被曝防護法のいくつか –食事的アプローチ–

Spread the love
細胞膜の酸化破壊を抑えるには、ビタミンE、ビタミンCなどの抗酸化剤と、そして以下のグルタチオンペルオキシダーゼ反応などが極めて重要です。(もちろん、結局は、遺伝子の破壊を抑えることにもつながります)
 
 
ビタミンEは脂質過酸化ラジカルをブロック
 
 
 
ビタミンCで、ビタミンEをリサイクル。 酸化型ビタミンCはもちろん再活性化可能
 
 
過酸化脂質(ハイドロパーオキサイド)は、グルタチオンが処理(酵素グルタチオンパーオキシダーゼが触媒)
 
 
アスタキサンチンや、リコピンなどもお役立ち
 
 
 
NACというのは、N-アセチルシステイン[N-acetyl-L-cysteine] のことです。
 
 
 
グルタチオンなどについて、もっと述べると;
 
危険な過酸化脂質を還元分解するグルタチオンペルオキシダーゼ[glutathione peroxidase]反応
 
 
 
 
GSSGになるだけなら、グルタチオン(GSH)はリサイクル可能
 
 
グルタチオンの放射線防護作用とその応用/ 永田, 弘治 / 西田, 寿男 / 菅原, 努 / 田中, 富蔵