アメリカ大統領選 最後のテレビ討論会

ビデオチャンネル

ワールドトレンド

今世界で起きていること・ネットから真相を探る

アメリカ大統領選 最後のテレビ討論会

11月3日の大統領選に向けた最後のテレビ討論会が22日に行われました。トランプ大統領はメールゲートを巡り、何度もバイデン氏を攻めました。

10月22日の最後のテレビ討論会で、トランプ大統領と民主党のバイデン候補は、バイデンファミリーの中共およびウクライナとの間で行った金銭取引を巡って激しい論戦を繰り広げました。

主流メディアが沈黙を守る中、トランプ大統領は討論会の場を借りてバイデン一家のスキャンダルを全国民の前に晒したと評価する声も聞かれています。

トランプ大統領
「彼らはさらに声明で『我々はBIG MAN(大物)に10%の株式をあげないといけない』と言っている。あなたがこの大物であると私は考えている」

ニューヨーク共和党選挙財務委員会 独立政治ウォッチャー樓新躍氏
「トランプ大統領は、メールで言及した大物はバイデンであると、米国全国の人々に直接晒した。だからこれは大きな勝利だ。なぜなら米国主流メディアのバイデンとその一家のスキャンダルに関するニュースの封鎖を突き破ったからだ。トランプ大統領はこの機会を掴んで、バイデンは腐敗した政治家であるだけでなく、重大な犯罪容疑のある政治家であることを、直接米国の人々に伝えた」

トランプ大統領の指摘に対して、バイデン氏はこのように答えています。

バイデン大統領候補
「私は生涯を通して外国ソースから1セントももらったことがない」

そしてスキャンダルの責任をロシアに押し付けました。

ニューヨークの華人コミュニティリーダー 于金山氏
「バイデン氏は息子の海外事業についてはっきり言っていない。彼は否定しなかったので、ハンターの対外関係を黙認したことになる。バイデンの選挙全体の信用において傷になるのは間違いない」

選挙活動を開始してから、トランプ大統領は精力的に各地を駆け回り、選挙集会は連日大いに盛り上がっています。民主党の牙城と言われるニューヨーク州やカリフォルニア州ですら、多くの有権者がトランプ支持を表明しています。

一方、主流メディアによって支持率でリードしていると盛んに報じられているバイデン候補の集会現場は閑古鳥が泣いています。各種の社会現象から見て、4年前の大統領選と全く同じことが起こっていると見られています。

テレビ討論会

「大統領はバイデンスキャンダルを全国民に晒した」【米大統領選2020】

暴政を終わらせてほしい

トランプ氏に期待を寄せる中国の人々

トランプ再選後に

『秘密』暴露?サウジアラビアとブッシュ家の親密な関係、イラク戦争の真相。(及川幸久)【言論チャンネル】

スポンサーAds

この動画もご視聴ください

上記の動画を鑑賞した人はこちらの動画も視聴しています

【ぼくらの国会・第46回】ニュースの尻尾「トランプvsバイデン 最後の討論から見た選挙の行方と日本のとるべき道」

動画再生

準備中

動画再生

準備中

おすすめ映画

アインソフ談】

【米大統領選】討論会後、トランプ氏必勝!、バイデン陣営は火消しに…

来月3日の米大統領選に向けた最後の候補者討論会翌日23日、トランプ大統領は大票田で激戦州の南部フロリダ州で演説し、投票日には「かつてなく大きな(共和党のシンボルカラーの)赤い波が起きる」と支持者に必勝を呼びかけた。

 討論会で抑制的な姿勢を貫いたトランプ氏だが、この日の遊説先では、不人気とされる郊外の女性層に向けて「お願いだ。お願いだから私を好きになってくれ」と支持を求めるなど普段の調子を取り戻し、治安対策などをアピールした。

 一方、民主党候補のバイデン前副大統領の陣営は同日、討論会でバイデン氏が石油などの化石燃料から太陽光発電など再生可能エネルギーへの「移行」に言及したことへの火消しに追われた。東部ペンシルベニアなど勝敗の行方を左右する激戦州でシェールガス採掘などに従事する労働者が離反する恐れがあるためだ。同党の副大統領候補のハリス上院議員は「シェールガスの採掘を禁止すると言ったわけではない」とかばった。

 トランプ陣営は「ペンシルベニアだけで60万人の雇用が失われる」と訴える広告を展開し、選挙戦は激しさを増している。

スポンサーAds

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください