ウーバー革命!移動手段の進化のシフト 国家戦略特区からグローバル化へ

スポンサーAds

ネットメディアから動向を読む

Source by Wikipedia
Uber(ウーバー)は、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。

概要

Uberは2009年3月にトラビス・カラニックとギャレット・キャンプにより設立。2015年の予約売上は108億4000万ドル(約1兆3000億円)と推定されていた。
特徴としては、一般的なタクシーの配車に加え、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みを構築している点で、顧客が運転手を評価すると同時に、運転手も顧客を評価する「相互評価」を実施している。

世界では、タクシーにおいて「領収書を発行しない」「タクシーメーターを倒さず、法外な料金を請求しボッタクる」「わざと遠回りして料金を請求する」といった問題が多く起こっていることから、これらの問題を回避し、さらに車両オーナーにとって「簡単な小遣い稼ぎ」ができる点が受けている。しかし、既存のタクシー業界からの反発も根強く、訴訟や運輸当局から営業禁止命令を受けたり、タクシーと同等の規制を課す国、地域もあるほか、企業としては運転手を直接雇用しないビジネスモデルだけに運転手の一部から雇用関係の認定や、損害賠償を求める訴訟を起こされるリスクを抱える。

2016年7月、中華人民共和国の事業を滴滴出行に売却し、市場から撤退した。

2017年6月、トラビス・カラニック最高経営責任者の無期限の休職を発表した。カラニックは5月にボート事故で母を亡くし、父も重症を負っていた。

2017年6月、休職していたトラビス・カラニックCEOが5つの主要投資家らから辞任を求める共同書簡を受け取り、その後辞任を表明した。カラニックは取締役としてのみ留まる。UberはCEO、COO、CFO、CMOの主要ポストが全て空席状態になった。

2017年8月、取締役会が次期CEOに旅行サイト大手エクスペディア・グループのCEO、ダラ・コスロシャヒを指名したとrecode、ニューヨーク・タイムズなどが報じ、その後正式に就任が発表された。

2017年8月末、最初の全社会議でダラ・コスロシャヒCEOは「18ヶ月から36ヶ月以内にIPOを行うべき」だと述べた。

2017年12月28日、ソフトバンクグループ、ドラゴニアインベストメント、TPGキャピタル、テンセント、セコイア・キャピタルからなる投資家連合が総額約90億ドル(既存株主からの公開買付77億ドルおよび直接出資12億5000万ドル)を出資し17.5%の議決権を取得する。

2018年3月26日、東南アジア事業をGrabに売却し、市場から撤退した。
2019年4月、ニューヨーク証券取引所への株式公開を申請[2]。5月10日、同証券取引所における取引が開始された。

日本国内でのUber

日本では、2013年9月に日本法人「Uber Japan株式会社」が第2種旅行業者として登録され、同年11月より台数限定でのトライアルサービスを行い、2014年8月より東京都内全域で本格的にタクシーの配車サービスを開始。2015年2月には、福岡市において諸外国同様に一般人が自家用車で運送サービスを行う「みんなのUber」のテストを開始するが、国土交通省から「自家用車による運送サービスは白タク行為に当たる」として、サービスを中止するよう指導が入り、同年3月にサービスを中止した。

2015年10月4日、リサイクル可能な衣類を回収して東北に届けるというチャリティーイベント「UberRECYCLE」を開催した。イベント期間中、対象エリア内でウーバーのアプリを開くと、配車に加え「RECYCLE」メニューが出現し、前日に講習を受けてドライバーアプリをインストールしたボランティアドライバー(一般人)が自家用車で向かい、衣類を回収するというもので、ウーバードライバーの体験ができた。

2015年10月20日、国家戦略特区諮問会議で、内閣総理大臣安倍晋三は「過疎地などで観光客の交通手段として、自家用自動車の活用を拡大する」と述べ、一般の人が自家用車で有償送迎する「ライドシェア(相乗り)」を可能にする規制緩和を検討するよう指示したが、対象は地方を中心とする国家戦略特別区域であるため、日本で一般ドライバーによる、本来のUberサービス開始時期は未定である。

2016年5月25日、トヨタ自動車とライドシェア領域における協業を検討する旨の覚書を締結した。
2016年5月26日、京都府京丹後市のNPO法人がUberの仕組みを採用して、一般人による有償旅客輸送を開始した。これに対し、タクシー業界側は対抗手段として京都市内の事業者が営業所を開設している。

参考動画

#レイタクシー #Uber
タクシーとUberの違い

関連動画

タクシー配車アプリUberは神だった。絶対また使うわ。

タクシーの運転手の危機?日本でUberの開始によって感じたことについて語ってみた

「空飛ぶタクシー」実用化?ウーバーが2020年までに(17/11/09)

スポンサーAds

関連ブログ

アインソフ談】

2019年最近の国内Uber動向

↑プロモーションコード入力で初回乗車(最大2000円)が無料になります(優待金額は利用都市により異なる)。初回のみの無料乗車だけ使ってみるのもOKです。
PCからでもユーザー登録可能です。PCの場合はこちら
 
プロモーションコードは ubernonbiri です。
 
特区は、山間地等特定地域に限って民間投資を喚起するためいろいろな規制緩和を進める制度で、現在、仙北市と他全国9カ所が指定されています。2014年のスタート時は東京圏など6区域で、都市経済の活性化をメインにしていました。その後地方創生にも活用しようと、意欲のある自治体が率先して対象が拡大されました。仙北市もこの際に指定を受けました。
 
 市自らも関連事業として、全国初となる公道上の自動運転走行、小型ドローンによる書籍配送など、先端技術を生かした事業の実証実験を積極的に進め、特区の可能性をアピールしている。これら実験成果に呼応して新たなビジネスに挑戦する民間の動きが促進してほしい。
 
内閣府と、県内で唯一、国家戦略特区に指定されている仙北市は、市田沢湖庁舎内に共同事務局を開設しました。
これまで仙北市担当の内閣府職員は2人で、他省庁との調整や法制面での支援が主な業務でした。共同事務局設置により、出向の担当者は8人に増員されテレビ会議による協議、情報交換を深め市との連携をプロモートしてほしい。
 
尚、Uberは日本では通常のタクシーより料金が高めですが、深夜に割増料金がかからないのがUberの魅力とのこと。クラウンやレクサス、アルファード等のハイヤーが迎えにきて酔っ払いでも安心で気が付いたら目的地に到着しているとのこと。海外ではやはりぼったくられない安心感とチップ不要、その場で現金のやりとりする必要がなくクレジットカード払いで自動決済なのでポイントやマイルが貯まるのが大きなメリットのようです。香港やバンコク、ジャカルタでのUberX(日本で言う白タク)は通常のタクシーより安くドライバーも親切で、また、シンガポールでのライドシェア(相乗り)も安く、同乗した人との会話も楽しめそうな予感。日本で白タクと言うと悪いイメージしかないですが、乗せる側も乗る側も事前にUberに登録しており、更にお互い評価というシステムがあるので安心して利用できそうです。日本でも国家戦略特区がトリガーとなり全国でニーズが増え、白タクがOKになればドライバーも利用者も増えるでしょう。
 

参考)

社説:仙北市・戦略特区 目に見える成果を示せ:秋田魁新報

【2019年最新版】大阪・京都・名古屋・仙台・青森・郡山・広島でサービス開始!!タクシー配車アプリの世界版「Uber」の使い方す。マイル!のんびり楽しくANAのSFC修行

 

つづく

スポンサーAds

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください