米国”民主党”への失望 ∙ レビューから真実を探る

スポンサーAds

米国民主党への失望(米国民主党の極悪本性)

転載開始….

アメリカ対日本と言う見方では本質を見失ってしまう。アメリカには民主党と共和党と言う拮抗する2大勢力が存在する。日本に対して極悪非道の限りを尽くしたのは民主党政権のアメリカである。1917年にウィルソン民主党政権がロシア革命を起こしてソ連を創り、1918年に朝鮮共産党を作り、中国やロシアでの日本人虐殺を開始。朝鮮共産党は義烈団と改名し、1919年から3000名のテロリストを日本へ送り込み、上海から爆弾を160個日本へ密輸し、1923年に天皇暗殺を企て実行に移す直前に関東大震災が起きたので、上水道への毒物投入、放火、爆弾投函により日本人10万人を虐殺した。この事実は4年前に秘密解除されたイギリスの文書に明記されている。震災後、親日派の共和党政権は即座に日本に大量の救援物資を送り届ける。1921年3月4日から共和党政権が続いたが復権をもくろむ民主党はウォール街の銀行と結託して株価操作し大恐慌を引き起こして、其れを共和党のせいにして偽ニュースを拡散してフーバー政権を悪者に仕立て上げて1932年の大統領選挙でウィルソンの子分であるルーズベルトを当選させて、世界で最初にソ連を国家承認する。此れで傀儡国家ソ連が誕生である。アメリカ民主党=共産主義の総本山=偽ニュース拡散の指令本部=奴隷主義の総元締め=悪魔崇拝者であり、此れに対抗するのが法治主義の共和党である。1933年にルーズベルトが大統領に就任した後、1953年1月20日にアイゼンハワーが大統領に就任するまで民主党政権が続いた。日米開戦時に共和党の議長で遭ったハミルトン・フィッシュは戦後になって初めて共和党が民主党に騙されていたことを知り、激怒し多くの著書で民主党の悪事を徹底的に暴露し、日本がルーズベルト政権の罠にはめられて悪者に仕立て上げられたことを強調した。同年ニクソンが副大統領として来日し、トルーマン政権が憲法を押しつけたことを謝罪し、日本は即座に再武装すべきであると語った。民主党は全米の新聞とテレビ局の98%を支配下に納め事実と正反対の大嘘で国民を洗脳して操作してきたが、インターネットの普及により、其れがばれた結果、トランプ大統領が誕生し、史上初めてアメリカのテレビや新聞のニュースを偽ニュースであると宣言し、ニューヨークタイムズとCNNをホワイトハウスから締め出した。

転載終了….

Source by YouTubeレビュー

オールレビューは下記動画レビュー詳細参照

【武田邦彦】アメリカが全力でこの男を救った理由。日本人なら絶対に知っておいてください・・

武田邦彦 テレビじゃ言えないホントの話!
2019/05/16 に公開
チャンネル登録
武田先生プロフィール 中部大学教授 工学博士 東京大学卒業後、旭化成に入社。同社にて研究所長を勤め、芝浦工業大学工学部教授を経て現職に就任
研究分野 生命を持たない生命活動材料の概念構築と開発

※本チャンネルは武田先生の公式チャンネルではございません

武田邦彦先生出演チャンネル
DHCテレビ
https://www.youtube.com/user/theatert…

CLOVER MEDIA Radio&NetTV
https://www.youtube.com/channel/UCXiv…

チャンネル登録はこちらをクリック ► http://www.youtube.com/channel/UCaoYK…

撮影地:東京都
資料:武田邦彦先生ブログ
カテゴリ
ブログ

返信を非表示
 
12
返信
まあね、歴史は残酷ですよね。我々は、敗戦国ですし未だに独立国家に見せかけた占領国家ですよね。我々、犬は飼い主の言いなりに成り下がらなければいけないのですよね…。 でも、未来は明るいですよね❗人類は必ず滅ぶけど、血を繋げる生きる意味を今は思う存分達成できる生活基盤を提供してもらってる。それだけでも、感謝し生きれば幸せだと思う。戦争がないことは男女の関係性が逆転してしまいますが…男は女のために命を削れたら幸せなことだと思う。女は男を掌で上手に転がしてほしい。 まあ、理想的な国家作りは無理だから、いつでも白色人種と戦えれるよう日本人は犬になり下がり、時を待ち独立を手に入れなければ❗ って、その後この海洋国家を誰がどう護るの~(笑)できないなら犬のままが賢い(笑)
一部を表示
返信
2 件の返信を表示
 
2
返信
東京リンチはCIAに与する人間の選別。 ポダムやヨハンセンは有名。 朴鉄柱の「日本の心」が真実。 誰でも知っている歴史の事実。 マッカーサー元帥が 「日本はセキュリティのための戦争を行った」 と言ったのは昭和天皇に心を打たれたから。
一部を表示
6
返信
アメリカ対日本と言う見方では本質を見失ってしまう。アメリカには民主党と共和党と言う拮抗する2大勢力が存在する。日本に対して極悪非道の限りを尽くしたのは民主党政権のアメリカである。1917年にウィルソン民主党政権がロシア革命を起こしてソ連を創り、1918年に朝鮮共産党を作り、中国やロシアでの日本人虐殺を開始。朝鮮共産党は義烈団と改名し、1919年から3000名のテロリストを日本へ送り込み、上海から爆弾を160個日本へ密輸し、1923年に天皇暗殺を企て実行に移す直前に関東大震災が起きたので、上水道への毒物投入、放火、爆弾投函により日本人10万人を虐殺した。この事実は4年前に秘密解除されたイギリスの文書に明記されている。震災後、親日派の共和党政権は即座に日本に大量の救援物資を送り届ける。1921年3月4日から共和党政権が続いたが復権をもくろむ民主党はウォール街の銀行と結託して株価操作し大恐慌を引き起こして、其れを共和党のせいにして偽ニュースを拡散してフーバー政権を悪者に仕立て上げて1932年の大統領選挙でウィルソンの子分であるルーズベルトを当選させて、世界で最初にソ連を国家承認する。此れで傀儡国家ソ連が誕生である。アメリカ民主党=共産主義の総本山=偽ニュース拡散の指令本部=奴隷主義の総元締め=悪魔崇拝者であり、此れに対抗するのが法治主義の共和党である。1933年にルーズベルトが大統領に就任した後、1953年1月20日にアイゼンハワーが大統領に就任するまで民主党政権が続いた。日米開戦時に共和党の議長で遭ったハミルトン・フィッシュは戦後になって初めて共和党が民主党に騙されていたことを知り、激怒し多くの著書で民主党の悪事を徹底的に暴露し、日本がルーズベルト政権の罠にはめられて悪者に仕立て上げられたことを強調した。同年ニクソンが副大統領として来日し、トルーマン政権が憲法を押しつけたことを謝罪し、日本は即座に再武装すべきであると語った。民主党は全米の新聞とテレビ局の98%を支配下に納め事実と正反対の大嘘で国民を洗脳して操作してきたが、インターネットの普及により、其れがばれた結果、トランプ大統領が誕生し、史上初めてアメリカのテレビや新聞のニュースを偽ニュースであると宣言し、ニューヨークタイムズとCNNをホワイトハウスから締め出した。
一部を表示
返信
先生❗絞殺刑された方は駒にすぎない❗ 当時解決してるなら❗ 今の日本は良くなっているはず❗ 黒幕が未だに居るから❗安倍晋三みたいなものを使い 国民の税金を食い物に❗  先生怖いなら動画共やめた方が良い。
一部を表示
2
返信
返信を非表示
東条氏は普通の人と心臓の位置が違っていたそうです。かれはその時間違いなく自決をしたのであってあなたが言うまでもなく死ねなかったことを大いに恥じた。しかし死ねなかった命を使って別の責任を果たそうと考えたのではないか。想像でものを言うなと言われましょうが事実だと思います。東京裁判での戦犯たちの堂々とした態度はニュールンベルグでのナチの戦犯たちの命乞いとは対照的だったと言います。万死に値するなどと言ってるあなたが彼の立場に立った時あなたなら命乞いする方ではないですか?私にはそう思えます。
一部を表示
3
返信
東條英機、この人は、広い視野で国家、国民の安寧を願った人では無い。己れ個人の主義主張に生きた人ですよ。個人の主義主張を国民に押し付けて、いたずらに国民の犠牲者を増大させた。頑なに「生きて虜囚の辱めを受けず」などをのたまい、不文律化させた罪は重い。同じ枢軸国だったイタリアは負け戦さになると早々に判断すると、驚くほど変わり身の速さでムッソリーニを処刑し敗戦を決めてしまい、戦争の犠牲を最小限に留めた。何食わぬ顔であたかも連合国の一員でもあったかようにヨーロッパ史に君臨するイタリア。一方で日本国はアメリカに下僕転向した岸信介らの暗躍で未だにアメリカ支配から完全独立出来ないでいる。東條英機に見る、明らかに偏狭な現実を顧みない頑なな精神主義や好戦性は日本国の現代にも続く病理である事は否めない。
一部を表示
2
返信
返信を非表示
@ルナ三世アレクサンダーじゃあ、こう言い直しましょう。ご身内に戦争で苦労なされた方がいるため軍国主義アレルギーになり目が見えなくなっているのだと。私の父は陸軍士官学校を出て少尉になったところで終戦となりました。確かに戦争の苦労は知りません。死にかけたこともないようです。私は父から軍人時代の話を聞きましたがそれで反軍国主義にもなっていません。 軍人時代の話をあなたがどう聞いたかによります。その曽祖父様の影響を多分に受けておられるのでしょう。その影響下にあればそれに反することからは顔を背けて生きてこられたのだと思います。たとえそれが事実であってもね。
一部を表示
返信
@Vicco Miya返信はやっw はいはい、勝手に見えない敵と一生戦ってろw 「ネトウヨには勝てない。 なぜならネトウヨはヒマだから」 この名言を思い出したw
一部を表示
返信
返信を非表示

参考ブログ

Source by Paul Craig Roberts Institute for Political Economy

THE DEMOCRATIC PARTY NO LONGER EXISTS

July 29, 2016 | Categories: Articles & Columns | Tags: | Print This Article Print This Article
THE DEMOCRATIC PARTY NO LONGER EXISTS
And an orchestrated war with Russia has all of us marked for extinction

Paul Craig Roberts

The Democratic Party that once was concerned with workers’ rights, the elderly, civil rights, and the constitutional protections of America liberty no longer exists. As the just completed Democratic presidential primaries and the Democratic presidential convention have clearly demonstrated, the United States now has two Republican parties in service to the One Percent.

The organized Democrats–the Democratic National Committee–have shown themselves to be even more venal and corrupt than the Republicans. Leaked emails document that the Democratic National Committee conspired with the Hillary campaign in order to steal the nomination from Bernie Sanders. It is clear that Sanders was the choice of Democratic Party voters for president, but the nomination was stolen from him by vote fraud and dirty tricks.

The DNC and the media whores have tried to discredit the incriminating emails by alleging that the leaked emails resulted from a plot by Russia’s President Vladimir Putin in behalf of “Putin’s American agent,” Donald Trump. “A vote for Trump is a vote for Putin,” as the presstitute scum put it.

This diversionary tactic has not worked. Not even Americans are stupid enough to fall for it.

Consequently, the corrupt “leader” of the DNC had to resign and was unable to deliver her speech at the nominating convention from fear of being booed off the stage.

Sanders’ supporters have abandoned Hillary and the fake “Democratic Party.” Probably most of them will vote for the Green Party candidate.

The organized Republicans–the Republican National Committee–and the zionist neoconservatives wanted to block Donald Trump from the nomination just as the DNC blocked Sanders, but could not. The neoconservatives are organizing for Hillary as she is their warmonger and Trump says he is not, but as the Presidential contest is really a contest between the two Republican parties about which gets to be the whore for the One Percent, the RNC, impressed with Hillary’s lack of voter support, seems to be sticking with Trump. Better to be a well-paid whore than to be out in the cold.

In the coming presidential election, the outcome will probably be determined by whether the powerful oligarchic interest groups decide whether Trump is an actual threat or whether they can cosy up to him and rope him in by appointing his government.

Trump’s disability is that no matter how able an individual is, that person cannot simultaneously make themselves a multi-billionaire and be knowledgeable of economic and foreign policy issues. The bald fact is that Trump, if he becomes president, does not know whom to appoint in order to have the support from his government to effect the changes for which his supporters hope he stands.

When a person becomes President, that person doesn’t suddenly become an encyclopedia with full knowledge. The President is dependent on the information flows from his government. If those information flows support the interests of Wall Street, the corrupt “banks too big to fail,” the military-security complex, the Israel Lobby, agribusiness, and the extractive industries (energy, mining, timber), the President’s decisions will support these material interests.

Donald Trump is the American people’s choice, because he is opposed to the offshoring of American jobs–a corporate practice that has enriched the One Percent at the expense of the American middle class.

Donald Trump is the American people’s choice, because he opposes the fabricated, gratuitous conflict with Russia. Even Americans understand that taking war to a major nuclear power will not end well.

Donald Trump is the American people’s choice because he realizes that NATO–an organization whose purpose disappeared 25 years ago when the Soviet Union collapsed as a result of the coup against Gorbachev by extreme elements of the Soviet Communist Party–now serves as a vehicle and cover for Washington’s aggressions, which are war crimes under the international statutes that Washington created. Washington’s wars benefit some of the One Percent at the expense of both the 99 Percent and millions of innocent peoples in many countries.

What will happen now is that the presstitutes will demonize Donald Trump even more than they have demonized Vladimir Putin. The scum presstitutes will do everything that they can possibly do to make a vote for Trump into an act of treason against America.

Now that the presstitutes have learned that they can tell the most blatant lies–Saddam Hussein’s weapons of mass destruction, Iranian nukes, Assad’s use of chemical weapons, Russian invasions–without being held accountable, they know that they can lie about Trump.

And they will. To the hilt.

But the presstitutes have lost credibility. A person has to be an imbecile to believe a word that they say.

“Progressives” will wander off the track. They will be turned off by Trump’s stand on immigration, which is where the American people stand. “Progressives” will be worried about whether the ‘fascist” Trump will persecute transgender and homosexual people or revoke the right of women to abort the unborn. To “progressives” this will seem all important as Washington and its NATO vassals hurl the world into nuclear war.

Neither can any intelligence be expected from the defunct American left-wing. The American left-wing supports the official story of 9/11, the excuse for the last 15 years of illegal wars and the American Police State. To find the American left-wing totally allied with the official explanation of what is in reality a false flag event, committed in order that the neoconservatives would have their new Pearl Harbor in order to invade the Middle East, is demonstrable proof that the American left-wing is irrelevant.

The American left interprets 9/11 and subsequent false flag events as oppressed peoples striking back at their oppressors. The emotional satisfaction of this takes the impotent American left-wing out not only of action but of relevance in commentary. The American left-wing has become an asset of the enemy–the neoconservatives who control policy in Washington.

So, where do we stand? The answer is that we are closer to nuclear annihilation than ever before. I know of what I speak. I held the highest security clearances. I was a member of a secret committee that enabled President Reagan to end the Cold War.

The President of Russia, Vladimir Putin is doing everything he can possibly do to avoid the nuclear war that the crazed American neoconservatives are bringing to humanity. For his efforts in behalf of planet Earth he is demonized 24 hours a day, seven days a week, year after year. For simply stating facts, I am described by the presstitutes as “an apologist for Putin.”

The endless lies about Russia have convinced the Russian media that Washington is mobilizing its NATO vassals for an attack on Russia. Read the transcripts to this Russian media broadcast. https://vimeo.com/174777588

If you aren’t scared after absorbing this Russian news broadcast, you are stupid beyond belief. The message is clear: the West has declared war on Russia but is trying to keep Russia off guard by denying it.

The video of the Russian news broadcast also shows the dismissive way the Russian media was treated at the recent NATO conference in Poland. The non-entity representatives of the non-entity countries of Latvia, which has been ruthlessly looted by the West, Estonia, Lithuania, and Poland, and the Ukraine representative either refuse to speak to the Russian media or use the interview to repeat Washington’s false accusations against Russia. These imbeciles insulting Russia are representatives of countries that Russia could destroy in a few minutes. If these idiots think Washington could save them, they are as stupid as the Polish colonels who thought that the British guarantee in March 1939 meant anything and could save Poland from the rash action of sticking Poland’s fingers in Hitler’s eye. This Polish stupidity provoked by the stupid British set off World War II with the British and French declaration of war against Germany, thus consigning Poland to Soviet rule for a half century. Some guarantee! The imbecile Chamberlain who wanted peace started WWII with Britain’s worthless “guarantee.”

Does it make you feel safe that the arrogant warmongering imbeciles in Washington have convinced a nuclear power the equal of the United States that America is going to attack?

Moreover, Russia is a nuclear power allied with another nuclear power, China, which has had enough of Washington’s imbecilic provocations. Are you willing for “your” government to lead your future into nuclear war with two nuclear powers?

Here we Americans are going into a presidential election and the overpowering fact of our time–that Washington is threatening humanity with nuclear war–is not a subject for discussion! What is the matter with us Americans? Are we stupid beyond all belief? We sit stupidly, thinking that issues of no importance are the most important issues of our time while “our” insane government provokes nuclear war. Have any people in history failed their obligation to this extent? If so, who?

My case rests. There is no countervailing evidence against the fact that unadulterated evil rules the West and is driving the world to extinction. Western democracy is a total failure. Democracy could not prevent the crazed warmonger Hillary from presidential nomination despite the opposition of the American people.

How long can Russia, and China, wait before they conclude that they have to pre-empt the coming attack from Washington? Does anyone, even stupid Americans, think that once Russia and China are convinced that they are targets for attack that they will just sit there and await the attack?

Do peoples as guilty of dereliction of duty as Western peoples are have any right to survive?

転載開始…..

2016年7月29日
Paul Craig Roberts

民主党はもはや存在していない


画策されている対ロシア戦争では、我々全員が絶滅の対象だ

労働者の権利、高齢者、公民権、憲法によるアメリカの自由の保護に、かつて配慮していた民主党は、もはや存在しない。終わったばかりの民主党大統領予備選挙と、民主党大統領指名大会がはっきり実証している通り、アメリカ合州国には、現在、1パーセントのために尽くす二つの共和党が存在しているのだ。

民主党組織-民主党全国委員会DNCは、共和党よりもっと金銭ずくで、腐敗していることを実証した。漏洩した電子メールは、バーニー・サンダースから指名を横取りするため、民主党全国委員会は、ヒラリー選挙活動と共謀していたことを立証している。サンダースこそが、民主党有権者が選んだ大統領候補だったのは明らかだが、不正選挙や汚い手口で、指名は彼から横取りされたのだ。

民主党全国委員会と、売女マスコミは、漏洩した電子メールは、プーチンの“アメリカ人工作員”ドナルド・トランプのための、ウラジーミル・プーチン大統領による策謀によるものだと主張して、不利な電子メールの信頼を損なおうとした。売女マスコミのくず連中の表現によれば“トランプへの投票は、プーチンへの投票だ”。

この陽動作戦は効果がなかった。アメリカ人とて、そんなものに騙されるほど馬鹿ではない。

その結果、腐敗した民主党全国委員会“指導者”は辞職せざるを得なくなり、聴衆のブーイングで演壇から退場させられるのを恐れ、指名大会で演説することもできなかった。

サンダース支持者は、ヒラリーも、エセ“民主党”も見捨てた。 おそらく彼らの大半は、緑の党候補者に投票するだろう。

共和党組織の共和党全国委員会と、シオニスト・ネオコンは、民主党全国委員会が、サンダースを阻止したように、ドナルド・トランプ指名を阻止しようとしたが、できなかった。彼女は連中側の戦争挑発者であり、トランプは、そうではないと主張しているので、ネオコンは、ヒラリーに団結しているが、大統領選挙戦は、実際はどちらが、1パーセントのための売春婦・男娼になるかという、二つの共和党同士の競争であり、ヒラリーに対する有権者支持の欠如を胸に刻んだ共和党全国委員会は、トランプ支持を続けるようだ。のけ者にされてしまうよりは、たんまり金をもらえる売女でいる方がましだ。

来る大統領選挙で、結果は、たぶん、強力なオリガルヒ権益集団が、トランプは本当の脅威なのか、それとも、連中は彼に取り入り、閣僚任命によって彼を縛りつけることができると判断するかどうかによって決定されるだろう。

トランプの不利な点は、個人がどれほど有能であろうとも、その人物は、超億万長者になり、同時に、経済や外交政策問題にも精通するのは不可能なことにある。トランプは、もし大統領になった場合、彼の支持者たちが、そうして欲しいと望んでいる変化を起こすため、彼の閣僚の支持を得るのに一体誰を任命すべきか知らないというのが赤裸々な事実だ。

ある人物が大統領になっても、その人物が突然ありとあらゆることを知っている百科事典になれるわけではない。大統領は、政権から得る情報の流れに頼るのだ。もしそうした情報の流れが、ウオール街、腐敗した“大き過ぎて潰せない銀行”、軍安保複合体、イスラエル・ロビー、農業関連産業や、採掘産業(エネルギー、鉱業、木材)の権益を支持していれば、大統領の決定は、こうした物的権益を支持することになる。

アメリカの中流階級を犠牲にして、1パーセントを裕福にした大企業の慣行、アメリカ雇用の海外移転に反対しているのだから、ドナルド・トランプこそが、アメリカ国民の選択肢だ。

でっちあげの、いわれのない、ロシアとの紛争に反対しているのだから、ドナルド・トランプこそが、アメリカ国民の選択肢だ。アメリカ国民でさえ、 主要核大国と戦争をすれば、良い結果にならないことぐらい理解できる。

25年前に、ソ連共産党過激分子による、ゴルバチョフに対するクーデターの結果、ソ連が崩壊した際に、その目的が消滅した組織NATOが、今や、アメリカ政府が作った国際条約の下では戦争犯罪であるアメリカ政府の攻撃の道具と隠れ蓑になっていることを彼は理解しているのだから、ドナルド・トランプこそがアメリカ国民の選択肢だ。ワシントンの戦争は、99パーセントと、多くの国の何百万人もの無辜の人々を犠牲にして、1パーセントの一部の利益を狙うものだ。

ここで起きると思われるのは、売女マスコミは、ウラジーミル・プーチンでそうしたより、一層ひどく、ドナルド・トランプを悪魔に仕立て上げることだ。売女マスコミのくず連中は、トランプへの投票を、アメリカに対する反逆行為にすべく、できる限りあらゆることをするだろう。

売女マスコミは、サダム・フセインの大量破壊兵器、イランの核兵器、アサドの化学兵器使用、ロシア侵略といった実にあからさまなウソをついても責任をとわれることがないことを学習しているのだから、トランプでも、ウソがつけることは十分承知なのだ。

だから、連中はそうするだろう。徹底的に。

だが売女マスコミは信頼を失っている。連中の言う一言でも信じるには、低能者でなければならない。

“進歩派”は道に迷っている。彼らは、アメリカ人の立場でもある、移民に対するトランプの姿勢に閉口している。“進歩派”は‘ファシスト”トランプは、性転換者や同性愛者を迫害したり、女性の堕胎の権利を取り消したりするだろうかを懸念している。“進歩派”にとっては、ワシントンと、そのNATO傀儡が、世界を核戦争の中に投げ込もうとする中、それが極めて重要なことに思えるのだ。

機能を停止したアメリカ左翼にも、いかなる知性も期待できない。アメリカ左翼は、過去15年間の違法な戦争やアメリカ警察国家の口実である9/11公式説明を支持している。中東を侵略するため、新たな真珠湾を手にいれようとしてネオコンがおこなった、実際には偽旗事件であるものに対する公式説明に、アメリカ左翼が、完全に同調しているのは、アメリカ左翼が見当違いである明白な証拠だ。

アメリカ左翼は、9/11と、それに続く偽旗事件を、抑圧されている人々が、圧制者たちに反撃したものと解釈している。この解釈による感情的満足によって、無能なアメリカ左翼は、行動のみならず、発言も妥当性を失っている。アメリカ左翼は、敵つまり、ワシントンで政策を支配しているネオコンの手先になってしまった。

すると、一体我々の状況はどうなっているのだろう? 我々は、これまでにないほど、核による絶滅に近づいているというのが答えだ。私はこの発言の内容を重々承知している。私は最高位の機密情報取り扱い許可を得ていた。私はレーガン大統領が冷戦を終結させるのを可能にした秘密委員会の一員だった。

ロシア大統領、ウラジーミル・プーチンは、狂ったアメリカ・ネオコンが人類にもたらそうとしている核戦争を避けるために、彼ができる限りのあらゆることをしている。地球のための、この努力に対し、彼は、一日24時間、週7日間、毎年、悪魔化して描かれ続けている。事実を主張していることで、私は売女マスコミから、“プーチンを弁護する人物”と呼ばれている。

ロシアに関する果てしのないウソで、ロシア・メディアは、アメリカ政府が、NATO傀儡諸国を、ロシア攻撃のために動員していると確信するようになった。このロシア・メディア放送の書き起こしをお読み願いたい。https://vimeo.com/174777588

このロシアのニュース放送を見たあとでも、恐怖を感じられないようであれば、読者は信じ難いほど愚かだ。メッセージははっきりしている。欧米は、ロシアに宣戦布告したが、ロシアを油断させておこうとして、それを否定しているのだ。

ロシア・ニュース放送のビデオは、ポーランドにおける最近のNATO会議において、ロシア・メディアが受けた冷淡な扱いも表している。欧米によって冷酷に略奪されているラトビアや、エストニア、リトアニアや、ポーランドや、ウクライナなどの取るに足らない国々の取るに足らない代表たちが、ロシア・メディアに話すことを拒否したか、インタビューを、アメリカ政府の偽りの対ロシア非難を繰り返すのに利用したのだ。ロシアを侮辱しているこうしたばかもの連中が、ロシアが数分で破壊できる国々の代表なのだ。もし、こうした阿呆連中が、アメリカ政府が自分たちを救ってくれると考えているのであれば、連中は、ヒトラーを刺激するような軽はずみな行動をしても、1939年3月のイギリスによる相互援護条約の保証で、ポーランドが救われると思い込んだポーランド人大佐連中と同じくらい愚劣だ。愚劣なイギリスによって煽られた、このポーランドの愚かさが、イギリスと、フランスの対ドイツ宣戦布告によって第二次世界大戦を引き起こし、ポーランドは、半世紀もソ連に支配されることになった。保証! 平和を望んでいた愚鈍なチェンバレンが、イギリスの価値のない“保証”によって、第二次世界大戦をひき起こしたのだ。

ワシントンの傲慢な戦争挑発低能者連中が、アメリカ合州国と対等な核大国に、アメリカが攻撃しようとしているのだと確信させて、皆様は安全だとお感じになれるだろうか?

しかも、ロシアは、アメリカ政府の大ばかな挑発には、もううんざりしているもう一つの核大国、中国と同盟関係にある核大国だ。あなた方の未来を、二つの核大国との核戦争へと導きつつある“あなた方”の政府を、皆様は進んで支持されるのだろうか?

我々、アメリカ人は、大統領選挙に突入しながら、現代の極めて重要な事実、アメリカ政府が、人類を核戦争で脅かしているということは、議論の対象にならない! アメリカ国民はいったいどうなったのだろう? 我々は信じがたいほど馬鹿なのだろうか? まったくどうでも良いことを、現代で最重要な問題だと考えて、我々が愚かに座視している間に“わが”狂った政府は核戦争を挑発している。歴史上、これほどまでに、義務を実行しそこねた国民がいただろうか? いたとすれば、一体どの国民だろう?

私が言いたいことは以上だ。純然たる悪が欧米を支配し、世界を絶滅へと押しやっている事実に、対抗する証拠は皆無だ。欧米民主主義は完全に破綻している。民主主義は、アメリカ国民の反対にもかかわらず、狂った戦争挑発人ヒラリーが、大統領候補指名になるのを防げなかった。

アメリカ政府による来る攻撃を阻止しなければならないという結論を出すまでに、ロシアと中国と一体どれほど待てるのだろう? ロシアと中国が、自分たちが攻撃目標だと確信してしまえば、彼らが、ただ座視し、攻撃を待ち受けると考えるような人が、愚かなアメリカ人にさえ、誰かいるだろうか?

欧米諸国民ほど義務怠慢で有罪な人々に、生き残る権利はあるのだろうか?

Paul Craig  Robertsは元経済政策担当の財務次官補で、ウオール・ストリート・ジャーナルの元共同編集者。ビジネス・ウィーク、スクリプス・ハワード・ニュー ズ・サービスと、クリエーターズ・シンジケートの元コラムニスト。彼は多数の大学で教えた。彼のインターネット・コラムは世界中の支持者が読んでいる。彼の新刊、The Failure of Laissez Faire Capitalism and Economic Dissolution of the WestHOW AMERICA WAS LOSTThe Neoconservative Threat to World Order.が購入可能。

Source by 民主党はもはや存在していない/マスコミに載らない海外記事

転載終了….

関連動画

トランプ氏、自分が演説中の民主党は「売国的」と

テキサス親父 米国 民主党と共産党は一体かも?

米国民主党の黒歴史・・・・差別主義

スポンサーAds

関連ブログ

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

pz-linkcard: Incorrect URL specification.(url=)

アインソフ談】

米国民主党関連派閥がなぜこのような様相を呈しているのか実に不可解でならない。「相互共存(自由・平等・共有・解放)」を否定して「相互依存(束縛・差別・独占・排他)」を奨励しているようだが、その実態は依存=寄生であり、”たかり”である。たかる為には”ゆすり”が起きる。ターゲティングされ恐怖による統制下にあるからなのか?ネガティブな波動を持った中核勢力に介入されていると察する。その資質としての理由から、奴隷主義の根底には地球人としての同胞愛が欠如している証拠であり、悪魔崇拝者=反キリストであり、地球侵略の手先となっているとしか言いようがない。ここにやはり、コズミックディスクロージャー、Declassify情報によりアイク氏、Dr.グレア、コーリーグッド氏他の主張する爬虫類人(レプタリアン)説で紐解くことにより納得できる。そう考えると、善人(共和党/地球人)vs悪人(民主党/レプハイブリット)と思えてならないのは私だけであろうか?しかし、ダークサイドに転落した先天的資質に依拠しているものの、彼らを欺瞞と恐怖により貶めた本体勢力により、善vs悪(≠光vs闇)のバトルにすり替えられているのは明らかである。真相は光vs闇であり我々人類は代理戦争をさせられているのではないだろうか?となると、本体勢力とは善でも悪でもない存在となり「偽善」となる。善悪は本音であるが、偽善とは建前である。建前の中に偽善が潜伏するのである。日本は建前文化であるがその目的が見えてきた気がする。それは、建前という蓑に隠れやすいからに違いない。これをもって隠れ蓑と言われて久しい。

つづく

スポンサーAds

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください