マインド・セルフディフェンス(心の護身術)

自身に勝るものに抱く妬みは当事者間において相手を陥れ貶めようとするものであり、これは悪人のモチベーションでネガティブな中核なものなのです。自分よりも優れた者と出会ったときにそれに近づきたいと、自身を鍛え学びスキルアップすることが普通であり当たり前です。つまり相手を貶めるのではなくて自分自身を高めることです。

盗人のように、雲に乗って来る?ディスクロージャーと聖書でインサイトする

Photo Source by 水沢実験室から スポンサーAds 盗人のように、雲に乗って来る?ディスクロージャーと聖書でインサイトするとは、 終末に、主イエスの再来を待つクリスチャンたちの間で緊張感が高まる中、実際に主 […]

『原罪』の解明へのアプローチ

罪狩り 罪食い ー 原罪の解明 イエスの箴言「罪を憎んで、人を憎まず。」罪とは、人を悪人へと誘発し堕落させるものである。善悪の倫理観へ介入する存在でもある。罪の表れとして、われわれは次のことを知っている。イエスの言葉によ […]

世界2大+α新興宗教団体を遍歴して、宗教団体関係者に対して気づいた感想

第一印象は良く見えるが、いや見せているのであって、思いやり(人間性・良心・情緒)が無いため、相手の事情・安否を察することができない人たちである。その親切は、まさに親切のための親切であり、諂いでありまた媚びているのである。 […]

善悪の研究(心の比率論による一考察):Beyond the inspiration!

気づきによる快適ライフ 善悪の心の比率論から、次のように分析できる。 悪人は、善人に対して意図的(自然)に気分を壊す、不快な言動を用い、善人を苦しめることにより、憎悪を抱かせることになる。この憎悪により、邪心は増幅する。 […]

x Logo: Shield
このサイトは
Shield によって保護されています →