祝イースター!世界中の伝統行事

クリスマスツリーというのは聞いたことがあると思いますが、イースターツリーというのは聞いたことがありますか?いやそれよりも、イースターツリーというのを見たことがありますか?この時期のドイツやオーストリアの街を散策すると、これら独特なカラフルな創造物の一つを必ず見かけるでしょう。これはOstereierbaumOsterbaumとして知られています。

イースターツリーは、これは庭の木にも、または屋内に持ってきた枝のいずれでも、冬のむき出しの枝に装飾した卵をぶら下げて作ります。この虹色の卵の装飾は、リボンや糸で結びつけ、これらはプラスチック製、木製、または本物の卵の中身を抜いてペイントしたものを使うことができます。人々は何世紀もイースターツリーを作ってきましたが、この伝統の起源はわかっていません。

200年前に遡ると、イースターに手渡す卵といったら、本物の卵しかありませんでした ( 美しくデコレーションされているとしてもです)。19世紀になってやっと、菓子製造業者が別の甘いバージョンを作り出す、賢いプランを考え出しました。

最初製造された時には、非常にダークで、苦かったにもかかわらず、フランスとドイツのチョコレート菓子製造業者が卵形のチョコレートを考え出したとされています。当時チョコレートは大変高価で、卵は裕福な人たちのみが食していました。メーカーはまだ簡単にチョコレートを成形する方法を知らなかったので、手に入るイースターエッグも完全な塊でした。

世界中で、各文化はイースターの習慣を違った方法で守っています。例えば、フランスの 空飛ぶ鐘、オ ーストラリアの イースタービルビーの登場を待ちわびる子ども達、そしてフィンランドの子ども達は 魔 女 の格好をして、良いおまじないをして、ご褒美をもらいます。しかし普遍的な伝統が1つあります。それは花です。

北半球では、イースターは冬が春になる時期と一致するので、花が咲いたり、木の芽が出てくると、鮮 やかな色があらわれ始めます。自然界での新しい命の息吹を見逃すことはできず、季節な夏から秋に変 わる赤道の南でも、イースターの祝いは花を取り入れています。卵のように、ふわふわした黄色いヒヨ コ、ウサギ、花は子だくさん、新しい始まり、そして再生を意味します。

毎年、世界各地の子どもたちは、ドイツで始まったと考えられている伝統のお陰で、イースターバニーが慎重に隠した 卵形のチョコレート を熱狂的に探し回ります。

卵は、新しい命や再生に関連づけられてきましたが、キリスト教の伝統は、キリストの復活の象徴としても採用してきました。空にした殻は、聖書によると女性達によって見つけられたという空になった墓の隠喩です。これを記念して、16世紀末、プロテスタントの改革派マルティン・ルターが彼の信者のためにエッグハントを行ったと言われています。ここでは男性が女性や子ども達のために卵を隠しました。

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください