アメリカでは右翼、左翼、保守、リベラルという区別はもうしない

アメリカでは右翼、左翼、保守、リベラルという区別はもうしない。アメリカ国民はディープステイト側かそうではないのかで判別している。

ネットメディアから真相に迫る

アメリカでは

右翼、左翼、保守、リベラルという区別はもうアメリカ国民はしていません。なぜならそれらの昔ながらの右翼、左翼、保守、リベラルというのが意味をなさないからです。

一般的に共和党が保守、右翼、富裕層優遇、民主党がリベラル、左翼、貧困層優遇と言われてきました。

しかし民主党のオバマ政権では中間層がより解体され貧困化し、貧困層はより貧困化していきました。

ラストベルトと呼ばれるインディアナ州、オハイオ州、ミシガン州、ウィスコンシン州、イリノイ州などの中間層以下の製造業、重工業で働く困窮した人たちにオバマさんは何の手立てもうたなかったわけです。

オバマ政権でも中東からの米軍の撤退はしていませんし、リビアにも攻め込みました。

ディープステイト、軍産複合体が寄付していたのはオバマやクリントンだったんですね。

それらのこともあり、貧困層や中間層を本当に救ってくれるのは共和党のトランプさんじゃないかということでトランプさん人気に繋がります。

アメリカの有権者が今見ているのは右翼、左翼、保守、リベラルなどではなくディープステイト側なのかそうじゃないのかというところなのです。

トランプさんはディープステイト、軍産複合体、CIAと戦っていると言われています。

日本ではまだまだ右翼、左翼、保守、リベラルという軸で見ている人が多数を占めています。

日本でディープステイトや軍産複合体、イルミナティ、CIAの話をすると話してるこちらが頭がおかしい人、陰謀論を言う人みたいに見られてしまうのです笑

日本はアメリカに比べて30年くらい遅れてしまっているのです。

アイキャッチSource by “https://ameblo.jp/pragmatic-conservative/entry-12420801185.html”

アインソフ談】

右翼、左翼、保守、リベラルという区別自体がディープステート体制のシステムであり、

これら◯✖️教育の産物としての二軸間善悪バトルにはまってきた人類だ。

米国内の散見するネットコンテンツと私自身の保有するコンテンツ、さらにトランプ大統領の現在までの動向からディープステートを排除し多民族文化をリカバリーして多様性ある連帯を主眼として推移するものと察する。

参考動画

民主主義を後退させるリベラル。レッテル貼りの言論封じに保守はどう対抗すべき? #新潮45 #LGBT |奥山真司の地政学「アメリカ通信」

関連動画

PFC-JAPAN 20190729 COBRA 地上の住人に対する緊急のお願い

『チャンネル桜』など正義感ある日本国民の皆様へ by BLACK FIZZ

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください