反民主主義を加速する財力支配による中国共産党の世界覇権

ビデオチャンネル

ニュースピックス

動画を再生

なぜ世界は中国に平伏していくのか?

反民主主義を加速する財力支配による中国共産党の世界覇権

神の希望最後の切り札トランプ登場により、人類の脅威寡頭勢力深層潜伏ディープステートは衰退の一途を遂げているように思われていたが、ここに来て中国共産党の台頭が顕在化してきた。その手法は、資本主義導入も民主主義の化粧をしていた隠れ共産主義であり、排他的・独善的な単独政党指導による独裁体制がその実態だ。強者に対しては「静かなる侵略」として潜在してきた、カナダ・オーストラリア・ニュージーランドにおけるトリプル・インベージョン、弱者に対しては教育訓練施設強制連行として厚顔平然と顕在させ、陵辱と恐怖による洗脳でイスラムから強制改宗させ中国共産党員化せんとするウイグル人弾圧。昨今の信憑性あるメディアコンテンツを二、三取り上げこれらのエビデンスを検証する。

【ウイグル問題】

同じ地球で起きている信じられない真実

動画を再生
動画を再生

【NHK BS1 国際報道2018】

~中国でウイグル族大量拘束! 今何が?~

中国の静かなる侵略

が深刻なレベルに達したオーストラリア 衝撃的なその手法

動画を再生

スポンサーAds

この動画もご視聴ください

上記の動画を鑑賞した人はこちらの動画も視聴しています

動画を再生

中国は民主主義の基盤システムに寄生してすべてを盗んでゆく。静かなる侵略。#サイレントインベージョン #silentinvasion|TSJ|ON THE BOARD

動画を再生

潮目が変わった!『アメリカは中共消滅までやり切る!』米国内で対中コンセンサスがあったことが判明!『中国4.0』『日本4.0』著者ルトワックとの意見交換で...|奥山真司の地政学「アメリカ通信」

おすすめ書籍

スポンサーAds

アインソフ談】 メインタイトルレビュー

ネタバレ参考

政治は共産主義、経済は資本主義の中国は世界第二の経済大国になった。結局は技術移転によりIT技術を盗むために世界中にアジアの周辺諸国に対しても中国に進出したいと言う企業を招致した。アメリカの中国政策はある1つの思想に基づいていた。近代化中国の政治は共産主義から自由主義に変わり欧米型自由民主主義のアジアの国にシフトすると誰もが信じていた。中国政府の中に共産主義と言う政治を放棄する人物が登場するだろうと誰しもが考えていた。世界の中で白人が世界を支配してきた歴史の中でアジアの間で中国のほうも被害者の立場を逆手にとって世界に同情されてきた経緯がある。世界のメディアが伝えるように弾圧と侵略という中国が犯してきた歴史が物語るような、公然とまた闇のネガティブな独裁体制に世界がシンクロした社会になりつつある。
中国政府の圧力に押し流され寡黙を装う世界の政治家の中で、警告を発するようなメジャーな政治家は世界中どこにもいない。そんな暗雲漂う憂鬱な未来に対して警告を発信する政治家がいます。世界の中国共産党の支配に対して本気で警告を発信しているのがトランプ米大統領なのです。

スポンサーAds

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください