World Scripture: A Comparative Anthology of Sacred Texts〜My Book Reading Room

スポンサーリンク

Amazon

 

世界経典:神聖なるテキストの比較撰集〜私の閲覧室

書籍の説明(Amazon+機械翻訳推敲途中)

内容紹介

World Scripture is an extraordinary journey through the sacred writings of the world’s great religions. Organized by subject, the quotations, passages, and excerpts presented here provide readers with easy access to teachings on several hundred subjects, with quotes from different religious traditions. This unusual anthology provides a new, holistic approach to understanding religion–stressing what unites us rather than what divides us. Among the religious texts represented are Judaism, Christianity, Islam, Buddhism, Taoism, Hinduism, Confucianism, Jainism, Sikhism, Baha’i, Church of Jesus Christ of the Later Day Saints, and Zoroastrianism. Also featured are the oral traditions of various religions of Africa, Native America, Asia, and Oceania along with their recorded prayers and proverbs.

世界経典は、世界の偉大な宗教の神聖な執筆を通して特別な旅です。 主題別に整理されており、ここに引用、引用符、引用符を付けることで、さまざまな宗教的伝統から引用された数百の主題の教えに読者が簡単にアクセスできるようになります。 この珍しいアンソロジーは、宗教を理解するための新しい、ホリスティックなアプローチを提供します。私たちを分裂させるものではなく、私たちを結びつけるものを強調します。 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教、道教、ヒンズー教、儒教、ジャイナ教、シーク教、バハイ、末日聖徒イエス・キリスト教会、ゾロアスター教などがあります。 また、アフリカ、ネイティブアメリカ、アジア、オセアニアの様々な宗教の口頭伝承と記録された祈りと諺も紹介されています。

著者について

ANDREW WILSON holds a PH.D. in Divinity from Harvard University and is currently Academic Dean of the Unification Theological Seminary. Born in Cambridge, UK, Ninian Smart was classically trained at Oxford University in languages, history, and philosophy. He made his lasting international mark, notably at (among the many other universities at which he taught) the University of Lancaster, in the UK, and the University of California at Santa Barbara, in the US. Beginning in 1967 at Lancaster, and 1976 at UCSB, he played a pivotal role at both institutions in helping to establish thriving programs in the academic study of religion—a role that had much to do with not only his many writings on the proper method for conducting the public study of religion, as well as his well-known cross-cultural research on many of the world’s religions, but also the long list of graduate students he trained throughout the years.

アンドリュー・ウィルソンはPH.D. ハーバード大学で神学を学び、現在は統一神学校の学術学部長でもあります。 英国のケンブリッジに生まれるNinian Smartは、オックスフォード大学で言語、歴史、哲学の古典的な訓練を受けました。 彼は、ランカスター大学、英国、カリフォルニア大学サンタバーバラ校で、特に米国で(彼が教えた多くの他の大学の中で)彼の永続的な国際標章を作った。 1967年にランカスターで、1976年にUCSBで学んだ後、彼は両方の機関で宗教学の研究で繁栄したプログラムを確立するのに役立ったのですか? 世界の多くの宗教についての彼の有名な異文化研究だけでなく、彼が長年にわたって訓練してきた大学院生の長いリストでもある。

トップカスタマーレビュー

I was hesitating to give this book a five stars or a four stars, so let’s make it in truth a four and a half. As the name suggests, it’s the world scripture and a comparative anthology of sacred texts. Various scholars from many parts of the world contribute to writing about, selecting the passages, and making footnote-like explanations. It would make any soul well worth the travail with under such headings as Ultimate Reality and the Purpose of Human Existence (Part One) which is further subdivided into such topics as Ultimate Reality, The Purpose of Life for the Individual, Life Beyond Death and the Spiritual world. And another sample heading: Providence, Society, and the Kingdom of Heaven (Part Five) which is further subdivided into Good Government and the Welfare of Society, Eschatology and Messianic Hope. Lots of scriptures are quoted in parts under these headings and topics. Below are the examples.

私はこの本に5つ星または4つの星を与えることをためらっていたので、実際には4つ半にしましょう。 名前が示すように、それは神聖なテキストの世界の聖典と比較のアンソロジーです。 世界中の多くの学者が、執筆、詩の選択、脚注のような説明に貢献しています。 それは、究極の現実と人間の存在の目的(第1部)のような見出しの下で、究極の現実、個人の生命の目的、死を越える生 霊的な世界。 もう一つの見出しの標題:Providence、Society、天国(第5部)。これはさらにGood Governmentと社会の福祉、終末論とメシアンホープに細分化されています。 これらの見出しや話題の下には、多くの聖句が部分的に引用されています。 以下はその例です。

Part One: Ultimate Reality…(Topic: The Purpose of Life in the Family and Society, Subtopic: Unity and Community)
“There is neither Jew nor Greek, there is neither slave nor free, there is neither male nor female, for you are all one in Christ Jesus.”
Christianity, Galatians 3.28

“The pebbles are the strength of the wall.” African Traditional Religions. Buji Proverb (Nigeria)

パート1:究極の現実…(トピック:家族と社会における生活の目的、サブトピック:統一とコミュニティ)
「ユダヤ人もギリシャ人もいない。奴隷も自由もなく、男も女もいない。あなたはキリスト・イエスのすべてであるから」
キリスト教、ガラテヤ人3.28

“小石は壁の強さです。” アフリカの伝統的な宗教。 Buji Proverb(ナイジェリア)

Part Five: Providence…(Topic: Eschatology and Messianic Hope, Subtopic:The Messiah)
“Whenever the Law declines and the purpose of life is forgotten, I manifest myself on earth. I am born in every age to protect the good, to destroy evil, and to reestablish the Law.” Hinduism. Bhagavad Gita 4.7-8

パート5:摂理…(トピック:終末論と救世主の希望、亜種:救世主)
「法が下がり、人生の目的が忘れると、私は地球上に現れます。私は、すべての時代に生まれ、善を守り、悪を打破し、法を再建するために生まれています。 ヒンドゥー教。 Bhagavad Gita 4.7-8

“Listen attentively with one heart. A man whose spirit shines brightly, a man whose mind is completely unified, a man whose virtue excels everyone–such a man will truly appear in this world. When he preaches precious laws, all the people will totally be satisfied as if the thirsty drink sweet drops of rain from heaven. And each and everyone will attain the path of liberation from struggles.” Buddhism. Sutra of the Great Accomplishment of the Maitreya

「ひとつの心に注意深く耳を傾け、精神が明るく輝く男、心が完全に統一された男、誰にも優しさがある人、本当にこの世に現れる人、貴重な法律を説くとき、 喉の渇いた甘い飲み物が天から雨が降ったかのように完全に満足してください。そして、皆と皆は闘争から解放の道を達成するでしょう。 仏教。 マイトレーヤの大成功の経典

The actual many, mostly passage quotings are much longer of course. But each quote is really, really deep, and is really, really meaningful as what scriptures usually are. The quotes are from various religions such as African Traditional Religions, Buddhism (Theravada and Mahayana), Christian Science, Christianity, Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, Confucianism, Hinduism, Taoism, Islam, Judaism, Native American Religions, Shinto, Theosophy, Unification Church and many more.

実際には、多くの場合、引用符で囲まれたものがもちろんかなり長くなります。 しかし、それぞれの見積もりは本当に深く、本当に意味があります。 引用は、アフリカの伝統宗教、仏教(テラバダとマハヤナ)、キリスト教科学、キリスト教、末日聖徒イエス・キリスト教会、儒教、ヒンズー教、道教、イスラム教、ユダヤ教、ネイティブアメリカン・宗教、神道、 神智教会、統一教会など。

The reason I haven’t given it a full five stars is because of all those headings, topics and subtopics. Why are there so many separations and diversifications? I know that people nowadays are still squabbling around a lot and mostly, mainly on religions and beliefs. But there might be a way to coalesce all the scriptures into one whole lump without banging the head in between as is done in this gigantic work for both editing (A. Wilson) and reading (myself and others). For example, the biggest heading might alone be ‘mysticism’ and then describe it in term of degrees and kinds.

But the drift of this book is from the Judeo-Christian tradition.

私がそれに完全な5つ星を与えていない理由は、すべての見出し、トピック、サブトピックのためです。 なぜ、非常に多くの分離と多様化があるのでしょうか? 私は、今日の人々は、たいてい、主に宗教や信念を中心に、いまだに喧嘩していることを知っています。 しかし、編集(A.ウィルソン)と読む(自分自身と他人)の両方のためのこの巨大な作業のように、すべての聖典をひとつのまとまりにまとめる方法があるかもしれません。 たとえば、最大の見出しは単独で「神秘主義」であり、それを度合いや種類の面で記述することができます。

しかし、この本の潮流は、ユダヤ/キリスト教の伝統に由来しています。

書籍情報

  • ペーパーバック: 882ページ
  • 出版社: Paragon House; Revised版 (1995/5/1)
  • 言語: 英語
  • ISBN-10: 1557787239
  • ISBN-13: 978-1557787231
  • 発売日: 1995/5/1
  • 商品パッケージの寸法: 17.7 x 4.5 x 25.6 cm

 

 

マイレビュー

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教、道教、ヒンズー教、儒教、ジャイナ教、シーク教、バハイ、末日聖徒イエス・キリスト教会、ゾロアスター教などがあります。 また、アフリカ、ネイティブアメリカ、アジア、オセアニアの様々な宗教の口頭伝承と記録された祈りと諺も紹介されています。私は暇を見つけては少しづつではありますが宗教スピリティズム(スピリチャリズムでは無い!これは99%の真実に1%の欺瞞が多分に内包されていると最近気づきましたので、悪しからず。)マニアとしての翻訳を進めています。目次部分の翻訳を下記に載せましたのでご覧ください。ここまでの感想は、なんと驚かずに入られません。Amazonトップレビューアーも述べていますが、名前が示すように、それは神聖なテキストの世界の聖典と比較のアンソロジーです。 世界中の多くの学者が、執筆、詩の選択、脚注のような説明に貢献しています。アメイジング!です。このことは一体みなさん何を目的にしているのかお分かりでしょうか?何が起きているのかといったほうが良いかも知れません。私たち凡人が『光陰矢の如し、学なりがたし!』を決め込んでいる間に、グローバル・サミット・ハーモニック・ダイバージェント・Dr.スカラー諸氏が一発逆転ホームランを打っていたなんて!大変なことですよこれは!アポカリプトの予言が減衰するでしょうに。まあ、予知と違って、予言は努力目標ですからね!黙示録の悲惨さは回避したほうが良いですからね。トランプ大統領の出現も頷ける。今彼はバットマン”S”ですよね!ナーンチャッテ。まさか、巷の頑ななクリスチャンの様に『神の予定絶対主義者』であっては大変なのよ!神の予定通りに物事を進めたい彼らみたいに、まさに、占い師に明日交通事故に遭うと言われてハイソウですかといって事故死するほど愚かでは無いですからねヒューマンカインドは。カムバック’S、私は盗人のように来る!ですからね。でもね、予知は止めれないのですよ!穫り入れですよ、ハーベストなんです。人類の。エンドタイムイベントは起こります。備えあれば憂いなし、防災準備のこと!スーパーブルーブラッドムーンこそがその印なのよ!Planet7Xニガヨモギなのよ!エスケープしまくらないと。ポールワンダリングよ!アストロスケールのシンクロニシティーなのでね。『2001年宇宙の旅』はリアルだった!太陽が二つ見えるのよ!そのうちあからさまに見えるようになるよ〜ん。地震、灰の雪、シューマン共振、三日間の太陽損失、地軸歳差散漫、インパクトマター、長大津波洪水。まーこれくらいにして、下記目次翻訳をご堪能あれ。アイ キャン イングリッシュ、リトル!ですからね、何せ。推敲途中ですから悪しからず。マニアのたわ言ネタにでもしてくださいな!押忍!

原文目次と翻訳紹介

WORLD SCRIPTURE

世界経典

A Comparative Anthology of Sacred Texts神聖なテキストの比較撰集Dr. Andrew Wilson, Editorアンドリュー・ウィルソン博士、編集International Religious Foundation, 1991国際的宗教的な財団、1991

 

  INTRODUCTION導入Invocation祈りPrologue: Many Paths to One Goalプロローグ:1つのゴールへの多くの道The Truth in Many Paths多くの経路の真実Tolerance and Respect for All Believers

すべての信者に対する抵抗力と尊敬 

 

PART ONE: Ultimate Reality and the Purpose of Human Existence

パート1:神と人間の存在の目的

 

 C HAPTER 1: Ultimate RealityCHAPTER 1:神

CHAPTER 2: Divine Law, Truth, and Cosmic Principle第2章:神の法律、真実と宇宙主義

CHAPTER 3: The Purpose of Life for the Individual第3章:個人のための生命の目的

CHAPTER 4: The Purpose of Life in the Family and in Society第4章:家族の、そして、協会の生命の目的

CHAPTER 5: The Purpose of Life in the Natural World 第5章:自然界での生活の目的 

CHAPTER 6: Life Beyond Death and the Spiritual World第6章:死と霊界を越えた生命

 

 

PART TWO: Evil, Sin, and the Human Fall

パート2:悪、Sinと人間の堕落

 

 CHAPTER 7: The Human Condition第7章:人間の状態

CHAPTER 8: Fall and Deviation第8章:秋と逸脱

CHAPTER 9: The Major Sins第9章:主要な罪

 

 

PART THREE: Salvation and the Savior 

パート3:救済と救世主 

 

 CHAPTER 10: Salvation-Liberation-Enlightenment第10章:救済-解放-啓蒙

CHAPTER 11: The Founder第11章:ファウンダー

 

 

PART FOUR: The Religious Life

パート4:信仰生活

 

 CHAPTER 12: Responsibility and Predestination第12章:責任と宿命

CHAPTER 13: Self-cultivation and Spiritual Growth第13章:自己修練と精神的な成長

CHAPTER 14: Faith第14章:信頼

CHAPTER 15: Wisdom第15章:知恵

CHAPTER 16: Worship第16章:崇拝

CHAPTER 17: Offering and Sacrifice第17章:提供と犠牲

CHAPTER 18: Self-Denial and Renunciation第18章:禁欲と放棄

CHAPTER 19: Live for Others第19章:他のために生きてください

 

 

PART FIVE: Providence, Society, and the Kingdom of Heaven 

パート5:摂理、協会と天国の王国 

 

 CHAPTER 20: Good Government and the Welfare of Society第20章:良い政府と協会の福祉

CHAPTER 21: Eschatology and Messianic Hope第21章:終末論と救世主の望み

つづく!

 










投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA