【大統領選継続中】速報!激選州で次々と公聴会開始!戦いの場は州議会へ!

Spread the love

ビデオチャンネル

ワールドトレンド

【大統領選継続中】速報!激選州で次々と公聴会開始

戦いの場は州議会へ!

スポンサーAds

おすすめ関連動画

選挙の不正は奥が深すぎる. トランプ氏がサイバーセキュリティの責任者を解雇

CISA」があからさまにフェイクニュースを支持している。 トランプ大統領は先日、クレブスCISA長官の職務を解任した。投票データの異常性の裏には、諜報部門と司法部門の不作為があり、総選挙での不正の深さを浮き彫りにした。

米大統領選挙!クラーケン発動『国防総省のサイバー戦争プログラム』特殊部隊がすでに動いていた!

シドニー・パウェル弁護士が放った『クラーケン』の言葉の意味!独立法務官(軍事弁護士)の役割について調べてみました。米国大統領選挙 トランプ vs バイデン!新たな情報について皆で考えよう!
不正の真相について賛否両論はありますが少しずつ真相に迫っていきましょう

おすすめ映画

アインソフ談】

本ブログで上掲した「ニュースピックス」トップ記事「・負けたバイデンたちが、命乞いを始めた。」によれば、アメリカで、この11月4日(大統領選挙の翌日の午前4時、現地)から起きていた“トランプ政権転覆(てんぷく)クーデター”は、ついにトランプの勝利、バイデンの大敗北、さらには、バイデンの、逮捕、国家反逆罪での起訴、にまで至りそうになってきた。下記にその続きを抜粋する。

負けたバイデンたちが、命乞いを始めた。

アメリカで、この11月4日(大統領選挙の翌日の午前4時、現地)から起きていた“トランプ政権転覆クーデター”は、ついにトランプの勝利、バイデンの大敗北、さらには、バイデンの、逮捕、国家反逆罪での起訴、にまで至りそうになってきた。11月25日(現地)の、ペンシルベニア州の州都フィラデルフィアで開かれた、州議会の公聴会で、不正選挙の実情が暴かれた。それをネットで見ていた、アメリカ国民の優れた人々と知識層の間に、真実が伝わり、この時、一瞬のうちに、アメリカ国民の全体の、気風が変わった。

さーっとそれが、まるで強力なウイルスの感染症のように広がって行く。この、一変する集団感情、雰囲気を、見極めたこのとき、アメリカ国民が一斉に、独立革命に参加したのだ。だから、このあと、事態は、一気にどんどんトランプ勝利で、変わってきている。遂には、反トランプの牙城(がじょう)である CNNの 中から、「トランプ再選が決まりそうだ」と書く記者が出てきた。それは画面にも映って放映もされたらしい。

さらには、バイデン親子が、恩赦(パードン pardon )を求めて長年の同僚議員であり、共和党上院議員のミッチー・マコーネル(院内総務、マジョリティ・リーダー)に懇願してきた。「もう逃げられない。私たちの悪事は露見した。助けて欲しい」と。今、ヒラリー=バイデン派の悪人どもの、下っ端の連中が、雪崩(なだれ)を打って、「自分は刑務所に行きたくないよー」で、どんどん自ら出頭して、自白を始めている。彼らは、司法取引(プリー・バーゲニング)をして自分だけは軽い罪で済むようにする。だから、もう何でも、ゲロゲロ白状する。

MSなどのビッグ・テックの大物経営者ビル・ゲイツたちも、自分のクビの辺りが冷たくなってきて、泣き出している。アメリカで起きた、今度の、巨大な規模での選挙犯罪を契機に、大(だい)悪事は、すべて暴かれなくてはいけない。関係者は、すべて逮捕されて裁判にかけられなければいけない。そして、ドミニオンと同じような、不正選挙用の違法の 票の移し替えとかをする コンピュータ・ソフトは、日本でも存在すると聞いている。

そして、その周(まわ)りにいる、テレビ、新聞社、そして、週刊誌を出している大手の出版社たちまで、皆、汚(よご)れている。はやく、今度の反トランプ・クーデターの失敗から大量に出てくる、多くの、日本関係の不正、犯罪の証拠の山が国民は皆待ち遠しい。今度のアメリカの 反トランプ・クーデター、選挙犯罪クーデターの大失敗を契機にして、日本関係の 選挙犯罪の証拠が、アメリカから、もたらされることを、強く期待する。

「政治には、元とも、悪(あく)が付きものだ。大衆など、いいように操(あやつ)ればいいのだ」と、平気で思って、言っているいるような、腐れ切った本性をした人間たちを、今こそ、日本でも大量に処分しなければいけない。

トランプ大統領が、26日に言った、「フェイクニューズどもに取って代わる、新しいデジタル・メディアを作るべきだ。サブスクリプション(有料制の)・ストリーミング・サービスがいいだろう」と。 すでに、Parler パーラー が、Twitter トゥイッターに取って代わりつつある。腐れ果てたメインストリーム・メディアら幹部どもは、逮捕せよ。この4週間、いや、5年間の、発狂した、本当に狂った、ウソだらけの報道を、私たちは断じて、許さないのだ!

 Newsmax ニューズマックス や、OAN(ワン・アメリカン・ニューズ)や、Marshall Report マーシャル・レポートや、Gateway Pundit ゲイトウエイ・パンディット などが、この対抗勢力として、出てきている。 日本でも新しい、私たちの勢力を代表するデ示タル・メディアのネットワーク局が、出来ないものか。私たちは本気でこの道を追求しないといけない。

これらをずっと読むと、目下、アメリカで進行中の、巨大な政治変動の、大きな真実が分かってくるでしょう。何が、真実で、そして、トランプ勢力が勝ち、バイデン=ヒラリー勢力が、決定的に負け始めていることが分かる。このままゆくと、オバマも、ヒラリーも、バイデンも、逮捕、投獄だ。その他の、ワルたちも刑務所だ。

 ジョージ・ソロスは、すでに捕まって、ペンシルバニア州のフィラデルフィアの連邦拘置所(フェデラル・カストディ)に拘留されているようだ。 無惨な、あれほど世界で威張ってきた BBC とそれから、FT(ファイナンシャル・タイムズ紙)と、それを真似ただけの、日本の読売新聞の、同じ内容の記事は、一番、最後に貼り付ける。そうしたら、一体、何が、フェイクなのかが、皆に分かる。

トランプ大統領の再選を日本で私たちがまず先に、お祝い出来ることを、私は、心から嬉しく思います。

 Viva Trump ! Viva  Republic America  ! 「ヴィヴァ、トランプ! ヴィーブラ・リパブリック・アメリカ !」
「トランプ大統領、万歳。 共和国(王のいない国)アメリカ、万歳」

オリジナルはこちら……..

スポンサーAds

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください