学習したい、したくない組織と学習&学習科学

学習したくない組織

1.社員同士で競争する文化
2.プライベートの時間で学ぶ人が報告する
3.学んでいない人は、学ばれると出し抜かれると恐怖する
4.プライベートの時間で学ぶ人を忌諱するような振る舞いをする
5.学習しない組織化

学習したい組織

1.社員同士で助け合う、学び合う文化
2.プライベートの時間で学ぶ人が報告する
3.学んでいない人は、新しいことを学べると喜ぶ
4.プライベートの時間で学ぶ人をリスペクトする
5.学習する組織化

学習と学習科学の間の非互換性

統一された学習vsカスタマイズされた学習
>学校は誰もが同じことを同時に学ぶという前提に基づいている。コースは、誰もが同時にテキストの同じページを読んで、誰もが同じ日に同じテストを受けるように構成されている。しかし、未来の学校では、それぞれの学習者がカスタマイズされた学習体験を受け取るであろう。

熟達者としての教師vs多様な知識の源泉
>学習科学が支持する構成主義に基づく学習や課題解決型学習では、生徒たちはインターネット、図書館、職業専門家との電子メール交換など、さまざまな情報源から専門知識を得ることができる。そして教師はもはや教室における専門性の唯一の源泉ではなくなるであろう。しかし、今日の学校は、教師が専門家を全員が知っており、彼らの仕事は生徒に専門知識を伝達することであるという考えに基づいている。

標準化された評価vs個別化された評価
>今日の評価では、すべての学生が同じことを同時に学ぶ必要がある。カリキュラム・スタンダードの動きとその結果として生じるハイステークステストは、ますます標準化の度合いを増しているが、それと同時に、学習科学とテクノロジが個々の学生にカスタマイズされた学習体験をもつことを可能にしようとしている。さまざまな知識の源泉と組みあわせたカスタマイズにより、生徒たちはさまざまなことを学ぶことが可能になっている。学校は説明責任の目的で学びを測定する必要があるが、カスタマイズされた学習と説明責任を調和させる方法はまだわかっていない。

頭の中の知識vs分かちもたれた知識
>現実の世界では、書籍、論文、テクノロジを頻繁に利用することで、人々は知的に行動している。ほとんどの職業では、知識労働はチームや組織で行われるため、1時間に数回、ある人が他の人とやりとりしている。しかし、今日の学校では、生徒が外部のリソースを使用することなく、自分自身でそれを行うことができるときだけ、何かを知っているといえるという信念がある。今日の学校文化と知識社会で必要とされる状況に埋め込まれた知識には、不一致がある。

Source by

本文:“学習したくない組織” 一人学際

   “学習と学習科学の間の非互換性” 一人学際

アイキャッチ:“Creative Commons Zero (CC0) license” PxHere

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください