共産主義の中国、宗教の弾圧、イエズス会・バチカン、臓器売買、AI信仰

ビデオチャンネル

アルシオン・プレヤデス ∙ CETIユニバースInfo

今世界で起きていること・ネットから真相を探る

共産主義の中国、宗教の弾圧、イエズス会・バチカン、臓器売買、AI信仰

現代において中国は、新シルクロードや深層国家の指令を介したグローバル化のモデルに従って、分かりにくい物言わぬ形ながら、大量消費や共産主義、無神論に基づく帝国主義の技巧をもって、絶え間ない世界的な支配の固有の手法を押し付けてきた。というのも、その真の意図は、中国共産党による明白なリーダーシップの下で、世界のグローバル化を達成し、中国を世界最高の大国とすることであるからだ。

そのために、経済力や欧米市場へのアクセス、そして人口の増加を利用しており、世界の糸を操る国々の一つになろうとしている。もしかして中国は、安い労働力や、鉄道、道路、エネルギー施設、電気通信網、5Gといった約束と共に、無数の融資を行って、惑星の大部分を掌握しつつあるのか?同じく、ヨーロッパや世界であらゆる種類の企業に投資し、土地や鉱山、空港、さらには国々までも買収している。実際のところ、中国は、億万長者の共産主義の政治家が最も多い国であり、富二代として知られる裕福な子供達の新たな世代がいる。では、キッシンジャーやロックフェラー家やロスチャイルド家、また無数の経済・貿易の合意を介しての、アメリカと中国の緊密な結びつきについては、何が言えるだろうか?もしかして、影の政府を介して、地球を統治する新たな帝国に中国がなるようにという、欧米から中国への権力の譲渡なのか?

他方、政治犯や宗教運動法輪功のメンバーの強制的な臓器の摘出の背後に中国政府がいるとう訴えについては、何が言えるだろうか?宗教運動に対する迫害については、法王あるいはダライ・ラマの沈黙を前に、キリスト教の教会が閉鎖され、同じく仏教寺院が破壊された。もしかして、物質主義の無神論を、信仰や精神性を破壊し、宗教を抑圧するための武器として用いているのか?その一方で、私達をよりロボット化、奴隷化し、人工知能の新たな宗教を課そうとしている。(全三部作詳細は下記コンテンツ参照)

提供:アルシオン・プレヤデス

第一部

中国の悠久の精神的歴史が、共産主義、全体主義の政府にとって変わられている

動画再生
動画再生

第二部

信仰と宗教的な信念を破壊する一方で成長する中国共産主義の世界的政府と、目をそらす欧米諸国

第三部

AI,新宗教、精神的な遺伝子の不活性化、人類を破壊するための共産主義、教会の閉鎖や寺院の解体

動画再生

スポンサーAds

この動画もご視聴ください

上記の動画を鑑賞した人はこちらの動画も視聴しています

Key View へジャンプ

アルシオン・プレアデス-96:Key View比較選集ーー第一部〜第三部のKey View コンテンツはこちらからご視聴できます WHOテドロスの本性、権力の移転・中国共産党・CCP、アメリカに代わって世界を支配する事だ、欺瞞・悪意・権力闘争、追跡者にコントロールされる、分割統治、法輪功の迫害、生きた人間の臓器の採取、臓器密売、法輪功の実践者らへの拷問の続き、人類にとっての犯罪.....................

おすすめ映画

アインソフ談】          エピローグ

動画再生

参考・転載:アルシオン・プレアデス”オフィシャルサイト" , “YouTubeチャンネル”

スポンサーAds

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください