CIAの機密解除文書によると、大規模なポールシフトは周期的に発生する

スポンサーAds

バナーAds embedパラメーター

Source by ExoPolitics.org

Massive Pole Shifts are Cyclic according to Declassified CIA Document

Ben Davidson, founder of Space Weather News, began his six part Earth Catastrophe Cycle video series by discussing a 57 page booklet called “The Adam and Eve Story” authored by “Chan Thomas”, which was classified by the CIA at some point after its 1963 publication, and declassified in part on June 24, 2013 with the release of a sanitized digital version on the CIA’s website. Thomas’ analysis of cyclic pole shifts was different in key respects to what was being proposed at the time by Charles Hapgood in his seminal book, The Earth’s Shifting Crust(1958).

According to Davidson, it was Thomas more accurate explanation for how a pole shift happens, which led to the CIA classifying Thomas’ book.  The Adam and Eve Story was first published in 1963 by Emerson House, with a third edition published in 1965, and then republished by Bengal Tiger Press in 1993. It is not clear when, why and how the CIA classified Thomas book, but the fact that the CIA chose to release a declassified sanitized version in 2013 is very significant.

In part 1 of his video series, Davidson contrasts Hapgood’s wandering pole hypothesis with the pole shift described in the CIA suppressed book by Thomas. Hapgood wrote of a pole shift of up to 40 degrees that could recur every 5000 years or so in The Earth’s Shifting Crust where earlier geographical poles would wander on the Earth’s surface with each crustal displacement.

Instead, Thomas wrote of a massive shift of almost 90 degrees  that would move both poles into the tropics in less than a day, and then back to their earlier polar positions after the next cycle:

In ¼ to ½ a day the poles move almost to the equator, and all hell lets loose. The atmosphere and oceans don’t shift with the shell – they just keep on rotating West to East – and at the equator that speed is 1000 miles per hour. It has to be, normally, to make one rotation per day. So, while the shell shifts with the poles going toward the equator, the winds and oceans go eastward, blowing across the face of the earth with supersonic speeds, inundating continents with water miles deep….

You can see, then,  that ice ages are not a matter of advancing and retreating ice; it’s simply that different areas of the Earth are in polar regions at different times, for different durations of time, with the changes between positions taking place in a fraction of a day. [The Adam and Eve Story, pp.13-14]

Thomas provided a table illustrating how the North pole, for example, would switch back and forth between northern hemisphere regions after experiencing close to a 90 degree tilt.

以下省略……              原文続きは下記をクリック

Massive Pole Shifts are Cyclic according to Declassified CIA Document

和訳開始……(翻訳精度80%!?(^^;;)

CIAの機密解除文書によると、大規模なポールシフトは周期的に発生する

 

Space Weather Newsの創設者であるベン・デイビットソン氏は、自身のビデオシリーズEarth Catastrophe Cycleの六部構成を開始するにあたり、「チャン・トーマス」の著者である「アダムとイブの物語」という57ページの小冊子について話した。この小冊子は、1963年の発行後にCIAによって機密にされ、2013年6月24日に部分的に機密解除され、CIAのウェブサイト上で修正されたデジタル版が公開された。

トーマスの周期的ポールシフトの分析は、チャールズ・ハプグッドがその重要な著書The Earth’s Shifting Crust(1958)の中で当時提案していたものとは重要な点で異なっていた。

デイビッドソンによると、ポールシフトがどのように起こるかについて、トーマスがより正確に説明し、CIAがトーマスの本を機密にした。

アダムとイブの物語は1963年にエマーソン・ハウスによって最初に出版され、1965年に第三版が出版され、1993年にベンガル・タイガー・プレスによって再出版された。

CIAがいつ、なぜ、どのようにトーマスの本を機密にしたかは明らかではないが、CIAに機密解除され修正されたものを2013年に発表したという事実は非常に重要である。

デイビッドソンは、彼のビデオシリーズの第1部で、「ハプグッドのポールシフトを伴うワンダリングポール仮説(極移動を伴う彷徨極仮説)」と、「トーマスがCIAによって発禁された本に記述されているポールシフト」とを対比している。ハプグッド氏は、40度までの極の移動が約5000年ごとに繰り返される可能性があると書いている。

その代わりに、トーマスは1日足らずで両極を熱帯地方に移動させ、次のサイクルの後にそれらの以前の極位置に戻すというほぼ90度の大規模なシフトを書いた:

1日の4分の1から2分の1の間に、極はほとんど赤道のところまで移動し、すべての壊滅的状況が解き放たれる。大気と大洋は地殻と一緒に移動しません – それらはただ西から東に回転し続けます – そして赤道でその速度は時速1000マイルです。通常、1日に1回転する必要があります。つまり、極が赤道に向かって移動している間に、風と海は東進し、超音速で地球の表面を吹き抜け、大陸を何マイルもの深さに水で浸水する……。

氷河期とは氷を前進させたり後退させたりすることではなく;単純に言えば、地球上のさまざまな地域が、異なる時間、異なる期間に極地にあり、位置の変化は1日のうちのほんの数分で起こる。[『アダムとイブの物語』13-14ページ]

トーマス氏は、例えば、北極が90度近く傾いた後、北半球の地域間を行ったり来たりする(ぐらつく)様子を示す表を提供した。

アダムとイブの物語、p.17.

デイビッドソンがCIAがトーマスの仕事を機密にした主な理由として挙げたのは、数千年にわたって両極を前後に反転させるほぼ90度の周期的ポールシフトというトーマスの結論である。北極点と南極点が90度前後に反転しても、厚い氷の層の下に埋もれてしまうため、以前の極点移動の証拠はほとんどないだろう。

古地磁気学とは、地球の磁極の歴史的な動きを決定するために用いられてきた、岩石、鉱物、または考古学的資料における地球の磁場の記録の研究である。

デイビットソンは、火山ホットスポットからの古地磁気データを研究した学術論文をいくつか引用しました。 「真のポールシフト – 新生代と中生代の古地磁気極の分析」と題された1985年の古くから知られている古地磁気研究は、「極は過去180年で22度+または10度移動しました」[100万年]。 ハプグッドがおよそ5000年の期間に提案した40度のさまよう極仮説。

その後の2001年の「過去1億3000万年間の回転軸に対する地球の安定性」というタイトルの研究では、「回転軸の時間平均位置は過去1億3000万年間で最大±5°ずれており、これはマントル質量の不均質性がTPW[トゥルーポーラー・ワンダー。]を駆動するほど急速には変化していないことを示している。」と結論づけている。

デイビットソン氏は、これらと2018年の研究を、ハプグッド氏のワンダリングポール仮説に反論する科学的証拠の主要な要素として引用している。

しかし、デイビットソンが指摘したように、古地磁気研究からの科学的データは、地質年代の上で極が前後に揺れ動くというトーマスの理論を扱っていなかったため、研究者が誤って結論を下したように、極は何百万年も移動していないように見えた。

この理論を破る研究はすべて、これらの欠陥のある研究を利用しており、特に長期間の平均ポールポジションを利用しているが、何百万年にもわたってその時の平均ポールポジションが同じポジションにあるように見えるピンポンシフトの問題を扱ったものはない。

デイビッドソンはさらに、第二次世界大戦中、CIAの前身である戦略サービス局で働いた経験のあるハプグッドが、真実の一部を公の場に引き出すために1958年の著書で「限定公開」を行ったが、そのやり方は最終的には信用されない可能性があるとまで示唆している。

つづく….

参考動画

ポールシフト

関連&参考動画

地球に異常な動き?地磁気逆転、ポールシフトの予兆と呼ばれている現象について

“The VIDEO The Internet Might Not Want You To See!” Corey Goode and Jordan Sather (2019-2020)

藤原直哉10月講演(動画アップしました)『いよいよ「日本刷新」のとき』トランプ革命で世界は抜本的に変わりつつある

スポンサーAds

関連ブログ

アインソフ談】

要約して気づくのは、「ハプグッドのポールシフトを伴うワンダリングポール仮説(極移動を伴う彷徨極仮説)」でハプグッド氏は、40度までの極の移動が約5000年ごとに繰り返される可能性があると書いている。のと「真のポールシフト – 新生代と中生代の古地磁気極の分析」と題された1985年の古くから知られている古地磁気研究は、「極は過去180年で22度+または10度移動しました」[100万年]。 ハプグッドがおよそ5000年の期間に提案した40度のさまよう極仮説。は近似しており同様の結論に至っている。

これに対して、デイビッドソンがCIAがトーマスの仕事を機密にした主な理由として挙げたのは、数千年にわたって両極を前後に反転させるほぼ90度の周期的ポールシフトというトーマスの結論である。と述べているところである。

トーマスの理論を破る研究はすべて、上記の近似した結論の欠陥のある研究を利用しており、特に長期間の平均ポールポジションを利用しているが、何百万年にもわたってその時の平均ポールポジションが同じポジションにあるように見えるピンポンシフトの問題を扱ったものはない。とある。

しかし、デイビットソンが指摘したように、古地磁気研究からの科学的データは、地質年代の上で極が前後に揺れ動くというトーマスの理論を扱っていなかったため、研究者が誤って結論を下したように、極は何百万年も移動していないように見えた。と述べているので、

トーマスの学説では、1日足らずで両極を熱帯地方に移動させ、次の周期の後に両極の以前の極位置に戻すというほぼ90度の大規模なシフトの発生は、
1日の6〜12時間の間に、極はほとんど赤道のところまで移動し、すべての壊滅的状況が完了する。大気と大洋は地殻と一緒に移動するのでなく、ただ西から東に回転し続けます。そして赤道でその速度は時速1600kmです。通常、1日に1回転する必要があります。つまり、極が赤道に向かって移動している間に、風と海は東進し、超音速で地球の表面を吹き抜け、大陸を何マイル(1.6km)もの深さに水で浸水する……。

ここで指す氷河期とは氷の縮小拡大ではなく、地球上のさまざまな地域が、異なる時間、異なる期間に極地にあり、位置の変化は1日のうちのほんの数分で起こる。北極が90度近く傾いた後、北半球の地域間を行ったり来たりする(ぐらつく)。ということです。

CIAの機密解除文書によると、大規模なポールシフトは周期的に発生するパート2へつづく

スポンサーAds

バナーAds embedパラメーター

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください