言葉の力!悩める冒険者受験生が心癒される名言集1

言葉の力!アルベルト・シュバイツァーの名言

ウルトラマインドヒーリング

アルベルト・シュバイツァーのプロフィール

 
アルベルト・シュバイツァー(Albert Schweitzer/1875年1月14日-1965年9月4日/男性)は、ドイツ帝国領・オーバーエルザス・カイザースベルク出身(現在のフランス領アルザス・オー=ラン・ケゼルスベール)の医師、哲学者、神学者、オルガニスト。「生命への畏敬」への哲学などでも著名。マザー・テレサマハトマ・ガンディーと並び、20世紀のヒューマニストとしても称され、1952年に彼の活動が評価されノーベル平和賞を受賞。また、音楽の分野でも活躍し、オルガニストとして活動したほか、J.S.バッハの研究などでも知られている。30歳の時、医療と伝道に生きることを志し、アフリカ赤道直下の国ガボンランバレネにおいて、当地の住民への医療などに生涯を捧げたとされている。日本においては、内村鑑三などによって古くから紹介され、その生涯は児童向けの偉人伝において親しまれている。

哲学でも業績を残し、「生命への畏敬」の概念で世界平和にも貢献した。「密林の聖者」と呼ばれている。また、音楽にも精通し、バッハ研究でも有名である。「人生の惨めさから逃れる方法は二つある。音楽と猫だ」という言葉を残している。生まれつき非常に頑健であまり疲れない身体を持っていた。生命への畏敬とは、シュヴァイツァーの思想と実践の根底にある考え方である。人間をはじめとして生命をもつあらゆる存在を敬い、大切にすることを意味する。彼は生命あるものすべてには、生きようとする意志が見出されるとする。この生きようとする意志は、自己を完全に実現しようとする意志である。シュヴァイツァーはこの事実から出発して、すべての人が自己の生きようとする意志を大切にすると同時に、自分と生きようとしている他の生命をも尊重しなければならないと考えた。それは自己と他者、および生命あるものとの共存をめざす考え方でありアフリカでの医療活動はまさにその実践であった

出典:ウィキペディア『アルベルト・シュヴァイツァー』
   

言葉の力!アルベルト・シュバイツァーの名言集

物事に関心がなくなり、
真面目さや憧れ、情熱、熱意などを、
失いかけていることに
少しでも気付いたら、
これは、病気の前触れだと
考えなければならない。
表面的に流されている生活に
魂が苦しんでいると、
気付かなくてはならない。
 
成功は幸せの鍵ではありません。
幸せが成功の鍵です。
もし自分のしていることが大好きなら、
あなたは成功しているのです。
 
人間とは、
愚か者のように振る舞う、
賢い生き物である。
 
ある人間が、
聖人になるために、
天使になる必要はない。
 
認められるまでは、
嘲笑される。
これは真理の常である。
 
まず考え、
それから行動せよ。
 
あなたがたの運命が
どうなるかわからないが、
ひとつだけわかっていることがある。
あなたがたの中で幸せになれるのは、
どうしたら人類に奉仕できるかを模索し、
ついにそれを発見した人々だけである。
 
力のある者は、
決して騒がない。
力のある者ほど、
無言のまま働きかける。
真の道徳は、
言葉の終わった所から始まる。
 
わたしたちは、
生きようとする生命に囲まれた、
生きようとする生命である。
 
楽観主義者には
青信号しか見えていません。
同じように悲観主義者には
赤信号しか見えていません。
でも、賢者には
両方の信号が見えているのです。
 

関連書籍

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA