遺伝子組み換え生物(GMO)・世界の裏側

日本で流通する遺伝子組換え

遺伝子組み換え豚

ネットメディアから真相に迫る

日本で流通する遺伝子組換え

遺伝子組み換えを気にして、食品を買っている人は少なからずいるだろう。もしかしたら、これを見て考えが変わるかもしれない。

Source by 世界の裏側:Hatena Blog

日本の遺伝子組換え表示 ※2019年現在

遺伝子組み換えのものを使っていても、原材料の重量に占める割合が上位3番目以内にしか表示義務がなく、含まれる量が5%未満であれば「遺伝子組み換えでない」と表示できる。

油や醤油などの加工食品に関しては、組換えられたDNA及びこれに由来するタンパク質が加工工程で除去・分解され、ひろく認められた最新の検出技術によっても検出不可能とされている加工食品については、遺伝子組換えに関する表示義務はない。

諸外国の法律

米国・カナダ :遺伝子組換え食品に関する表示は義務付けられていない。

韓国     :DNA、タンパク質が検出される原材料全てに表示義務がある。検出できないものについては対象外。 意図せざる混入率は3%未満とされている。

欧州連合  :遺伝子組換え作物に由来するDNAやそのDNAに由来するタンパク質の最終製品中での有無にかかわらず、遺伝子組換え作物から生成されたすべての食品に義務付けられている。 意図せざる混入率は0.9%未満とされている。

遺伝子組換え表示に関する改正案

遺伝子組換え表示に関する法律の改正案が公開された。5%以下の表示を二つに分け、「遺伝子組換えでない」と表示できるのは不検出時に限定。
5%以下の場合は「GM原材料の混入を防ぐため分別管理された大豆を使用」など記述が変更される。

2023年4月から適用される予定だ。

厳格化される日本の遺伝子組み換え表示に関する法律だが、知らずのうちに遺伝子組み換え食品を食べていたことは容易に想像できる。

今後も避けて通ることはできないだろう。

Source by 遺伝子組み換え豚:世界の裏側

遺伝子組み換え豚

このカンボジアで飼育されている豚だが、遺伝子組み換えによって誕生した豚であると考えられている。本来であれば、筋肉を肥大化させないようにミオスタチンによって抑制されているのだが、それを遺伝子組み換え技術によってミオスタチンを抑制し、誕生したのではないだろうか。

筋肉の肥大化した豚

2018年韓国の研究チームが遺伝子組み換え豚によって、1頭の豚から今まで以上に食肉をとることができるようになったと発表した。


しかし、ミオスタチンを操作するとアキレス腱などの骨格筋を骨に結びつける組織が脆くなり怪我をしやすくなることも報告されている。

遺伝子組み換えで肥大化した牛

そういった遺伝子組み換えは多くの動物で行われており、この写真の牛もそれにあたる。

倫理的な問題や、安全性を危惧する声が上がっているが、農家への技術の販売は行われている。

食卓にこれらの肉が並ぶ日も近いかもしれない。

 

転載元:日本で流通する遺伝子組換え・世界の裏側:Hatena Blog

遺伝子組み換え豚・世界の裏側:Hatena Blog

アイキャッチ :Source by “https://sinzitu2.hateblo.jp”

アインソフ談】

関連動画の「◆【スーパーの食品60%が遺組み】遺伝子組み換え食品の現状と今後について」によれば遺伝子組み換えのスーパーでの国内流通量は60%にも及ぶと報じられている。

大手食品メーカー各社の動向は左動画の「遺伝子組み換え食品を売る企業とその代表的な商品まとめ」からもわかるが多品目に及んでいる。納豆ファンにはショックな下記の動画だ。「地産地消」に勝るものは無い。

また、バナナにおいても栄養促進目的で遺伝子組み換えの実験的試みがなされている。下記の動画「遺伝子組み換えの最強食品・スーパーバナナ、人体実験開始」がそれだ。含有βカロテンの増幅により体内ビタミンA摂取量を増加させようというものだ。

養殖・畜産のGMO飼料、油(菜種油・大豆油・キャノーラ油)、ブドウ糖果糖液糖(コーンシロップ)の危険性を訴えているのが下記の動画「【まさかの非表示!?】知らずに食べている3つの遺伝子組み換え食品」

参考動画のJRP-TVが語る「こっそり解禁! 遺伝子組み換えとはまた別のゲノム編集食品のリスク」からは、おそるべき話がゾクゾク。不妊・知能低下・情緒不安定・アイデンティティーの欠損・ゾンビロボット化……。

魂の入らない無魂化人間を量産したい狙いが垣間見える。つまりは地球人ジュノサイドである。世界支配野望達成に向けてスピリチャルマインドを消滅させんとしている。アイディンティティーを欠損して自由意志の無い、固定化他力迎合本願者、自分の糞(ウンコ)を拭けない強烈依存者(寄生獣化)と”AI”による奴隷

体制システムを構築していると思うのは私だけであろうか?反骨心で熱くなっているとマトリックスが放ったスミスに消される恐れを感じる。こうなってくるとある意味バカでないと務まらない。サバイバル処世術はまさに、左動画Grim Spankyの「褒めろよ!」となってくる。

参考動画

こっそり解禁! 遺伝子組み換えとはまた別のゲノム編集食品のリスク【NET TV ニュース】2019/10/04

関連動画

釈党首に提言す~遺伝子組み換え食品と癌治療について~

「◆【スーパーの食品60%が遺組み】遺伝子組み換え食品の現状と今後について」

関連動画

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください