最近福島及び近隣高線量地域在住者に対して全国で行われている『保養』とは?

最近よく耳にする保養を取り上げました

まず『保養』とは何か?

3.11から7年になる今日この頃ですが、最近よく耳にする『保養』とは何かを知るために、サイト検索で上位にヒットしたWebページからの引用を下記に列挙しました。

SEEDS OF HOPEから

放射能の影響で今までの生活を制限して暮らしている方が多くいます。

周りの線量が高いから自転車に乗れない、ブランコに座ってもうまく動かすことができない・・・など私達が当たり前のように出来た事が放射能汚染の為にできなくなりました。

比較的放射線量の高い福島および近隣地域在住の、外あそびのままならない子どもたちが、家族水入らずで自由に過ごすことにより、日頃の放射能によるストレスを吹き飛ばし免疫力のアップにつながることを願って、2012年5月からこの保養プロジェクトを始めました。・・・

ふくしま保養キャンプ inみえ ~自然食と美杉の里山暮らし体験~から


「福島保養キャンプinみえ」は、原発事故の影響を受けている福島および近隣県の方々の保養を目的としたキャンプです。

原発事故による放射能の影響の心配から、福島の一部の地域の子どもたちは未だに「外で思いっきり遊ぶ」そんな当たり前のことができなくなってしまいました。

福島の子どもたちを美しい自然が残る津市美杉町に招き、思い切り遊んでもらいたい。

その思いで、私たちは2014年5月1日に実行委員会を結成し、8月に美杉町にある、なな色の空の農場を会場に第1回目となる「ふくしま保養キャンプ in みえ2014」を開催、2回目となる2015年は美杉町の旧太郎生小学校で行ないました。

そして2016年からは、三重県伊賀市にある愛農学園キャンパス内の同窓会館を会場として開催しています。

保養プロジェクト 支援 | 未来の福島こども基金から


< 保養の目的 >

保養は、放射能に汚染された土地に暮らす子どもが、身体の抵抗力をつけられるようにすることが目的です。その有効性は長年のチェルノブイリ被災者支援の経験から学んだものです。

体内の放射性物質を減らす

チェルノブイリ原発の周辺国では、事故で汚染された地区に住む子どもたちは、1年に1度汚染されていない土地のサナトリウムで保養することが国によって定められています。これまでのデータからは24日間の保養で内部被ばくのセシウムを25~30%減らせることが判っています。

免疫力を高める

加えて、放射能を気にすることなく、泥んこになったり海で泳いだりと、屋外でのびのびと身体を動かすことで、ストレスから解放され、免疫力が高まり、病気になりにくい身体を作ることができます。

保養Q&A | 福島の子どもたちを守る会・北海道 / Future for Fukushima Childrenから


保養Q&A

 Q: 保養の目的は?  

A: 放射能汚染地域から、汚染がより少ない地域へ少しでも長く離れることにより、体内の放射性物質を排出し、免疫力を高め、健康を取り戻せるようにすること。

Q: なぜ、必要か?

A: 放射能汚染地域で暮らす人々は、事故直後に降り注いだ大量の放射性物質の未知数の初期被曝に加え、3年もの間、地表からの外部被曝だけでなく、放射性物質が新たに降下し、汚染水が排出され続ける中、空気や水・食品に含まれる放射性物質を体内に取り入れることによる内部被曝にも日々さらされている。特に子どもたちは成長過程にあり、代謝が早い分、放射能による影響が強く、大人より健康へのリスクがはるかに高い。

Q: 放射能汚染地域とは?

A: 事故以前の一般公衆の被曝の線量限度は、1mSv/年である(医療被曝を含まない)。この数値は、1mSv/年までなら安全という意味ではなく、この数値に伴い健康被害を出ても原発利用で社会的に利益があるから社会的に容認するという意味である。(現在も、法改定されていない。この数値は、外部被曝と内部被曝を合わせたものである。) 国は、「帰還困難区域(50mSv/年以上)」「居住制限区域(20~50mSv/年未満)」「避難指示解除準備区域(20mSv/年未満)」を元に再編を繰り返している。福島県だけでなく東北、関東にも1mSv/年以上の地域が広範囲にあり、多くの人々が避難の権利や保証もなく、法律の線量限度を超え、被曝を強要される生活を余儀なくさせられている。

※早川由紀夫教授の放射能汚染地図をご覧ください                                       

Q: 参加者はどこから?

A: 当会は、主に福島県の子どもたちとその親を対象に保養を行っている。参加者の住まいは、国の放射線汚染区域ではないが、福島市、郡山市、二本松市、川俣町、須賀川市、いわき市などの放射能の影響を大きく受けている地域である。

Q: 保養の効果は?

A:保養期間中は、福島原発事故による外部被曝と内部被曝による放射能の影響を受けないことにより、体内に蓄積された放射性物質の代謝を促進し、免疫力を回復することができる。これら保養による効果は、チェルノブイリ事故後のヨーロッパ(日本)での保養で、各国の科学者により臨床的に確かめられている。                                     実際に北海道に保養に来た子どもたちは、たくさん遊ぶことにより、とても元気になり、表情が明るくなる。また、普段、外遊びが自由にできない子どもたちにとって、心理的な抑圧がなく遊べることは精神衛生上にも大変よい。親は、子どもと心置きなく日常生活(食事や遊び等)を過ごせ、日々放射能と戦う過度なストレスから解放され、一時的にも精神的安定が得られている。※保養に参加した親たちの福島での日々の思いは、「福島の親たちの思い」をご覧ください。

要するに保養とは何なのか?

これら保養関連のWebページを調べると次のような事であると解ってきました。つまり、かいつまんでいえば「福島及び近隣高線量地域在住者の放射線回避による免疫回復を目的とした低線量地域短期滞在のための保養」という事です。

ようやくスッキリしましたね皆さん!

尚、cowbun.netでも全面的に『保養』アシスト・レッツ・ゴー!当サイト・ビジター・ネット・サーファーの皆様のご支援募集中!よろしくね😃

まずは、先輩諸氏のご指導を受けなきゃな〜!?楽しみだね皆さん!

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA