エリザベス2世‐チャールズ3世、騒動、王室、悪魔崇拝‐小児性愛‐差別

Spread the love

アルシオン・プレアデス

ディスクロージャー

エリザベス2世‐チャールズ3世、騒動、王室、悪魔崇拝‐小児性愛‐差別

女王エリザベス2世の死後、チャールズ3世を新たな国王としての任命が、ウィンザーのドイツ由来の姓に関する隠蔽や、そのナチスとの関係、小児性愛および悪魔崇拝のサークル、(女王の大叔父自身であるアルバート王子は、1889年の殺人鬼の切り裂きジャックだとされている)、同じく現代において、放蕩や不倫、小児性愛、犯罪など歴史を通して、王室の無数のスキャンダルを浮き彫りにしている。
この全てが、今の国王チャールズ3世に対する民衆の支持が低い(わずか25%)であるゆえに、王室の現状を全くの不確かな状態にさせている。彼は、ダイアナ妃との夫婦関係や不倫、スキャンダル、その命を奪った交通事故に大きく関与していたという疑惑が絶えず付きまとったことにより、評判を損なった。
その兄弟のアンドルーの未成年者への性的虐待による最近のスキャンダルや、一番の親友であるBBCのエンターテイナーで、その長い経歴の一端として、500人以上への暴行または性的虐待で告発されたジミー・サヴィル、ないしはピーター・ボール司教といった、著名で有罪判決を受けた小児性愛らと現在の国王の長きに渡る関係性。
「グレート・リセット」およびグリーン・アジェンダの最大の推進者であるチャールズ3世は、今や王室の法外な歴史的権利や兵器貿易、劣化ウランに由来する収益からなる所有地や財産を持つ、世界最大の富の所有者である。カルロス3世は、少数の者達がいかにして大多数を支配してきたのかの象徴なのだ。
提供:アルシオン・プレヤデス

ニュースピックス

おすすめ関連動画

スポンサーAds

NET INTERCEPTION FREE

囲碁、悪口と苦情は真逆、アセンション

スポンサーリンク

 

おすすめ映画

アインソフ談】

Donald J. Trump

This is how past Presidents were treated on Documents. Compare to me. Big story - this nonsense should end, now. WITCH HUNT!

露国プーチン大統領はDS(ニューコート帝国/サタン)と戦っている。

おすすめ映画の『They Live』・『囚われた国家』・『DARK CITY』をご視聴ください!

スポンサーAds

アルシオン・プレヤデス ∙ CETIユニバースInfo

地球空洞説、両極の開口部、南極のピラミッド、ハイジャンプ作戦、アガルタ

アルシオン・プレヤデス ∙ CETIユニバースInfo

乞うご期待!!

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください