米国で2桁成長の植物由来食品 売れる理由は「陳列場所」にあった

スポンサーAds

一般の消費者でも気軽にビーガン食品を!

Source by Forbes Japan

肉や海産食品、牛乳などの乳製品を代替する植物由来製品の売り上げは、今年も10%を超える成長を見せている。大小かかわらずあらゆる企業は、より牛肉に近い植物由来バーガーの開発や前世代のビーガンチーズの改良、乳製品不使用アイスの新たな味の発売に取り組んできた。

グッド・フード・インスティテュート(GFI)とプラントベースドフード協会(PBFA)が市場調査会社のスピンズ(SPINS)に委託し発表した報告書によると、米国での植物由来食品の売り上げは過去1年間で11.3%成長した。それに対し、全食品売り上げの成長幅は2%だ。植物由来食品の売り上げは、2017年4月~2019年4月までの2年間で31.3%アップし、総額は約45億ドル(約4800億円)になった。

植物由来食品の売り上げが急増したことは、普通の消費者でも動物由来食品の代替商品をより多く求めるようになっていることを示す最新の例だ。そして多くの場合、小売企業はこうした商品が楽に見つかるよう支援している。

米国の消費者は、過去1年間で植物由来のミルクに約19億ドル(約2000億円)を費やし、ミルクは植物由来商品カテゴリーで最大の売り上げを誇る分野になった。植物性ミルクの近年の売り上げ増加はいくつかの要素によるものだ。その一つは、植物由来ミルクを乳製品の販売場所と異なる場所に陳列するのをやめ、乳製品販売エリアに移す食料品店が増えていることにある。

シリアルにかけたりコーヒーに入れたりするミルクを探す買い物客は現在、大豆やアーモンド、オート麦などの植物由来の代替ミルクを目にする機会がある。植物由来ミルクの陳列場所を変えることで、多くの買い物客は、ベジタリアン・ビーガンのセクションで販売されていたらわざわざ探し求めなかったような新たな商品を試すようになった。

GFIの企業エンゲージメント部副部長のキャロライン・ブッシュネルは「現在の植物由来食品と、10年前の自然・有機食品の間には一般的に多くの類似点がある」と述べている。

ブッシュネルによると10年前、小売企業は自然・有機商品を従来の商品の販売場所と同じエリアに並べることで、より多くの買い物客が商品を見つけることができ、売り上げが伸びることに気が付いた。「現在では、ほぼ全ての主要な小売業者が自然・有機商品を従来型商品と同じ通路に並べている」という。

植物由来の牛乳代替飲料の知名度が向上したことで、消費者は他カテゴリーでも従来型乳製品の代わりとなる商品を試すようになった。「アーモンドミルクやココナッツミルクに慣れた消費者は『植物由来のチーズも試してみよう』と言うようになる」とブッシュネル。「消費者の乳製品カテゴリーに対する考えを再構築し、乳製品には植物から作られた代替商品があること、カシューナッツから作ったチーズ代替商品は本当においしいことを示すことが役に立っている」

次ページ

動物由来食品の成長ベースは鈍化

参考動画

タンパク質たっぷり!毎日食べたい8つの植物由来食品

関連動画

【植物性ミルク飲み比べ】豆乳・アーモンドミルク・ライスミルク・ココナッツミルク | HANAKO

植物性タンパク質が含まれている食品

肉はガンの元?動物性食品の【11の衝撃的な事実】

★ゴーヤは植物性インスリン⁉ ゴーヤが持つダイエット効果とは2018年最新版

肉より豆腐が筋肉をつける?タンパク質のホント・嘘

野菜の鮮度が3倍長持ち? 植物由来の魔法のコーティング

スポンサーAds

関連ブログ

アインソフ談】

かつて牛乳大好きでほぼ毎日1パック1ℓ飲み干していました。また、ハンバーガー・コンビニ弁当などのジャンクフード、飲み放題のドリンクコーナー・ファミリーレストランなどのファーストフード大好き人間でした。

しかし、ある日突然四肢の冷えから痺れを覚え、ホームドクターから大学病院のありとあらゆる検査でも原因特定に至らず、「リリカ」という痛み止めを処方された時から医師に対する不信感により現代医学に見切りをつけました。

前立腺ガンホルモン療法の父親との介護生活の中で見出した、独眼流で重篤な未病状態から生還できたのは、ベジタブル&ローフードそして漢方薬善・水素水のおかげでした。

今となっては懐かしい思い出ですが、それ故にプチビーガンマニアな私にとっても、いつも煩わしく思っていたことでした。自然食品関連コーナーと一般消費者向けのコーナーが分離していたために購買時間にロスがあったからです。でも、お店によっては併設しているところも見受けられていました。

万人共通の健康を思う時に、それとなく欧米ではスーパーフード(高野豆腐・納豆・豆腐・甘酒・塩麹・糠漬他)と呼ばれている素材も国内では通常の食品コーナーに陳列していることの方が多いのではないでしょうか。なんだかんだ言って戦前の古来からの日本食は全てと言って良いほどの「スーパーミール」なんですよ皆さん。

ただ、アメリカナイズドされたものは、食品添加物に気をつけなければなりません。いくら自然食品といえども、日持ちしすぎるのは不自然ですからね。野菜なんかも、根菜類は水に沈むんですけど、人参ならばぷかぷか浮いたり溶けていくのでは無くて、枯れていくか、ヒゲ根が生えてきて干からびていくかなんですよね!

戦後の核家族化により日本古来の叡智は絶たれ諸外国に持ち出されてしまいました。禅や盆栽は欧米で流行しているんですからね。すり替えられた文化をリカバリーすることが日本再生ではないでしょうか。まずは背伸びせずにできるところから一人一人家族の健康から始めていきましょう。

スポンサーAds

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください