「勇気」は心の筋肉で!一歩踏み出すための集中講義

勇気とは何か

と誰しもが漠然と考えていますが、勇気を高めるための第一歩は、「勇気」を認める勇気で、「自分にも勇気はある」と認識することが重要です。自己暗示効果。ヒーローイメージトレーニング。ポジティブシンキング。

勇気とは習慣であり、実践であり、習得できる技能です。

勇気には「恐怖のコントロール」と「行動意志を高める」という二つのプロセスがあります。この2つは独立した関係にあり、それぞれを高めることができます。

「恐怖のコントロール」はどうするのか?

失敗する恐怖ですが、意図的にミスるのはどうでしょうか。日本人的に言えば「恥をかく、メンツを失う」という恐怖もあります。仲間から孤立するかもしれません。好奇心による冒険へのトライアルと豊富な体験は忍耐力を育成させ、より心の筋肉を養い、ネガティブなストレスに耐えうる聡明なマインドの覚醒により恐怖を克服し勇気を高めます。

「行動意志を高める」にはどうするのか?

「他者との団結」「外部組織との連携」「他者志向」「集団の心理効果」「獲得型思考」といったことが挙げられます。

3.11直後の震災から数ヶ月間、福島を中心とした被災地の人々と救援支援者は勇気が何かということを、私たち日本人を世界に身をもって示してくれました。

『誰にでも勇気はある』

―これはおそらく、勇気についての最も重要なコンセプトです。

勇気は神秘的なものでもなんでもない。心や精神の特質である。そして学習できる。特に、自分の弱さと向かい合う勇気は学習できる。行動力を高め、恐怖を減らす。チャンスを生む。そして、誰にでも勇気はある。

日本は面子の文化に分類される。

世界の文化には、「尊厳、名誉、面子」のどれを重視するかという点で違いがあり、日本は面子の文化に分類される。「怒り」と感じるか「恐れ」と感じるかでリスクのとらえ方は変り、「怒り」の方が勇気を生み出しやすい。フレキシブルなロケーション体験が面子をマインドクリーニング。

「ロジック」と「ミスティック」

「ロジック」は「ミスティック」で支配されやすく、神仏、運命や迷信といった信仰的、スピリティズムなものを信じることで人は自信と行動意志を高められる。

集団としての団結

組織の中で与えられている役割や集団としての団結が勇気を生むこともある。行動しない勇気もある。

獲得型思考

失敗の可能性やリスクによるミスと上手に向き合う。進歩に注目して失敗を受け入れる「失敗は成功の素!」。獲得型思考に切り替え、目標達成によって得られる『達成感による心的充実』の価値に注目する。目標を諦めるときには、新たな目標を目指す。不確実性を減らすべく、知識を得てその情報化に努める。自分を見つめ(内観)、モニタリングし、自己を知り、分をわきまえるべく、客観視する。背伸びせず、向上心に裏打ちされた成長の結果としての等身大で生きる。

『希望』は勇気を生み、創造力を高め、リスクを回避し、隣人を助け、艱難辛苦を乗り越えるためのエネルギーを与えてくれます。

勇気を高め、志望実現の航海へ出発進行!

 

投稿者: アインソフ

冒険心旺盛な私です。なんでもやってみたがリヤ!このサイトも独学で立ち上げています。というか、実は資金難が本音。自分ではベストを尽くしていますが、果たして評価はいかに?

CAPTCHA