『原罪』の解明へのアプローチ

罪狩り 罪食い 原罪の解明

罪を憎んで、人を憎まず。罪とは、人を悪人へと誘発し堕落させるものである。善悪の倫理観へ介入する存在でもある。罪の表れとして、われわれは次のことを知っている。罪の表れとはすなわち7つの大罪で、傲慢、嫉妬、怠惰、色欲、暴食、憤怒、強欲のことであり、人間の悪心の状態を指す。私たちの心とは、気質、性格であり、心の形成は先天的には遺伝であり、後天的には環境と経験による。これら後天的要素もやはり遺伝子に刻み込まれていく。

結果としての心は、その原因としての遺伝子の中に存在する。したがって罪とは心の状態を指し、すなわち遺伝子であって、血液であり、血統である。血液となるのは、私たちが生まれ出た時すでに血管が走り血液が流れている。胎児はそれすなわち、卵子と精子が母胎中の子宮で受精することによって始まる。ここに精子こそ、罪の本質であることが判明した。原罪とは、原精子となる。原精子とは、この罪の精子を射精する存在である。それではこの原精子を射精する存在とは誰のことであろうか?

   ここであの失楽園のくだりである、イブをそそのかし、善悪知る木の実を食べると目が開くと誘惑した蛇のことを思い出そう。蛇とは堕落した天使長ルシフェルつまりサタンのことであった。また善悪知る木を思惟によって演繹し、さらに帰納することによって判明する。それは風が吹けば桶屋が儲かるである。私たちが善悪を知るその瞬間とはいかなる時であろうか。前は良かったが後に悪く感じるその行為こそ、愛に関係していることに気づく事ができる。愛し方によって善にもなり、悪にもなる行為とはつまり性の事となる。セックスこそまさに私たちが善悪を知る重要な経験となるのである。それは不純異性交遊と言う言葉からも想像できる。呵責によってこれに当事者が気づくのである。

 

   さて、原精子を射精する存在とは、お分かりかな。そのとおり、サタンこそその存在であるのである。ここに原罪とは、サタンの精子であることが判明した。

   よって、カインとアベルの父親は違っていることがまた推論できた。同じ父の子がいかにして殺し合うことができるであろうか。種が違うからこそ、父が違うからこそカインはアベルを殺し得たのである。カインとアベルは母を共有した異父兄弟であったのである。ここにイブは、善にも悪にも相対したことが判明した。故に女性は、悪の誘惑に屈しやすい。

 

   人類始祖の再蕩減を成すためには、理想母つまり、悪には決して相対せず、善のみに相対する女性こそが理想母なのである。善の魅惑であり、悪の誘惑である。魅惑にひかれども、誘惑を拒む女性こそが地上天国創建に要の人類の母となり得る。

 

    これらのことを推進していく途上には、罪食い、罪狩りが必要となってくる。それは、獣狩りである。叡智ある女性により識別された人こそまさに人の中の人としてこの星、地球星を天国と化して行く。故に、女性が問題なのである。純愛こそ心の愛、魂の愛、霊魂の愛、霊人体の愛である。それ即ち、スピリチャルセックスであり、セイクレッドラブなのである。

蕩減:創造者から離れ放蕩し増幅した原罪を彼の前に帰れるように、艱難辛苦に耐え悔い改めにより減少させる事

 

西方教会と東方教会の違い

原罪は西方教会(カトリック、プロテスタント)で強く説かれるが、東方教会(正教会)ではそうでもない。 

アダムが罪を犯し、それにより罪と苦しみが子孫である人類にもたらされたことは認めるが、「原罪」という形で受け継いだ、とはしない。 

引き継がれてしまったのは、人間の「神の似姿」としての側面のうち、アダムの罪によって破損された「神の像」であり、「神の肖」が失われてしまった状態である。 

これにより、人間には生まれつき不完全ながら神を求める心(神の像)はあるが、その完成(神の肖)は存在しない。 

後者は信仰とそれによる救いによってのみ回復される。とある。

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA