エバーギブン・エバーグリーン・コンテナ船の秘密の内容物

Spread the love

ビデオチャンネル

ディスクロージャー

エバーギブン・エバーグリーン・コンテナ船の秘密の内容物

あなたはトランプが戦ってきたもの、そして今戦っているものを知っているか

ここでは、その真相をお話ししましょう。さて……皆さん、本当に別の視点から見てみましょう
 (グローバリストの)1枚目のカード、それは何でしたか?テクノウェポン「コロナ・コヴィド-19」! 彼らは3月にこの問題に終止符を打つ予定でした。
なぜ、コロナ事件が増えているかわかりますか?
これについては、mavigazetem.comでも記事にしていますが、さらに詳しくご紹介していきます。
そこ(スエズ)では、民族主義勢力がグローバル勢力に対する作戦を行った。
トルコ、イスラエル、エジプト、カタールが共同で(秘密の)作戦を行った
エバーグリーン危機は、(グローバリストに対する)(秘密の)作戦である。
すべての出来事は相互に関連していますが、それを説明しましょう。
エバーグリーン危機、そのコンテナ船は非常に重要な内容を運んでいました。
そのコンテナには、30年計画の製品が入っていました・・・。
… 30年分の投資の結果としての製品
ステップ・バイ・ステップで分析し、大画面でビジュアルをお見せしましょう。
これが、Covid-19事件が増加している理由です!!! グローバリストは、(コロナ)ゲームを終わらせるつもりだった。
頑張れ!!! ちょっと待ってくれ! エバーグリーンコンテナ、いわゆるスエズ運河事件、何日も立ち往生していた船のことですね。

技術的な問題で船が故障したと聞きましたが
いや、これは嘘だ。
なぜその船はそこに止まっていたのか?あのような特殊な方法で?これには何か深い秘密があるのだろうか?私たちはこの出来事をどう解釈すればいいのか?
もちろんです、もちろんです(この背後には計画があります
さて、まず第一に、これは国粋主義者によるグローバリストの顔への良い平手打ちでした。
ここでまず、世界貿易(独占企業)、別名グローバルパワーは1日に100億ドルの損失を出しました。
第二のスラップは、私たち(mavigazetem.com)以外の誰も(メディアも)このことについて話しませんでした。
私たちはこの話をさらに発展させ、今日はこのすべてがどのように起こったのか(どのように計画され、仕組まれたのか)を説明します。
私は陰謀論者ではありません、決してそうではありません。私がそうだと言う人は、よく聞いてください。私を陰謀論者と呼ぶ人は、将来、このことを後悔し、恥じることになるでしょう。
エバーグリーンのコンテナは、第二の技術兵器を携えていたのである。  
そう、これはこの劇場の第二幕だったのだ!(第一幕はCovid-19 最初はCovid-19)。
気候変動兵器、そう、このコンテナには気候変動を加速させる物質(兵器)が搭載されていたのである!!!。
それは何か?
細かいことは抜きにして、一言で言ってしまおう。
ビル・ゲイツ氏はこのパイに指を突っ込んでいる。
非常にシンプルです。ご存知のように、彼は何年も前からワクチンの研究をしています。
最近、彼は土地の購入に熱中しており、トルコで56,000デカーレ(5,600万m2)の土地を購入したばかりです。
今日、アリゾナ州で100万平方メートル以上の土地を購入したという発表がありました。
彼は膨大な量の土地を買っているが、その理由は次のようなものだった…。
さて、計画は第2の第2テクノウェポンに移ることになった。
1つ目のCovidは終焉を迎えようとしていたが、私は以前からこのことを伝えていた。

4月の気候変動会議に備えて(今春)終了する予定でした。4月末に気候変動会議があります。    
この気候会議のメインテーマは、私はこの話をしていてとても悲しいのですが、Ox’s Gasについてです。わが国の農業副大臣も、温室効果ガスを削減するためには、ビーフファームからシープファームに移行すべきだとスピーチしています。
これらの人々は、(エバーグリーン・コンテナに)起こったことをとても悲しく思っているに違いない。神の力があり、アッラー(神)にも計画がある。
あなた方(グローバリスト)の計画通りにはならないこともあるのです。
そのコンテナの中身には、5Gの放射線ビームで作動し、特殊な情報技術を使って地球の土壌を変化させる第2のテクノウェポンを作動させる化学物質が含まれていたのです。
つまり、これらの機材や技術はすべてこの船に積まれていたということですか?
そうだ、そうだ、これらのコンテンツはすべて押収され、破壊され、この(大惨事)は防がれた。
これは過去30年にわたって計画され、作られたものだ。
ナショナリストが団結し、グローバルな資本主義大国に巨大な平手打ち(打撃)を与え、彼らの世界計画を阻止したのです。
私はここで言いたいことがあります。人々は話をしているのではないか?
何も起こっていない、あなたは3月以降にこれらのことが起こると言いました。
言っておくけどね。大事件、歴史的事件が起きているんです。
しかし、どこを見ればいいのか、そしてその出来事をどう解釈すればいいのかを知らなければなりません。
これらの出来事は、主要メディアでは見ることができません。
これらの出来事はすべて現実であり、真実です
国粋主義国家のシークレットサービスが協力して、仕組まれたことを解き明かしたのです。
なぜあの船があんなに長く停まっていたと思いますか?
これは本当に偶然だと思いますか(中国とスエズ運河で起きたこと)?
これらの出来事の直後、中国の外務大臣がトルコに現れ、ドル(およびFIAT通貨)が上昇しました。
確かに、我々(政府)の決定がこの件に影響を与えたこともありますが、主な推進者は、あちこちにいる彼ら(グローバリスト)です。
3月24~26日には中国が来日し、中国の外務大臣がトルコに滞在しました。
そして3月27日には、エバーグリーン・コンテナが中国で同時に道路を封鎖しました。
これらはメッセージであり、(グローバル・キャピタルへの)強いメッセージである。
トルコでの会議が終わり、次の日にこのようなことが起こりました。
これらはメッセージであり、国際語で伝えられたメッセージです。

さて、皆さんにお願いですが、これを解釈(理解)してみてください。
人々は日頃から、陰謀論を避け、起こっている現実の出来事を把握することに集中すべきです
ここで私たちが目にしたのは、何年も前から宣伝されてきた気候変動プロジェクトである「グローバル・キャピタル第2カード・プロジェクト」が、どのようにしてひどく動揺したかということでした…。
 この風刺画をもう一度大画面で見てみましょう(何が起こっているのか理解するために)。
これを見ると 世界や人類は、予備戦で「Covid-19」と戦っています。しかし、そのすぐ後ろには、巨大な気候変動の対戦相手が(次のラウンドの戦いに参加するために)待ち構えているのが見えます。
つまり、私たちはこう言われているのです。つまり、「あなたが扱っているものは、待っているものに比べれば小さなものだ」と言われているのだ! この意味を理解すべきだ。
もちろん、このことは大々的に発表された(第2ステージは「気候変動」)。コビット19号が到着すると、この図面が提示された。
すでにこのプロジェクトは(何年も前から)作られていたのだ。
この後、古典的なヴィーガン “プロジェクト”、フェイク(偽)ミート “プロジェクト “を伴って、これは非常に危険なことです。
もしあなたがこの(偽装肉)とその生化学的内容について少しでも知っているなら、私はたまたまこのことについてかなり知っています。
1種類のタンパク質だけを摂取すると、アミノ酸のプロファイルが不足する。誰も(メディアも)このことを話して(説明して)いません。
 (Fake Meat Project) ここでは、恐ろしいことが起こる可能性があり、専門家がこのことについて話しています。
 専門家)が実際に非常に良い方法で説明しています。人々はよく調べ、よく聞くべきです。これが「プロジェクト」だ ビル・ゲイツ氏流に言えば、彼は自分のものにしようとしていたのです。食糧と農業です。
なぜなら、食料源を所有するものは世界を所有するからです。
このエバーグリーンな問題について、mavigazetem.com.trのあなたの記事の一部を転載してもいいですか?
もちろんです(Kaan Sariaydin)。
記事の中では、本当に不穏な事実が述べられています。
早速、目を通してみたいと思います。
この船のコンテナには、酸素と混ざって気候変動を加速させる5G送信機の放射線ビームを使用する特殊な化学物質が入っていました。このような事態は完全に防ぐことができ、材料は押収され、破壊されました

コビット19詐欺に続いて、グローバル資本勢力の計画は、映画の第2シーンを実行に移し、気候カードを使うことだった。しかし、その計画はエバーグリーン事件によって中断されてしまった。このニュースを聞いたヨーロッパの国々では、突然、コヴィド19の患者数が増加し、新たな監禁措置がとられたのです。
 
まさにその通りです(Kaan Sariaydin)  
 
最後の部分も非常に重要です(Ferda Yildirim)
 
バイデン氏は、トルコを敵とみなしていましたが、突然、再び友人になったと言いました。中国はトルコをすべての会議に参加させないことを決めようとしていましたが、エバーグリーン事件の後、トルコを重要な国だと宣言しました。さらに、気候変動会議に招待されていなかった国が、バイデン氏自ら招待してくれたのです。残念ながら、ビル・ゲイツの牛ガスと人工肉のプロジェクトは終わりました。悲しいですね、何十億ものお金が消えてしまったのですから
 
EXACTLY THAT(何が起こったか)。そう、これはReal Matterなのだ。(Kaan Sariaydin)
何が起こったか知っていますか?この事件の後、彼らは私たち(トルコ)を気候変動会議に招待しました、彼ら(グローバル資本家)はメッセージを受け取ったのです
国際的なコミュニケーション方法がありますが、私たちはそのコミュニケーション方法を上手に使っていることが証明されました。特に最近では、昔のトルコはもうなくなってしまったのです。
人々はようやくこのことを理解しなければなりません
前半のプログラムに引き続き、ソーシャルメディア上で起こったことを見てみました。
まず、あるツイートから始めます。エバーグリーン事件の内幕と、なぜそこに留まっていたのかを教えていただきました。
誰もが(あらゆるメディアが)別の話をしていましたが、私たちはあなた自身から最も明確な出来事の説明を聞いただけです。

リスナーの一人が次のようなツイートをしていました。誰も船が何を積んでいるのか知らなかったし、言わなかったが、今になってわかった(なぜ全てのメディアが真実を隠していたのか
コンテナの中身を明かしているのですね。
YES
この作戦が実行された理由を明らかにしている。
また、トルコもこの作戦に参加し、手を貸したと主張していますね。
あなたが言っているのは、トルコがこの作戦に参加していて、世界の資本の顔に(大きな)平手打ちを食らわせたということですが、この件についてもう一度説明してもらえませんか?
この作戦は、いくつかの国と協力して行われました。エジプト、カタール、イスラエル、そしてトルコが協力している。
これらの商品は常に監視されている
これらの(化学)製品は30年の投資と開発を要し、(簡単に短時間で生産できるものではなく)高度な技術を要するものである。
その製品は、気候カードのために使われたのです。
その材料を、その船は、関連する5G送信機に運ぶためのものでした。その送信機で使用すると、巨大なインフェステーション(群がった害虫)が発生します。
ビル・ゲイツ氏がなぜこれを必要としたのか、何のために使う必要があったのかわかりますか?
牛肉の養殖を終わらせ、動物の養殖全般を完全に破壊するために
おいおい。なぜ突然、EU委員会の委員長とEU理事会の議長がトルコに来なければならなかったのか、考えたことはないのだろうか?そして、最近、大統領と2時間45分もの長時間の会議を行ったのか?実は昨日です、昨日!(笑
なぜ(このようなことが起きた)と思いますか?これは国家機密であり、公然と議論することはできませんが、突然、バイデンがトルコを気候会議に招待したのです。
今、彼ら(グローバル資本の手先)は、全く違う絵を描き始めています。
なぜかというと、EUの前回の会議にはバイデンも参加していて、ご存知のようにプランデミー(計画の透明性)のためにテレビ会議をしていて、すべてのEU諸国が参加しているからです。
これらの(EU諸国の)リーダーたちは皆、バイデンに忠誠を誓った、つまり、彼らはグローバル資本主義システムに忠誠を誓ったのです。
なぜ私がこの話をしているかというと、誰が誰と戦争しているかを理解してもらうためです。 
そう、この写真には、これらの国々が参加し、Biden(=グローバル資本主義者)に忠誠を誓っている姿が写っているのです。 
 
カーン・サライディーン
Mavi Gazetemのゼネラルマネージャー

オリジナルはこちら…..

スポンサーAds

おすすめ関連動画

🐯米トラQプランなの?『5.6.7が4000人超えオリンピック中止ない?』明らかな二極化⁉︎どう考えても東京オリンピックがやれなそうな流れだがエバーギブンをひっく

おすすめ映画

アインソフ談】

米国トランプ大統領はディープステート(ニューコート帝国)と戦っている。

おすすめ映画の『They Live』・『DARK CITY』をご視聴ください!

スポンサーAds

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください