランプがロシアとの関係をより良くすることを約束したのでトランプが2016年の選挙に勝つことを望んだとあなたは言った。今、あなたは彼が2020年に再び勝利することを望みますか?
 
ウラジミール・プーチン大統領:あなたが知っている、私はすでにいくつかの危機の解決に関連する問題に関して、私たちが多くの国際的な問題に同意しないと言った。しかし私達にはまた協力のいくつかの要素があります。シリアの危機を解決するために私たちがとっているアプローチが異なっても、そこにはまだ協力があり、私たちは一緒に働きます。
 
私たちは北極圏に共通の問題を抱えています、そして、ここに集まって、それらを解決し議論するために。米国は、北極圏で多くの利益を持っています。私たちは一般的に気候変動に関する多くの問題に直面しています。我々は、米国がパリ協定に署名しなかったことを知っています、そして、米国管理はそれ自身の理由と論理を持っています。私は現在の政権がこのために攻撃されるべきであると感じる人たちの中にいません、私たちはただ対話に従事する必要があります。
 
そしてその場合、私たちは共通の解決策を見つけることを試みることができるだろうと思います。例えば、米国のプロセスへの参加、あるいは中国やインドの参加なしには、国際社会からの効果的な活動が期待できないからです。米国は大きな排出国です。それは明白です、そして我々はそれを認めなければなりません。これが解決策を見いださなければならない理由であり、米国は船上に持ち込まれそして対話に従事するように招かれるべきである。全体的に見て、トランプ氏は拒否していません。それが一番、そして偶数が2番です。
 
第三に、多くの二国間の問題が国内の政治情勢の圧力の下で現在認識されていると感じます。状況が正常に戻ったとき、私が述べた問題について、二国間を含む協力の可能性が広がることを期待しています。そしてそれらにはテロ、流行、そして環境が含まれます。実際には、軍備管理を含む多くの問題があります。
 
私たち全員がそれに興味を持っていると思いますが、米国の状況が正しければ私たちは働き始めるでしょう。欲しいかどうかには依存しません。それが何を意味するのか、それが欲しいのかどうか?これは、そのようなカテゴリを適用できる領域ではありません。私たちはアメリカ人の選択を尊重します。私達は彼らの大統領と一緒に働く準備ができています。
 
John Fraher: I’ve been told that we are coming to the end of our time, so I would like to close by asking each of you, perhaps in 90 seconds, or as short as you can, to sum up, I guess to answer this question. As the Arctic opens up… One moment. President Putin.
Vladimir Putin: Excuse me, there is something very important, as far as the Northern Sea Route is concerned. Say it takes you 33 days to get from Yokohama to Rotterdam via the Indian Ocean and 20 days via the Northern Sea Route, as the distance between these cities via the Northern Sea Route is slightly over 7,000 kilometres – 7,300 – and is almost 12,000 kilometres via the Indian Ocean. This is the point – it saves you a lot of fuel and time, and so, of course, it will be very attractive not only to China, Japan, South Korea and Indonesia but it may even evolve into a very interesting and promising area of international cooperation that will bring people together, rather than drive them apart. 
John Fraher: Understood. 
So as we wrap up, I would like to ask each of you to tell me, perhaps in 90 seconds, what you see as the biggest opportunity as the Arctic opens up and the biggest risk or the biggest source of worry, as the Arctic opens up.
Vladimir Putin: I believe the development of the Arctic is likely to give us the following main advantages.
First, as I mentioned earlier, these are global resources and they should work for the benefit of humankind. It is important that they are used in the service of humankind, in keeping with certain international rules and agreements between the countries of the region and other players. This is the most important thing, on a par with the need to make use of additional transit and communications opportunities.
I believe the main threat is, primarily, the threat to the environment. We are worried about polar bears. This is a figure of speech; we are worried about the fauna in general, as risks related to warming and, probably, to the development of the Arctic and economic activity in the area will grow. We must take this into consideration. That is why it is so important that we have gathered today and will continue to meet, including at the Arctic Council headed by our colleague to my left. 
All decisions by the Arctic Council are nothing more than recommendations but these are very important recommendations, which have great moral and political significance and all players implementing their national projects cannot fail to take them into account. This work has to be coordinated. So, cooperation in the Arctic offers a good example – and it is also an important advantage – of how we can jointly look for solutions to the issues on the global agenda.
Thank you very much. I would like to express my gratitude to you and my colleagues who came to St Petersburg today to discuss these issues.
John Fraher:私達は私達の時間の終わりに近づいていると言われた、それで私はあなたに一人一人に、おそらく90秒以内に、あるいはあなたができるだけ短くするように頼むことによって終えたいと思う。この質問に答えてください。北極圏が開くにつれて…ある瞬間。プーチン大統領。
 
ウラジミール・プーチン:すみません、北海航路に関しては非常に重要なことがあります。インド洋経由で横浜からロッテルダムまで33日間、北海ルート経由でこれらの都市間の距離が7,000キロメートル –  7,300  – を超え、約12,000キロメートルであるとしましょう。インド洋これがポイントです – それはあなたに多くの燃料と時間を節約します、そしてもちろん、それは中国、日本、韓国とインドネシアだけでなく非常に魅力的になるでしょうがそれは非常に興味深く有望な分野に発展するかもしれません。人々を引き離すのではなく、人々を結び付ける国際協力。
 
John Fraher:わかりました。
 
最後に、北極圏が開かれたときの最大の機会、そして北極圏が開かれたときの最大のリスクまたは最大の不安の原因と思われるものを、おそらく90秒で教えてください。アップ。
 
ウラジミール・プーチン大統領:北極圏の発展は私たちに次のような主な利点をもたらす可能性が高いと思います。
 
まず、前述したように、これらは地球規模の資源であり、それらは人類の利益のために働くべきです。地域の国々と他のプレイヤーとの間の特定の国際的な規則や協定に沿って、それらが人類の奉仕に使われることは重要です。これは最も重要なことです、輸送と通信の追加の機会を利用する必要性と同じくらいです。
 
主な脅威は、主に環境への脅威だと思います。ホッキョクグマが心配です。これはスピーチの図です。私たちは、温暖化、そして恐らくこの地域の北極圏および経済活動の発展に関連するリスクが増大するので、動物相全般について心配しています。これを考慮に入れなければなりません。それが、私たちが今日集まって会うことがとても重要である理由です。私たちの左に同僚が率いる北極評議会でも。
 
北極評議会による決定はすべて勧告以上のものではありませんが、これらは非常に重要な勧告であり、非常に道徳的および政治的に重要であり、彼らの国内プロジェクトを実施するすべてのプレイヤーはそれらを考慮に入れることができません。この作業は調整する必要があります。ですから、北極圏での協力は、グローバルアジェンダの問題に対する解決策を共同で探すことができるという好例です。そしてそれは重要な利点です。
 
どうもありがとうございました。本日サンクトペテルブルクに来られたあなたと同僚に、これらの問題について議論してくださったことに感謝の意を表します。

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください